ロングライド - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ゆるキャン△
2018年1月~3月の1クールに渡り放送されていた、秋~冬シーズンに山梨の女子高生がアウトドア(キャンプ)をするという
そんなアニメ
1話に出て来る、本栖湖は水面標高が900mあり、そこで秋頃にキャンプをするとなると相当寒い
(しかも1話に出て来る 志摩リンと、各務原なでしこは本栖道を小径車でヒルクライムして来ている)
「ゆるキャン=ゆるいキャンプ」 と訳すのは少し勿体ない内容で非常に面白いアニメ(漫画)である。
ちなみにamazonプライムでは無料視聴が出来たりする。

そんなゆるキャン△が主催する、聖地巡礼ゆるキャン△スタンプラリーというのが開催されてた。
【ゆるキャン公式】
http://yurucamp.jp/news/353
feb2e1b62dd02c1576424a76a7fe5704.jpg
各ポイントに設営されているQRコードから、サイトにアクセスしてスタンプを集める方式
あえて1周コースにすると183km 獲得標高4000mになる、公式公認のゆるくないスタンプラリーだ
多分、企画者は自転車が走破する事を微塵も考えてないだろう。
せっかくなので自転車で走ってみる事に
今回は、自宅出発直前に丁度地元をナイトライドしていたミレさんという方を拉致して山梨へ強制送還してみた。
AM7:00 山梨市駅近くのタイムズで車から自転車を下ろす。
IMG_5620_R.jpg
IMG_5623_R.jpg
山梨市駅のロータリーにポスターが設営されている
ここからすたああああああああと!
IMG_5622_2018042923422993f.jpg
まずは、野クルコースの山梨市駅のスタンプをゲットして、北側の山をヒルクライムしていく
山梨は四方八方山に囲まれており、山に登れば街を見下ろせる。
後ろを見れば絶景かな絶景かな
IMG_5626.jpg
ただ、道を蛇行させず、山へまっすぐ引くのヤメテもらえませんかね・・・・・
断崖絶壁になってる
IMG_5627_20180429234519a9c.jpg
この奥手右側に、2ポイント目 山梨県笛吹川フルーツ公園
IMG_5629_R.jpg
激坂を登って脚が既に棒と化したミレ氏
まだ始まって10kmと満たない
これヤバクネ?
ここからさらに普通の登り道を登る事しばしば
ほったらかし温泉
IMG_5634_R.jpg
既に脚がプルプルのミレ氏
この日の気温は28度と、暑さ耐性の無い赤カメラ
お互い白目をむいていた。
IMG_5639_R.jpg
ブルベの時もレシート忘れはした事が無い
スタンプラリーも同じっ
でも、このスタンプラリーいちいち景色が最高
IMG_5641_R.jpg
野クルコースを終了したので、ここから50km程度離れた四尾連湖(水面標高880m)の水明荘を目指す
一回山梨市街地を川沿いに進み、富士川より手前からヒルクライムする。
さっき登った激坂を今度は恐る恐る下る。
IMG_5646_R.jpg
山梨市街地が大体300m程度で、四尾連湖が880mなので580m程度上る事になる。
しっかり水分補給して登り始める。
山梨は野生の藤がアチコチで咲いている
IMG_5652_R.jpg
しっかり坂を踏みしめ脚に負荷を与えていく。
IMG_5653_R_2018043000110819b.jpg
係員の人が来る車1台1台に「スタンプラリーですよね!」と声を掛けている
登山客困るだろーに(百名山の登山駐車場にもなってる)
少し休みを入れてから歩いて湖へ行く事にした。
ミレさんから頂いたメロンパンで補給する。
IMG_5655_R.jpg
水明荘のテラスにスタンプラリーのQRコードがあった
IMG_5671_R.jpg
湖の水は透明度が高く、湖底は腐葉土が多い。
水辺をカヌーで滑りたい・・・・
IMG_5660_R.jpg
IMG_5658_R_20180430002349f49.jpg
対岸にキャンプ場があり、作中ではあそこまでキャンプ道具を台車で引っ張ってた。
IMG_5662_R.jpg
優勝するミレ氏
ここを下る途中、アオダイショウに遭遇
後ろから来るミレ氏に声を上げながら急停車
山へ逃がしてあげた
ミレ氏「金運アップするよ」
赤カメラ「むふふふふふふ」
お願いします。 いつかはキャンピングカーを買って皆を載せて遠征するのが俺の夢なのです(基本ソロばっかりの人だからね)
山を下ってる最中に見た富士川がとても綺麗だった
IMG_5675_R.jpg
ゆるキャン△コースと、なでしこコースが混在するポイントなので、反時計回りに走破してそのまま本栖湖に登って行く作戦
セルバみのぶ店
IMG_5676_R_20180430003305252.jpg
IMG_5677_R_20180430003300bd6.jpg
もしかして赤カメラさんですか?
普段人里に居ないので、声を掛けられる事が少なかったのが、ここ最近人里に出没する様になってよく言われる
アリガタヤー
今度言われたら、握手の刑だっ(youtuberのけんたさんに学んだ応対方法)
少し山コースを選び身延山入り口
観光地っぽい場所に良い雰囲気の場所だなーと思ってた。
IMG_5684_R.jpg
IMG_5685_R.jpg
そんな事思ってたら、いきなり現れた、身延山久遠寺 三門の巨大木造建築
いきなり現れるんだもん びっくりした。
IMG_5686_R.jpg
門の目の前にあったのが、なでしこコース身延山観光協会
1日目でステッカー500枚が終了してしまい、その代わりに身延山の水を頂いた。
IMG_5690_R.jpg
IMG_5691_R.jpg
ここで、スタンプラリーのサイトに異常が発生した。
どうやらサーバーダウンの様で、スタンプをうまく取得できない
幸いな事にQRコードさえ読めてしまえばどこに居てもスタンプは押せてしまう仕様だった為(おい)、念のため一眼レフで撮影して抑えておく事にした。
身延山ロープウェー
IMG_5697_R.jpg
20分毎での運行があるので、時間が掛かる訳でなく、高所までノホホンと登れる
ロープウェーの登坂力舐めちゃいけない あれは山登りの高速鉄道だ
あっという間に800m台まで登って来れた
IMG_5699_R.jpg
IMG_5696_R.jpg
IMG_5704_R.jpg
ここでミレ氏の食欲が揺らいだ
苦死切りだんご
IMG_5705_R.jpg
\ウマイ/
IMG_5707_R.jpg
ゆばの里
IMG_5710_R.jpg
IMG_5713_R.jpg
ソフトクリームが美味しい
内船駅
QRコードは駅構内では無く、お向かいにある「花わらべさん」
IMG_5715_R.jpg
IMG_5718_R.jpg
IMG_5716_R.jpg
有志が掲示板の一部に張るという事態になってる(´・ω・`)
栄昇堂(身延饅頭)
おばあちゃんへのお土産に持って帰るっ!
IMG_5722_R.jpg
DSC_1675.jpg
おばあちゃん(80)レビューだと、昔の味がする非常に美味しい饅頭だとの事
奥手のご婦人からお茶を頂く
ここら辺のお茶だそうで、非常に美味しい
冷たいお茶で、ここまで日が照ってる中を走って来たので身体に染みる
ここから、本栖湖まで永遠と登る
志摩リンはキャンプ道具一式担いで小径車で登ってた
なでしこはフラッっと登って来たり、最終話でキャンプ道具を担いで小径車で登って来たりしていた。
コース自体は、そこまで斜度が無く、イメージとしてはいろは坂に近いワインディングコースだった。
確かに登れるっ 登れるがっ
あいつら化け物かよ・・・・と心の中で突っ込みを入れる。
IMG_5728.jpg
日が傾き始める中、本栖湖へ通じるトンネルを一回眺め、トンネルへ入る。
トンネルの先に、富士山がドカンと現れた。
IMG_5737.jpg
最後のチェックポイント 浩庵
IMG_5735_R_20180430010927dcb.jpg
これでスタンプラリーは終了♪
このまま山梨へずっと下り坂を下って山梨市駅まで辿り付けば終わりっ
帰ってきて気が付いた・・・・獲得3000程度かと思ったら4000m越えてるやん・・・・・
DSC_1677.jpg
2018/04/29(日) 23:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
装備編成を考える。

まだまだ日の暖かさが足りない中、手袋だけで快適と言えるかというと少し微妙だ。

今回は大洗まで行く平坦コース

重量増しではあるが、手のコタツであるバーミッツはまだ外さないでおこう。

大洗までのコースは渡良瀬遊水地までのコースを使って、50号まで出て、そこから水戸方向へまっすぐ走るだけ

筑波山の北側を走る50号が一番獲得標高を抑えられる。

7時坂戸駅をスタートする。

DSC_1459.jpg

1時間程、脚を温めつつLSDで北東へ進むと荒川に掛かる、日本一川幅に出る

そこをゆっくり走っていくと、対岸に鴻巣のマンションが見える。

市街地を抜け、新幹線の橋脚の下を潜りしばらく走ると小腹が減り、コンビニへ駆け込む

本日1っ発目の朝飯は、脂質と、炭酸(糖分)

DSC_1460.jpg

グラタンが喉を勢いよく雪崩れて、一服する間もなくスタート

渡良瀬遊水地を反時計回りに古河の市街地へ出る

旧国道4号から北上すると国道50号へ出る

後はひたすら東へまっすぐ進む

建国記念日の代替え休暇の道路は、トラックやトレーラーが居なくて非常に走りやすく、譲り合いも減るので必然と速度が乗る。

そのままスタートから100kmとなり、100km測長

DSC_1462.jpg

コンビニ食事が入って100km 4時間18分

以前4時間16分だったので、やっぱり大差は生まれない

そんなもんよねーと思いつつ、またお腹が減って来たのでちょうどお昼時だし食事をとる。

DSC_1463.jpg

DSC_1465.jpg

twitterを見ていると、大洗に居られるTakさん(Flacheで一緒に走った方)も現地に居て、合流する事に

水戸市を抜けると、ここら辺いつもの暴風にペダルが重く感じる。

橋を渡り、大洗に入る。

大洗マリンタワー元へ到着し、サザコーヒーで合流(ロード乗りに優しいサイクルラック有り)

DSC_1471_2018031419303077f.jpg

DSC_1470.jpg


Takさんは2015PBPを走ったり、Flecheを一緒に走ったり、東北1000kmも一緒にスタートしたR10000に近い方

北海道も今年札幌で行われる2400に向け攻略情報を色々話したりして小1時間程盛り上がった

自分は帰路もあるので早々に出発する事になった。







日が暮れるのはえー

DSC_1473.jpg


2018/03/14(水) 19:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
早朝3時半頃

電気毛布を消して、直ぐに出発

今回向かうのは、静岡県三島

静岡の右端だ。

今回は、静岡県三島在住の友人とブラブラと走る。

友人とは2年前に出会った。

まだ、ブルベをやってなかった頃、キャノボに初チャレンジして見事に失敗した時、出会った。

その時は彼も自転車を初めて間もなかった。







12月となると、日が出るのも本当に遅い。

午前6時半頃、三島に到着し、友人宅のコタツでぬくぬくと一日の予定を話ながらスタンバイする。

今回、私にも考えがあった。

特定小型無線機があれば、少し距離があってもルートの舵が取りやすいだろうなぁと。
※特定小型無線機は、免許が必要無く使える無線機で有効範囲はせいぜい1km程度

「止まるよー 写真撮りたい まってー 山頂到着」等、即時連絡が可能。

時速25kmだと、3秒間に20m進む。

速度差が少ないが、実際これだけ進むと、声が通らない場合もある。

使ってみて、結論から言えば非常に便利だった。

後、面白い。



もっと良い物だと、防水性の高い物や日本製の物もある。

今回は人柱的な感じで購入してみた。

肩掛けのストラップ等は工夫する必要がある。



三島から市街地を走りながら、無線機の動作確認を行い満足しながら沼津港から海沿いへ出る。

そこから吉原までの煙突が見える工場帯まで一直線で行ける。

IMG_0638.jpg

少し休んでいると、直ぐに散歩している犬達に囲まれる。

高貴な犬だ。

IMG_0645_20171214182729fb9.jpg

真っ直ぐ15km程度は走った。

海沿いを直線だけで1時間走った。

こんなに見える先に辿り着かない感覚はいつぶりだろう。

多分北海道とか、三浦の金田湾とかその辺りと似てるかな?

吉原の港を抜け、見慣れた吉原の交差点に辿り着く。

そこから川を越え、バイパス側道からバイパスへ出る。

そこから富士川を渡る。

ここから先は電気は60Hz♪

毎回それを言ってると思う。

IMG_0659.jpg

転落注意

友人によると、どうやらよく老人が落ちてるそうな。

もっと高くしてあげて(´・ω・`)

とは言え、景色は素晴らしい。

この河川敷には、飛行場もある為、道路にセスナが走っていたりする。

IMG_0656.jpg

「趣味にセスナはいかが?」

と、パラグライダーを買える値段のロードバイクを見ながらボソッっと呟く。

富士川を下り、そのまま海沿いを走る。

バイパスを避けながら由比の街並みに突入。

そこからいきなり目の前に現れる壁に自転車が突っ込んでいく。



一眼レフを背負いながら、超長距離ロングライドが出来る装備をサドルバッグに入れ、斜度20%を登る

あたりまえだけど異様にキツイ

息をゼエゼエ切らしながら序盤の20%をクリアすると、目の前の絶景に「キレイ(怒り)」と言葉が漏れる。

怒ってるわけじゃ無いけど、どう聞いても怒ってる声。

そのまま緩い10%程度の坂を何分間か続けてやっと展望台

友人を置いてきたので、登頂報告を無線で行う。


やっと来た。

IMG_0666_20171214184242f03.jpg

ミカン畑と、駿河湾と富士山

富士山の右手に愛鷹山も綺麗に見える。

此処から、少し土道を進むと有名な展望で、一望できる。
IMG_0680.jpg

the 東海道

この道を死に物狂いで走る自転車乗り達が居る。

昔の私もそうだった。

感慨深い。

清水側へ降り、清水の河岸の市で食事をとる。

サーモンイクラ丼に、マグロの揚げ物食べ放題

IMG_0689.jpg

静岡の贅沢な食事旨い。

清水を南下し、三保松原を見に行く事に。

IMG_0690.jpg

ここで駐輪して、松原を抜けると400m程度続く海岸が現れる

そこから眺めれる富士山がまた綺麗だ。

IMG_0695.jpg

そして、寝そべる中国人観光客

今一桁気温で、よく海沿いで風吹くなか寝れるなぁ(´・ω・`)

そこから国道150号を伝い、全然向かい風で進めなく、うがあああああと走る。

結局、心が折れて右折し静岡駅前まで出てきた。






ヨシッ 温泉へ行こう!

麓山神社を少し北へ行った先、おふろcafe bijinyuへたどり着く

そこで風呂に入り、PBPの事やドイツの事等、友人と自転車トークで盛り上がった。





人をダメにするお風呂屋さん

自転車乗り的には良い仮眠場所で、深夜営業していて、充電器レンタルができるので携帯の充電を済ませる。

くつろぎスペースや仮眠所もあり、一休みしてしまった・・・・・

2017/12/14(木) 19:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画