FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
自転車
キャノンデールCAAD8 2013
カレラ フィブラevo 2017

カメラ
Canon Eos60D
EOS40D
18-35mmF1.8HSM
70-200mmF4L IS USM

SONY AS100V
SONY AS50

twitterID @akacame
旅に出る際は休憩中に一眼レフの画像をアップしたりしてます。

大阪東京23時間59分48秒
ブルベSR取得(22歳)
大間埼玉1000km73時間
北海道1周2000km 7日18時間
SR600

 
Strava
Strava
 
動画
 
ニコ生トレーニング生放送
 
こんにちは あかかめらです。

PBPのゴールから48時間程度経過するでしょうか

ゴールして以来ダメージが酷くかなり寝込んでおりました(笑)

それこそ、PBP直後の懇親会への参加を忘れ、気が付いたら翌日の早朝3時頃だったりしました

飛行機でも寝て

家に帰っても寝て

逆に今書いているのが早朝3時なので、体内時計もかなり狂っております。

異文化で不慣れな中の1200kmは日本のブルベ以上に大変だったのを後払いで清算している状況な訳ですw

日曜帰国 翌日出勤でなかった事が幸いでした。




確実に言える成果は1つ

長年の目標、PBPが完走し認定をもらえたという事実

非常に感無量です。

そして、現在日本人では

13年 15人
14年 7人
15年4人
16年30人
17年22人
18年6人

計84人

R10000を取得者数です。

この中に名前を刻む事が確定しました。

自分で言うのもなんですが、頑張りました。

今回のPBPに関しては
フランスの皆さん
世界各国の出走者さん
Audaxの皆さん
フォロワーさん
応援してくださった方々

本当にありがとうございました。

一つの課題を超え、呆けてたいのが人間なのですが、次の課題は既に決まっており
その達成の為に修行の毎日を繰り返したいと思います。

引き続き何をしでかすか、何を言い出すかわからない私ですが、よろしくお願いします。

0E0A3545.jpg

0E0A3551.jpg
2019/08/26(月) 03:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
PBP(パリ・ブレスト・パリ)出走まで500時間を切った

もうそんな時期なのかと驚いている。

一応現在まで動いている事を書いていこうかなと思う。

2018年8月 AroundHokkaido2400
フランス行きの切符を手に入れる為に1000km以上の距離を走ろうと思い決めたRMがこれだった。

2018年10月18日
ANAのフランス行きの飛行機チケット購入
ドロップバッグ登録※

2019年
1月14日 プレレジストレーションでACP(フランスサイト)へ直接先行登録を完了※3000円
1月20日 オダックス埼玉200km出走
3月16日 日本橋400km出走
3月23日 あおば300km出走
5月2日  日本橋1000km出走 ※腕試しと1000km2回目でR10000の表彰を得る為
5月18日 オダックス埼玉600km出走 SR確定
5月28日 ACPへ出走登録を行う※160ユーロ 20509円

宿
3月28日滞在期間中の宿の確保
仲間内で部屋を割り勘とし、PBP期間中は荷物置き場として使用
最終日は宿泊

保険
7月30日 会社の外交員経由で保険を確保

移動手段
6月29日 8/15よりシャルルドゴール空港からホテルまで約50kmをプライベートタクシーを予約※日本人ドライバー

記念反射ベスト ジャージ購入 ※オンヨネ

海外通信 docomoの海外パケット

外務省たびレジへ登録
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

事前準備をしていなかと言うと正直嘘になる・・・・



残りのやる事と言えば
・当日の装備
・ルートをeTrex30へ入れる
・ドロップバッグの中身の用意
・ユーロへ両替
・体調の準備

とかでしょうか・・・・

なんだか現実感が無いのですが、残り500時間切ってるので、気合を入れなおして頑張ります。

2019/07/30(火) 19:51 | コメント:2 | トラックバック:0 |
奥の細道



17世紀、「松尾芭蕉」が弟子の「河合曾良(kawai sora)」と共に北陸の旅へ行き書いた。
日本古典の紀行作品としては有名なのが「奥の細道」だ。

また、Audax日本橋がサブタイトルとして
BRM愛称 : (象潟へ行って)ミチノク・去りまショー  - ベイベサイコー ー
としている。

逝去10年にあたり忌野清志郎氏を偲んで開催する旨をAudax日本橋のクラブサイトでも書かれている
Audax日本橋 BRM502日本橋1000_2019
2002年10月に行われた、忌野氏によるツール・ド・奥の細道をできるだけ辿るルートとしました。
との事


1000kmも走っていれば、色々出会いがあるだろうし、面白そうだから私はエントリーしました

強いて言うと、ブルベではR10000という称号
200 300 400 600 1000を各2回
Flecheを1回
SR600(獲得1万m以上のパーマネントコース)1回
RM(1200km以上)1回
PBP1回
尚、それ以外に1万km以上の認定が特定期間内に必要

残りのピースが1000kmとPBPだけだから1000はクリアしておきたいなというのが本音でした。




コースプロフィール

D5xSl5zUEAAiWC1.jpg
作戦はこうだ
1日目はスタートが正午12:00
PC1 PC2まで進み、仮眠レベルで睡魔をコントロール
そのあと、PC3仙台476kmクローズ2日目19:44 まで貯金を稼ぎ、そのあとお風呂等でゆっくり休みを入れる
一番つらいのが制限時間が緩まないPC3迄 それ以降ならお風呂でも大丈夫だと思った。

ちょうど、この時間帯にお風呂となると仙台ー石巻が好ましいので重点的に地図からピックアップしていく。


それ以降もPC4 PC5が固まってるので、PC5の足切り対策を意識して走る様プランを立てた。

ゴールは70時間当たりだと、その日中にお風呂に入った後、特急で帰れるのでそこを狙ったペースプランを立ててみた。

装備
関東勢はかなり油断しがちだけれど、行先は東北地方だ。
北海道をGWで行った際なんかは気温-2~+30度を経験した者として、最高の防寒着に比重を置いた
なんか、真冬の行軍でもするのかというレベルで

防寒重視(東北用)
着衣類
上(耐−7度)
・おたふくインナー
・モンベルメリノウール
・CRAFT側面メッシュ排湿
・コロンビアオムニヒート
下(耐2度)
・おたふくインナー
・ズボン
・おたふく靴下
予備(帰宅用)
・モンベル防水スノボ(−10度)
・モンベルインナー
D5dTQUVW4AAkZdz.jpg

予備装備兼・帰宅用装備軍
アピデュラ奥に入るもの
・輪行袋
・軽量予備タイヤ
・修理キットvittoria内部
・ポンプ
・−5度対応靴下

フレーム上部に
・ブルベカード
・電池etrex30用
・サイコン給電バッテリ
・予備ケーブル

ウエア内
・財布
・iphone


D5dMZAWW0AAiqJu.jpg


5/2行動開始
まずはスタート地点に立つのが第一だ。

Audax日本橋のスタート地点は木場公園なので、そこまでは輪行で行く

2時間も前に現地に付くが、残念な事にゲリラ豪雨がこっちにまっすぐ向かってくる

IMG_4939.png

なので、輪行袋から出さず、マックでもぐもぐして宿の見直し等をかけていた。

IMG_4940_R.jpg

自宅に郵送されてきていた日本橋のブルベカードを広げ、制限時間を再度睨めっこ

そんな作業を1時間強もやっていた ポテトはLサイズを2個も食べていた

脂っこいけど、この後の消費を考えるとこれくらい誤差だろうと言い訳をする。






外に出ると、生ぬるい風と、雨雲と、雷の音で凄い事になっていた。

この都心の一部分だけこんなんだ。

木場公園の近くまで行ってみるだけ行ってみる事にした。






スタート地点には橋げたがあり、その下に皆集まっていた。

IMG_4947_R.jpg

12時からなので待機

AH2400でも一緒に走ったメンバーがちらほら

顔なじみなので、会話が弾んだ

ここから奥の細道の始まりだ


スタート地点ーPC1 (68.9km)古河

道中よく出てくるのが、芭蕉像だ。

こんな奴

0E0A9911.jpg

続きを読む »
2019/05/12(日) 23:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |