ロングライド - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
日本の2000m越えの峠は5つある

2360m 大弛峠
2172m 渋峠
2127m 麦草峠
2093m 大河原峠
2040m コマクサ峠


そのほぼ全てが 長野・山梨・群馬 に集中している。

そして、太平洋と日本海を5つの峠で結んだルートが500km未満だ。

「こりゃ面白そうだ」

そんなノリでtwiplaにて挑戦者を募集したのだった。

EEXYIDdVAAE0WA1.jpg



今回の参加者は
・はやとさん
・payanecoさん
・赤カメラ(私)

サポートカー
・湾岸の桜吹雪さん

同時にCtoC
・こうじさん

というメンバーでした。


9月13日(金)私の仕事が終わり、一回帰宅して最後のお風呂や食事を済ませたら、用意してあった装備に着替え、サポートカーになる車に籠ごと着替えやポンプや自転車を詰め込んで、出発!

湾岸の桜吹雪氏とは、神奈川の愛甲石田駅付近で合流予定

そんな急ぎでもないし、下道でえっちらおっちらと行って、合流より2時間早く到着したので車内でウトウト・・・・

起きた時合流予定時間より1時間過ぎた9月14日(土)に差し掛かる頃だった。

湾岸氏は、コンビニで馬鹿食いしていた。。。。

jgMBHgXq.jpg


1時間余計に寝れたのは、実はかなり大きかった。

まぁ例えば4時間睡眠が3時間睡眠になったらブルベでもキツイ

今回は、人権あふれるサポートカー付きの山岳ロングライドなので、睡眠不足で走行というプランでも無いし余裕だが、それでも睡眠を多くとるという事に関しては注意した。

湾岸氏が私を起こさなかったのは、大正解だ。


湾岸氏の馬鹿食いが終わり、静岡県富士川まで国道246から愛鷹山北ルートを使い行った。

ちょっとしたキャノボルート研究の為に。









集合富士川河口

3時集合のわずか10分前に富士川の河口までやって来た。

途中のドライブスルーで買ったマックのポテト片手に海で海水が汲めるかの確認を行い、波があるが問題はないだろうという結論に至り、その他参加者を含むグループチャットへ、海への入り方の手引きの写真を送り付けた。

AySUjq1l.jpg


手前はグラウンド

静岡は、サッカーが強い。

三島に住んでる友人も、サッカーをしにドイツへ行ったくらいだ。

メッセージのやり取りで、どうやらpayanecoさんは反対岸に出てしまった様で、急いでこちらへ向かう。

はやと氏が先に来たので海水の採取を先に行う。

はやと氏は、ホテルの都合で先に出発となった。

すれ違いにpayanecoさんも合流

急いで海水を採取し、スタート

0E0A4318_R.jpg

入れ物は各自持参 私は、100均で買った小瓶にしてみた。

0E0A4324_R.jpg


しばらく後をサポートカーが付いて来ていた。

川を左岸に移る所で、はやと氏においついた。

多分、川幅の大きい橋を渡った為時間ロスしたのだろう。

1m/s程度の北風を向かい風に、富士川を遡上した。

こうやって改めて時間がある中で喋るのも久々なもので、富士川を遡上しながらPBPの地形や街並みを喋りながらローテーションで走った。

PBPでもそうだったけれど、改めてローテーションの速さを思い知る。

富士川で300m程標高が上がり、その途中アップダウンもなかなかある南部町・身延をavg25km/h程度で軽く走れていた。

0E0A4325_R.jpg

身延駅前で脚休め。

0E0A4328_R.jpg

ちょっと早いけど、左岸へと渡り、日蓮総本山身延山久遠寺の裾野を国道52号を使い北上する。

東の山から太陽の光が漏れ始める。

0E0A4336_R.jpg

0E0A4343_R.jpg

幅狭の渓谷に近いトンネルを潜り、一気に山梨の盆地へと出る。

ここら辺のルートは仲間にお任せ

石和温泉駅前で再び脚休め

0E0A4346_R.jpg

国道140伝いで次第に前輪が上向きに傾き始める。

ここからまともな道を走る予定は一切ない。

ファミリーマート塩山小屋敷店にて覚悟を決める補給を取る。





0E0A4349_R.jpg

最近の個人的な流行りは、スムージーでビタミン補給 savasでタンパク質補給 主食でエネルギーをしっかり補給
後、個人的には甘酒もヒットしてますw


これから400m→2300m→ダート区間-700m→麦草麓
と考え、携行食としてカロリーメイト2箱(800kcal)を買っておいた。

いざ1つ目 大弛峠

0E0A4362_R.jpg

県道219 クリスタルラインという道を登り琴川ダム(広瀬ダム) または、地元鎌北湖の別名と同じ乙女湖(1400m)まで登ってきた。

国内でも5本の指に数えれる程、標高の高いダムらしい。

0E0A4363_R.jpg

ダム事務所の方にトイレがあるので最後の最後まで人権を得る為に寄る。

0E0A4374_R.jpg

ここからギリギリ金峰山(2599m)が見える。

ローディーから「もしかしてブルベですか」と聞かれる

他の面々が反射ベストを着ているせいだろうが・・・・・

ここをブルベで通したらヤバイ😨

そんなこんなで、この度最後の富士山に見送られる。

0E0A4384_R.jpg

上の方は本当に路面がボコボコで、一回乗り上げ私がパンクしてしまった。

0E0A4386_R.jpg
0E0A4387_R.jpg

お急ぎでパンク修理

多分2年ぶり以上のパンク

なかなか大きい穴が開いていた。

チューブはそんな古くないはずだし、刺さりものも見当たらなかった。



麓は霞んでいたのに、これだけ登って来ると空が青い

念願だった大弛のてっぺんにやっとたどりついた。

0E0A4390_R.jpg
0E0A4388_R.jpg
0E0A4394_R.jpg

峠としては最高峰の2360mは、数多くの登山者で賑わっていた。

ここから裏へ下る。

payanecoさんはダートを迂回するルートを取る

どっちが得策かはまだ未知数だ。

始めの内は乗車しながら下るのもまた良かったけど、さすがに石が大きくなって進みが悪くなったw

0E0A4397_R.jpg

空気圧が悪かったのか、再び私がパンク

はやと氏はここでホテルの都合でお別れをする事にした。

0E0A4399_R.jpg

結局ダート区間に2時間半掛かり、想定より1時間くらい遅かった。

まるで富士山の登山の下り坂だ。

0E0A4402_R.jpg

一回舗装路に出るが、いきなり砂利になったりしばらくスピードが出せない区間が続き、ようやく道らしい道に出る事ができた。

山肌が険しいが、たぶんここまで奥まった場所へサイクリストはそうそう来ないだろう。

0E0A4403_R.jpg

国道141 佐久甲州街道へ出て、やっとコンビニが散見できる様になってきたのをゆるゆると下る。

標高は700mまで下げ、予定していたYショップではやと氏と合流

少々補給を整えてから登り始める。

ここまでサポートカーと遭遇は皆無

どこに行ったんだサポートカーw(この時まで諏訪湖でなにやら飯やら睡眠やら謳歌していた様だ)

次第に日が暮れる

0E0A4404_R.jpg

軽い1400mを約2.5h程度のペースでゆっくりと登る。

そりゃ日が暮れるのも納得だ

その間、サポートカーは麦草峠の山頂へ移動

はやと氏のクリート割れやらの買い物をしたようだ。

サポートカー役に立つんだなぁー

途中脚力差が出たのか、気力差が出たのか?はやと氏が峠山頂まで急ぎ足で登り終え宿のクローズ20時を目指し急いで下って行った。

私も山頂へたどり着き、一眼レフをサポートカーに積んであった三脚に固定し、麦草峠の山頂写真を撮った。

0E0A4414_R.jpg

やっぱ、こういう撮影方法で撮れる写真が野生感少なくて良いっ

ここから真っ暗な麦草を一気に下るのだが・・・・

うーんサポートカーにiPhone忘れたwww

GPSで位置共有しているので、この出来事はサポートカーにとってショッキングだった様だ。

私は山の中で電子決算するつもりも無かったのでお財布を持っていたので大丈夫だろうと

湾岸氏が凄い慌てて後ろから追ってきたのは約1時間後だったwww

ルートを見て、ここを通るだろうくらいの予測で追いかけてきた感じだw

麦草からSR600のコースの逆走だ。

0E0A4421_R.jpg

前回はガスで一切何も見えなかった時と比べまだマシな景色が見れた

女神の展望台

お空は雲が無く、月明りが煌々とアスファルトを照らす。

0E0A4425_R.jpg

9月14日 十五夜1日前

こんなにも山が明るく神々しい日はそうそう無い。

両サイドを野生のシカの足音で囲まれる。

0E0A4429_R.jpg

実はお初な峠 大河原峠(2093m)

0E0A4430_R.jpg


ここからルートラボの地図が古い為、地図に乗ってこない県道121の整備された道路をじゃんじゃん下り、佐久市へ降りる。

0E0A4432_R.jpg

jaxaのはやぶさ2をコントロールしているアンテナ

こんな霧の中でライトアップしていてすごく幻想的だ。

佐久へ降りてきて、サポートカーにリクエストしておいた「ルート上のお風呂屋に入れる場所の検索」

その結果、佐久平プラザ21の健康ランドがヒットしたのでそこへ行ってみる事に



しかし、残念な結果だ

受付〆時間が11時30分で、到着が12時00分 クローズが1時だった

アウトである。

この付近にこの時間にお風呂に入れる場所も無い。

でも、まぁ、一応近くにコミックバスタークリアーカフェ佐久平店があり、シャワーに入れるそうなのでそこへ行く事にした。

着替えはあるし大丈夫



店員「シャワーは1人待ち、タオルが在庫切れですが大丈夫ですか?」

うーん 難しい質問だったけど、OKして部屋に入り、睡魔に負け、一睡したら朝

それでも嫌な体の匂は落としたかったので朝シャワーを頂く事にした。

タオルは着ていたおたふく手袋のインナーが役に立った。

別のおたふくに着替え、なんとかなった。

今度から、手ぬぐい持ち歩くならインナーの予備を持ち歩くのでもいいのではないか?という知見を得られた。

朝はそんなに早い行動でもなかったので、だいぶ日が昇ったAM7時に近くのコンビニから経った。

0E0A4433_R.jpg

コマクサ峠は標高700→2000mと標高差がある。

2日目 スタートから30時間くらいになろうかとした頃だ。

脚の疲労感はそこまで大きくはなかったので、これが時間に制約されない脚の状態かと少し関心した。

キャベツ畑?をえっちらおっちら登り、山に入っていくとソバ畑もすごく広かった。

0E0A4435_R.jpg

この景色から一変杉林を癖のない斜度を淡々と稼いでいく。

道幅も十分ある。

0E0A4439_R.jpg

0E0A4437_R.jpg

雲が真上を通過しては山から雪崩れてくる。

スタートから今までずっと北風なのだろう。

でも、雨にもそこまで当たらずによくここまで来れた。 運が良い。

1900m付近のダート手前 高峰高原ホテルのラウンジで崖にガラス張りの窓際でコーヒーや、焼き立てのクロワッサンを頂く。

0E0A4445_R.jpg

この先から山頂までがダート区間だ

細かく固めの土なので、ロードでも乗って走れる。

斜度が厳しくなると空転するので体力が削られる。

0E0A4449_R.jpg

大弛と比べると非常にショートな登りで終わることができて一安心だ。

0E0A4450_R.jpg

0E0A4453_R.jpg

山岳ガイドが居る程、山は整備されて駐車場もあり、少し下るとお土産屋さんもある。

一気に標高が落ち、約1000m下り、少し登ると鳥居峠だ。

0E0A4455_R.jpg 





どうにも、菅平へ向かう道の上の道へ続く脇道を見逃した様で、かなり標高を下がってから気が付いた。

国道を使い、菅平へ出た。

ラグビーのWカップが日本で開催を控えているらしい

イタリア代表選手が菅平に合宿しているらしく、コンビニもその対応が素晴らしかった。

0E0A4461_R.jpg 

テンポ内にも選手への差し入れ品が販売されており、こういうモデルを色んなスポーツ界へ横展開できればいいのではと思った。

菅平約900mから一気に下り、須坂400mまで標高が下がった。

コンビニで一息入れ、PM3:00発アタック万座峠だ

万座峠が1900m さらに一回標高を下げ、1700から2172mの渋峠まで標高を上げる

日暮れまでに渋峠は間に合うか間に合わないかくらいだろう。

白石並みの坂をテンポよく進み続けた。

とはいえ、1500m差はかなり厳しい部類だ。

ここを足をあまり止める事無く登れる出力で登る。

結果的にその方が早い。

日が傾き、雲が近づく。

0E0A4464_R.jpg

0E0A4467_R.jpg

0E0A4466_R.jpg 




向こうの山には渋峠のラインが山の上を横切っている。

0E0A4475_R.jpg

ここでようやくサポートカーが追いついて来た

朝ぶりだw

山頂で助手席にあったかりんとうを頬張り、作戦を決める

「別に、急いで海に出る必要は無い。渋峠は登り切った時確実に暗く、雲にも隠れている」

と、優先事項を万座温泉と朝日の渋峠に考えを切り替えた。

この時間でギリギリやっていたのが万座亭さん

0E0A4476_R.jpg 

湾岸氏は、近くにコンビニが無いかとソワソワしていた様だったが

コンビニは標高1300m(草津)付近が標高の限界だ! というのを強く言っておきたいw

ここは標高1800m程度あるので絶対ないw

お土産屋さんで補給食を買い込み、再び渋峠方向へ登り始める。

駐車場に車を泊め、ビバーク

スマホのアンテナが入る部分を探し、一晩明かした。





9月15日 残念だけど、朝日は見れずに雨が降っていた。

EEiE5eUU4AAMrcw.jpg

十二分に睡眠をとった体は相変わらず快調だったが、雨に濡れて冷えながらの登頂 5つめ 渋峠だ

0E0A4477_R.jpg

すぐに冷えないうちに下り切り、暖かい場所を求め湾岸氏とはここでお別れ

はやと氏は現在万座峠を勢いよく上ってきているので合流するらしい。

約2時間くらい下り、小布施から直江津へ抜ける国道292のトンネルを潜り最後のコンビニ休憩をして海へ一直線

ゴールは直江津船見公園

ゴール手前 麦草時点で3峠をNotControlをし、そこから自走で日本海までたどり着いていたpayanecoさんと合流し、ゴール地点

CtoCを走り終えていたこーじさんがノンアルコールを持って待っていてくださった。

走り終わった日本海の波はそこまで高く無く、薄い雲に覆われていた。

0E0A4489_R.jpg



サポートカーは高速を使い、はやと氏を追い越し、自分の後から

13時半 はやと氏もゴールを果たした。

0E0A4513_R.jpg


全員で海岸に立ち、海水を日本海の海へ返してこの旅は終わった。

海水返す_R

最後に直江津の寿司と、新潟のお米を食べサポートカーを運転し、関東へ帰ったのだった。






協力してくださった方々、大変お疲れ様でした!

2019/09/28(土) 23:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
5月19日

全国各地でヒルクライム大会や、ブルベや、センチュリーライド グランフォンドなど盛況だ

一方、私はと言うと、電車で眠りこけていた。

朝、目覚ましが鳴ると、脳みそが起きない状態で坂戸駅まで漕ぎ、輪行しながら起きたときにはJR日光駅に居た

ほへーんと降りSuicaは残高3円足りず、悔しい思いをして、改札で支払った。

JR日光駅
IMG_5944_R.jpg

ゆるポタ開会宣言はしたけれど、山へ行くわけで、補給しに開始早々コンビニで食べる。

日光市街地も朝は人混みも少ない。

IMG_5946_R.jpg

遥か上にある丸山を眺める。多分あそこを通るはず

市街地から外れると直ぐに真っ直ぐヒルクライム

看板が1kmおきに、7% 8% 9%と1%ずつ増えていく(笑)

心拍は150以下で程々に登る。

それでも山頂では足にいい感じの疲れがあったので、ペース配分はベストだ

山頂は1400m程度でやっと木々が薄くなってきてる。

この間2400mの男体山で木々があったので、ここらへんは森林限界が高そうだ。

雪が激しくないから かな?

霧降高原裏も二車線道路で牧場の合間を縫って降りれた

海外に居るような景色の為、非常に気持ちいい

もう少し下がるとキツイヘアピンがあって、木漏れ日で路面の凹みが視認しにくくて徐行して走った。

この後、山を登るはずが

IMG_0859.jpg


デデドン!アカン

この先通行止め

地元の人に聞くと、湯西川へは通り抜けできるとの事

県道350は台風21号で被災しつつ冬季閉鎖してそのままになってしまったらしい(´・ω・`)

新しい迂回ルートはまず遠いい

そして、その先の国道も実は冬季閉鎖していたw
湯西川迂回

とりあえず皆が言う湯西川へ向かって走ることに。

山を走ると、動物の音が良くする。

猪のブヒブヒという鳴き声で笑われたり

狸が怪訝な顔でこっち見てゆっくり用水路に逃げたりとか。

ただ、車で引かれた息のある蛇は可愛そうだったので路肩に置いてやった。

よく遭遇するようになったけど、日向ぼっこしてる所引かれるのが多いのかな?


湯西川

平家の里で、温泉が有名

通行止めの多さで少し落ち込んでいるが、そういう時はその時の楽しみ方をしないと勿体ない(輪行代が)

鴨の付け蕎麦を食べたり

IMG_5972_R.jpg

足湯に入って脚を赤くしたり
IMG_0872.jpg

山を下りどうするか色々考えなきゃ

あっ良い景色

IMG_5976_R.jpg

国道に出てしばらく北上してると次第に天気が悪くなり、福島入りする頃には風向きのせいもあって非常に寒い

実はこの日、福島に関わらず埼玉県でもけっこう冷え込んだ

寒さも厳しい 天候も厳しい 閉鎖ルートの迂回も厳しい

全部厳しいいいいいいいい!お手上げ!

輪行で撤収!

会津から浅草 途中に春日部まで行ける特急に乗り込んで帰宅!いい電車発見してしまった・・・・

IMG_0882 (1)

2018/05/20(日) 20:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ゆるキャン△
2018年1月~3月の1クールに渡り放送されていた、秋~冬シーズンに山梨の女子高生がアウトドア(キャンプ)をするという
そんなアニメ
1話に出て来る、本栖湖は水面標高が900mあり、そこで秋頃にキャンプをするとなると相当寒い
(しかも1話に出て来る 志摩リンと、各務原なでしこは本栖道を小径車でヒルクライムして来ている)
「ゆるキャン=ゆるいキャンプ」 と訳すのは少し勿体ない内容で非常に面白いアニメ(漫画)である。
ちなみにamazonプライムでは無料視聴が出来たりする。

そんなゆるキャン△が主催する、聖地巡礼ゆるキャン△スタンプラリーというのが開催されてた。
【ゆるキャン公式】
http://yurucamp.jp/news/353
feb2e1b62dd02c1576424a76a7fe5704.jpg
各ポイントに設営されているQRコードから、サイトにアクセスしてスタンプを集める方式
あえて1周コースにすると183km 獲得標高4000mになる、公式公認のゆるくないスタンプラリーだ
多分、企画者は自転車が走破する事を微塵も考えてないだろう。
せっかくなので自転車で走ってみる事に
今回は、自宅出発直前に丁度地元をナイトライドしていたミレさんという方を拉致して山梨へ強制送還してみた。
AM7:00 山梨市駅近くのタイムズで車から自転車を下ろす。
IMG_5620_R.jpg
IMG_5623_R.jpg
山梨市駅のロータリーにポスターが設営されている
ここからすたああああああああと!
IMG_5622_2018042923422993f.jpg
まずは、野クルコースの山梨市駅のスタンプをゲットして、北側の山をヒルクライムしていく
山梨は四方八方山に囲まれており、山に登れば街を見下ろせる。
後ろを見れば絶景かな絶景かな
IMG_5626.jpg
ただ、道を蛇行させず、山へまっすぐ引くのヤメテもらえませんかね・・・・・
断崖絶壁になってる
IMG_5627_20180429234519a9c.jpg
この奥手右側に、2ポイント目 山梨県笛吹川フルーツ公園
IMG_5629_R.jpg
激坂を登って脚が既に棒と化したミレ氏
まだ始まって10kmと満たない
これヤバクネ?
ここからさらに普通の登り道を登る事しばしば
ほったらかし温泉
IMG_5634_R.jpg
既に脚がプルプルのミレ氏
この日の気温は28度と、暑さ耐性の無い赤カメラ
お互い白目をむいていた。
IMG_5639_R.jpg
ブルベの時もレシート忘れはした事が無い
スタンプラリーも同じっ
でも、このスタンプラリーいちいち景色が最高
IMG_5641_R.jpg
野クルコースを終了したので、ここから50km程度離れた四尾連湖(水面標高880m)の水明荘を目指す
一回山梨市街地を川沿いに進み、富士川より手前からヒルクライムする。
さっき登った激坂を今度は恐る恐る下る。
IMG_5646_R.jpg
山梨市街地が大体300m程度で、四尾連湖が880mなので580m程度上る事になる。
しっかり水分補給して登り始める。
山梨は野生の藤がアチコチで咲いている
IMG_5652_R.jpg
しっかり坂を踏みしめ脚に負荷を与えていく。
IMG_5653_R_2018043000110819b.jpg
係員の人が来る車1台1台に「スタンプラリーですよね!」と声を掛けている
登山客困るだろーに(百名山の登山駐車場にもなってる)
少し休みを入れてから歩いて湖へ行く事にした。
ミレさんから頂いたメロンパンで補給する。
IMG_5655_R.jpg
水明荘のテラスにスタンプラリーのQRコードがあった
IMG_5671_R.jpg
湖の水は透明度が高く、湖底は腐葉土が多い。
水辺をカヌーで滑りたい・・・・
IMG_5660_R.jpg
IMG_5658_R_20180430002349f49.jpg
対岸にキャンプ場があり、作中ではあそこまでキャンプ道具を台車で引っ張ってた。
IMG_5662_R.jpg
優勝するミレ氏
ここを下る途中、アオダイショウに遭遇
後ろから来るミレ氏に声を上げながら急停車
山へ逃がしてあげた
ミレ氏「金運アップするよ」
赤カメラ「むふふふふふふ」
お願いします。 いつかはキャンピングカーを買って皆を載せて遠征するのが俺の夢なのです(基本ソロばっかりの人だからね)
山を下ってる最中に見た富士川がとても綺麗だった
IMG_5675_R.jpg
ゆるキャン△コースと、なでしこコースが混在するポイントなので、反時計回りに走破してそのまま本栖湖に登って行く作戦
セルバみのぶ店
IMG_5676_R_20180430003305252.jpg
IMG_5677_R_20180430003300bd6.jpg
もしかして赤カメラさんですか?
普段人里に居ないので、声を掛けられる事が少なかったのが、ここ最近人里に出没する様になってよく言われる
アリガタヤー
今度言われたら、握手の刑だっ(youtuberのけんたさんに学んだ応対方法)
少し山コースを選び身延山入り口
観光地っぽい場所に良い雰囲気の場所だなーと思ってた。
IMG_5684_R.jpg
IMG_5685_R.jpg
そんな事思ってたら、いきなり現れた、身延山久遠寺 三門の巨大木造建築
いきなり現れるんだもん びっくりした。
IMG_5686_R.jpg
門の目の前にあったのが、なでしこコース身延山観光協会
1日目でステッカー500枚が終了してしまい、その代わりに身延山の水を頂いた。
IMG_5690_R.jpg
IMG_5691_R.jpg
ここで、スタンプラリーのサイトに異常が発生した。
どうやらサーバーダウンの様で、スタンプをうまく取得できない
幸いな事にQRコードさえ読めてしまえばどこに居てもスタンプは押せてしまう仕様だった為(おい)、念のため一眼レフで撮影して抑えておく事にした。
身延山ロープウェー
IMG_5697_R.jpg
20分毎での運行があるので、時間が掛かる訳でなく、高所までノホホンと登れる
ロープウェーの登坂力舐めちゃいけない あれは山登りの高速鉄道だ
あっという間に800m台まで登って来れた
IMG_5699_R.jpg
IMG_5696_R.jpg
IMG_5704_R.jpg
ここでミレ氏の食欲が揺らいだ
苦死切りだんご
IMG_5705_R.jpg
\ウマイ/
IMG_5707_R.jpg
ゆばの里
IMG_5710_R.jpg
IMG_5713_R.jpg
ソフトクリームが美味しい
内船駅
QRコードは駅構内では無く、お向かいにある「花わらべさん」
IMG_5715_R.jpg
IMG_5718_R.jpg
IMG_5716_R.jpg
有志が掲示板の一部に張るという事態になってる(´・ω・`)
栄昇堂(身延饅頭)
おばあちゃんへのお土産に持って帰るっ!
IMG_5722_R.jpg
DSC_1675.jpg
おばあちゃん(80)レビューだと、昔の味がする非常に美味しい饅頭だとの事
奥手のご婦人からお茶を頂く
ここら辺のお茶だそうで、非常に美味しい
冷たいお茶で、ここまで日が照ってる中を走って来たので身体に染みる
ここから、本栖湖まで永遠と登る
志摩リンはキャンプ道具一式担いで小径車で登ってた
なでしこはフラッっと登って来たり、最終話でキャンプ道具を担いで小径車で登って来たりしていた。
コース自体は、そこまで斜度が無く、イメージとしてはいろは坂に近いワインディングコースだった。
確かに登れるっ 登れるがっ
あいつら化け物かよ・・・・と心の中で突っ込みを入れる。
IMG_5728.jpg
日が傾き始める中、本栖湖へ通じるトンネルを一回眺め、トンネルへ入る。
トンネルの先に、富士山がドカンと現れた。
IMG_5737.jpg
最後のチェックポイント 浩庵
IMG_5735_R_20180430010927dcb.jpg
これでスタンプラリーは終了♪
このまま山梨へずっと下り坂を下って山梨市駅まで辿り付けば終わりっ
帰ってきて気が付いた・・・・獲得3000程度かと思ったら4000m越えてるやん・・・・・
DSC_1677.jpg
2018/04/29(日) 23:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画