200 - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
2017年初ブルベです。

朝、5時半に起き、出走場所近くの24時間ラーメン屋で、麺と飯をドカドカと胃袋に流し込む

今日は何故か胃袋の調子が良い

これは走れる予感がする。

いつもの入間の河川敷

皆、年始のあいさつ回りをしていた。

特に自分は人との絡みが濃いわけでもないので、フラフラと色々自転車の色々な装備を眺めていた。

DSC_0274.jpg

この1年でブルベをやってるせいか、キャノボをやってるせいか

「赤カメラさんですか?」と言われる事が増えた。

ohYES 赤カメラです

6時55分 車検
7時00分 出走

7時組と8時組があるのですが、7時組を選択した理由は2点

1・遠征組の遅発の需要の為、先発隊とする事
2・オダ埼の募集人数があまりに多人数なので、バラける為

って感じなのです。

身の安全の取り方を配慮しないと、まだ数十年と続けられないので仕方ないです。

スタートして川・線路・国道を越え東へ進む

PC1 加賀でレシートを受け取る。

DSC_0278.jpg

電子マネーとコンビニの入り口のドリンクで十分胃は間に合ってる。

キャノボのノウハウをフル活用した「休まない走り」を心がける。

絶対止まった分を取り戻す出力と、冷えた体を温める時間を考えると、「休まない走り」の方が楽

特にこの時期は




間髪入れずに2人くらいで出発

この時点で170人居る中先頭だった。

しかし、バナナを食べてた人がコンビニから慌てて追いかけてきた。。。

そしてあっという間に抜かして遠くへ行ってしまった。

凄い出力だなぁと感心しつつ、見えてきた霞んでる筑波山を見て、そこ目指し進んでいく。

筑波山の登り始めは斜度10%はある

ちょいとシンドイ

丁度100km走って来た脚に負荷を与えるとストレスが一気に掛かるのが心地よい

VRM1200m/hのペースで登っていく

流石にアピデュラフル車載でこのペースだと数十分しか保たない

と言っても、筑波山は300mしか登らない

このペースで十分

キューシートで話題の参道に入って行く

薬王寺

DSC_0280.jpg


路面の凍結を確認

後ろの人気を付けてーーー!

登山人達に声援を受けつつゆっくり登って行った

急に視界が開け梅林

DSC_0282.jpg

色つき始め

時間がもう少し経てば、香りも良くなる?

少し下ると、観光案内所が通過チェックポイント

スタンプ押してきて!って事でチェースト!

DSC_0283.jpg

DSC_0285.jpg

山を下って、下妻に降りるとキツイ向かい風が始まる

ヒルクライムで調子乗って高負荷を与えた結果、脚も弱ってる

そんな時、一緒に走る人が居るのがブルベの醍醐味

風よけになってくれた。

アリガタヤー

PC2もオニギリ1個を食べ、クラクラになりながら走る

なんで、こんな疲れてるんや。

そして河川敷に戻って来た。

9時間を切って8時間54分くらい

aaa_20170128182836169.jpg

DSC_0289.jpg




2017/01/28(土) 18:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 今週もブルベブルベ!

200kmのブルベを今回サッっと終わらせ300kmも再度やればSR2つ目となります。

なんかあっという間


朝っぱらから町田市を目指し到着!

焼きそば大盛を頬張って淡島公園へ




スタッフさんから顔と反射ベストを覚えられてましたw

そして、キャノボ勢というのまで知ってる方とか

なんだか照れます

諏訪湖600km あれ

AJ西東京さん的言わせれば宇都宮の次にヤバイコースだそうでw

マジカー





AJ西東京さんのクイズ形式チェックポイントってのがありまして

諏訪湖600の時は有人PCに変更でしたが今回はちゃんとクイズ形式になってます。



DSC_0045.jpg


質問

シールの裏には何が書いてあるでしょうか!

大体常識的にはわかるのですが行ってみなきゃわからん!

DSC_0044.jpg



それにしても凄い人数

DSC_0049.jpg

ブリーフィングを終え一斉出走!


と言ってもばらばら出て行くのでダマにはなってない感じです。



相模川を越え山道を登っていきます。


スタッフのカメラマンさんが待ち構えていたのでピース!ピース!



雛鶴峠はアップダウンがちょうどよく、脚が回復したり踏ん張ったり



ブリーフィングではガードレールにぶつからないでね!と注意されていました。



PC1につく頃には大半の方々は後ろ手をゆっくり走行中です。



50km地点で休憩ってのもあれなのでコーラー1.5L補給!



そこから富士見バイパス経由で河口湖まで実直に登っていきます。


84.6km 大石公園でのクイズです。



答えはコレだ!

DSC_0053.jpg



大当たりです! Pです!


河口湖湖畔のトンネル内はヒンヤリ涼しく外の33度の灼熱を遮ってくれます。


ただ、トンネル内に風が沢山入って進むのがやっとやっと



遅筋育ててきていたのでケイデンス重視で進んでいきます。

山中湖へ行く道は諏訪湖600kmでも通ったおなじみの道です。


自衛隊の方々も通っていたみたいで手を振ります。 自衛隊の方 お疲れさまです!


籠坂峠を一気に下ると少し天気がドンヨリ



でも日差しが無い分楽なのかなぁ



そしてのどか!

DSC_0055.jpg




PC2橋本屋!


おもてなしを受けちゃいます!

DSC_0057.jpgDSC_0056.jpg


よし ここから足柄峠で最後の山辺りだと思う!

登るぞーーーー



最大斜度が20%くらいありそう ひえええええええ


無事に山頂



ここから金太郎ラインと呼ばれる区間です。 金太郎の出世地だそうです。



そりゃこんな山の中じゃたくましく育つわなぁ・・・・


雲の流れに沿って走る感覚は不思議な感覚です。



夕日滝BBQチェックポイント!

肉をごちそうになりました


塩辛いのがうまい!!!!

DSC_0058.jpg



そしてそのままSPDなので山道をトレッキングです!



DSC_0059.jpg


綺麗な水質で良い感じです。



滝業やると風邪ひきそうですw



ブルベ中なのを忘れていましたが再スタート



時間はそれでも2~3時間巻きくらい。



これで山道が終わりだと 思ってました。



麓の町を抜け酒匂川を渡り



その先はーーーーー 山っ!おい!


PC3サークルKでアイスを補給

ラストラスト!



夕焼けが若干見え始める頃になりました。



finish ファミマ!



10時間前半でした



だいぶゆっくり走ったつもりなので体力も余裕しゃきしゃきです。



受付へ行き終了!




で、色々な人としゃべくってたら夕焼け小焼けです。


かなり顔見知りも増えました。



また行くべ!


2016/07/04(月) 23:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |
初めてのブルベ!

坂戸市からは407を東京へ走るとすぐの所に所沢にブルベ集合場所がある。

さらには、近隣の越生町にもニューサンピア越生にブルベの集合場所がある。

つまり、坂戸はブルベに恵まれた土地です。

こりゃ行かない手はないでわないでしょうか???



ブルベってナンゾヤ?

ブルベ(仏:Brevet)とは、タイムや順位には拘らず、制限時間内での完走を認定するロングライドのサイクリングイベント。byうぃき


距離は 200 300 400 600とある。これを一通り完結するとSRという称号が手に入る。
他にSR600というブルベとは違うシューペルトランドネ
フレッシュという5人一緒に360km以上走る物※1人までならDNFOK

制限時間というのは、厳密な説明ではないのですが、おおよそ15km/h以上で各PCと呼ばれるチェックポイントをクリアする。

無人PCと有人PCというのがあって、コンビニのレシートが立派なエビデンスとなる。

シークレットPCというのも存在する。

コースのショートカット防止の為だそうだ。







最近ではキャノボ以来一眼レフを置いて走る事が多くなってる。

そこで、今回は一眼レフとはまた違う撮影機材

アクションカムを利用した動画撮影といこうじゃないか。

撮影編集環境が整ったので、結構上げたい放題上げまくってる。

今回のブルベデビューとして、ささやかながら新機材を導入してみた。



リコーのヘルメットマウント

暴風でバタつく以外しっかり固定されているほうだと思う。

ただ、広角側で撮影したデータをそのままだとブレるので、ブレ補正をパソコン側で掛けてあげて利用するべし







こんな具合で撮影可能。

前方動画から一気に首が振れるハイアングルに変わった。










本題のブルベに話を戻そう。

早朝5時20分起き
受付開始が6時~である事を考えると悠長に飯を食えない。

着替えは済ませて寝た。
これが結構効いてすぐに所沢へぶっ飛んでいった。

到着したのは午前6時ぴったり。

さっそく受付を済ませる。

ブルベカードをまずは発行

家に届いたハガキと引き換え

DSC_0155.jpgDSC_0156.jpg

脅威の出走番号が777とラッキーセブン!

初めてから縁起が良いっ

続々と集まる人達

DSC_0157.jpg


埼玉の総長さん的な人は、こいつらみんな変態だ!みたいな事言ってるし・・・

凄く賑やかです。



6時40分 ブリーフィング

一般的に気を付けてっって事と、コースの説明

DSC_0158.jpg

そして、車検が完了次第スタート!

DSC_0159.jpg


今回ブルベ初の人が全体の2割程度
小田原初めてが7割程度

とりあえず様子見の為色々な人の後ろをついて走る。

右へ寄れーの手信号
止まるよーの手信号

これ結構大切ね。

後、コースを指さして曲がるのは後ろの人への親切

ペースはその列の遅い人に合わせてるのか?だいぶ楽でした。

それでも、18.8km(平均)

スタートから今の今までズーットwkwkが止まらなく、心拍数は190とか指してる

ただ、20km地点当たりで問題・事故の様な物が他の人ですがあって、wkwkを抑えて走らないといけないと悟った。

安全第一よ。

相模川を越えPC1へ

既に神奈川県なのに、何も食べてきていない。

まぁ前日に暴食したのでそのエネルギーが残ってるのが幸いだった。

DSC_0160.jpg

このレシートは必ずブルベカードに挟んだ上、ジップ付きの防水ケースに保管が必要。

これがエビデンスとなる。

ここまでで貯金1時間

帰り道に向かい風になる事が避けられないので、もう少しペースアップしてもいいかな?

例の国道1号へ出てきた時にゃ即キャノボルートなのでどの位置なのかがわかった。

それにしても1号は混んでる・・・

みんな熱海方向へ行きたいのかなぁ

海は波1mくらいありそう。

前日の大雨で空気が綺麗になってる。

ただし、箱根の北側がどんより曇っていた。

PBPの反射ベストを着た人達に紛れて初チャレンジの俺が後続に付く。

PBP反射ベストカッケーとか思いつつ自分の反射ベストのかっこ悪さに呆れちゃう


小田原市街地も少し雲が残ってる感じ。


DSC_0161.jpg

早川口から少しやまなりになって、そこから本格的な上りが始まる。

標高は300mくらいで、斜度14%くらいかな?

存外丁度いい上りだと思う。

会長さんが待ち構えて 「アウターロー!」って騒いでるw

恐ろしい

オーシャンビューが綺麗な一夜城駐車場に到着

ここが有人PC

桜が綺麗に咲いてる

DSC_0163.jpgDSC_0164.jpg

ここでボトルの給水を行い颯爽と下り坂を堪能






この景色に新幹線が抜けて行くもんだから良いったら


目の前にはなんか見覚えのある非常用袋が・・・・??

この方SR600の動画で見た人だっ!

袋で覚えてました。

ものすごくペースが早く、第3PCで居なくなっちゃいました。。。

DSC_0167.jpg

スマホも充電が無いー カメラも残り少しー

脚も売り切れー

そんなヨタヨタの中所沢へたどり着いたのが出発から11h10m(6:10)の日が暮れた時


ダルマストーブがお出迎え!

DSC_0168.jpg

スタッフ「初ブルベどうだったー?」
俺「ぐうううう」(唸り声)
スタッフ「そりゃよかった!」

11時間10分は初では早い方だという事でSRを取る事が確定されましたorz

そして、椅子に座ってトン汁等頂いたのですが、ブルベ終わった瞬間から足がガクガク


その場で貰える(1000円)200kmメダルをぼんやり眺めるのでした。

DSC_0169_201602220013184ce.jpg



↓よかったらこのボタンポチッっと押してやってください



target="_blank">
src="http://www.blogmura.com/img/www88_31.gif"

width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキ

ング・にほんブログ村へ" />


href="http://www.blogmura.com/ranking_out.html"

target="_blank">にほんブログ村









2016/02/22(月) 00:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画