初心者時代 - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
大晦日

2018年色々走った


今年は、年越し宗谷岬に始まり

7月に非公認SR600IHを走ったり

8月にはAroundHokkaido2400を走ったりした。

ろんつく食団は3月より始動し、総勢20人程の団体を形成して食材集めをした。

12月になると、ろんつくハウスの管理人にもなった。

まだ、落ち着いてはいない中、2018年も終わりを迎えようとしていた。





1日のスタートはゆっくりと。

朝飯はお餅

自分のお餅は、醤油に砂糖を入れる甘だれ系だ。

ゆっくり準備を済ませ、妻がボトルに水を入れてくれた。

ローディー同士だからわかり合える段取り。

ろんつくハウスは毛呂山町にある。

武蔵野霊園前でGPSをオンにして埼玉医大前から新バイパスを一気に下る。

北風もあり、平均速度44km/hという物凄い速さでここはセグメント1位を獲得。(まだ新設したてだし)

そこから、日高の武蔵台を抜け、山伏峠へ抜ける県道70号経由で根の権現へ行く。

ニトリでお手洗いを借り、市道に入る。

山に一本入ったのに、市の大型バスがギリギリを走る。

坂戸市や毛呂山町みたいにハイエースコミューターにすれば良いのにとおもってしまう。
( ´∀`)

RoadQuestから、どこがセグメント区間を探し出す。

https://www.road-quest.bike/

峠がどこにあるのか、どういう道なのかを皆がレビューするシステムだ。

自分も作成に参画しているけれど、遠くへの遠征や、細かく道を知る為には非常に便利だ。

セグメント入口までしばらく緩い斜度を登る。





しかし、測定セグメントに入る前から心拍数が160台を出している。

直前のコンビニでメロンパンとヨーグルトを食べた

多分、血中糖度が上がっているから、上がりやすいのだろう。

でも、ここまで露骨に変わる物なのかと思う。

高強度を出す為のプロセス研究に最近は手を出している。

いつもロングでは餓死寸前で走っている様な物だったと、今なら思う。

セグメント入口で脚を付く。

ここから大きく右に曲がるとGPSがセグメントに入る。

心拍140から一気に突撃する。

道は非常に狭め。

入口は特に狭いし住宅で見通しが悪いので安全に入る。

ここで脚を上げても奥手の悪魔に脚を殺されるだけだ。

横にも上にも変化する。

山頂の根の権現はお寺だ。

道路脇の道祖神がじっとこっちを見ている。

奥に入れば入るほど、斜度がキツく、激しく横に振れる。

路面がいよいよ横に深い切れ目が入って、生コンの様な質感になる。

こんな道路は、厳しい雪国でしか見たことがない。

そして、ラスト3カーブ

27%という異常な斜度を登ると根の権現入口にあるお店が見える。

多分、カーブの所で400W以上は連続で強いられていたはず。

満身創痍で最後の直線をダラダラと登るしか無かった。

そして、頂きでハンドルに肘を置きうなだれた。


根の権現(裏の激坂)の感想
「クレイジー┐(´д`)┌」


5分停滞した後、即降りに入った

「あまりに寒い!」

14時なのに日はすでに陰り始めていた。

上で汗をかいた状態で止まってればそりゃ寒い

降りでさらに冷える。

日向で一回休息し、再び下ると自販機があったのでそこで大きめの熱量を持っていそうなコーヒーを飲む。

なかなか体に効く。

国道299はあまり好きではないので、できれば奥武蔵グリーンラインへ移りたい。

顔振峠に登り、鎌北湖経由で帰る作戦

林道を登り、いつもの180度ターンする交差点に出たので、鎌北湖方向へ進む。

奥武蔵グリーンラインは下り基調だけど登りもあるので、鎌北湖までは脚を残したかった。

ある程度ゆっくりと奥武蔵グリーンラインを走破した。

道中、凍結痕があった。

この間走った時より道が非常に綺麗に清掃されていたので助かった。

鎌北湖まで降りて来た。

ここからろんつくハウスまでは10分くらいだ。

2018年走り納めの記念撮影をして、今年は終了。



家に帰ると、嫁が親子南蛮を作って待っていてくれた。

大晦日の夜は、湯の泉草加健康センターで過ごすことにした。

近場に24時間or夜間にやってる健康センターが欲しいなと思った2018年年末でした。

2018/12/31(月) 22:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
1日中、山に籠城しよう。
というのも、色々不足を感じておりまして、実走やら、獲得標高やら、写真撮影も含めて・・・・
色々やっておきたい欲に思いを馳せながらZwiftしていたり。(脚力貯金ね)
今年は例年より超早い桜シーズン
行こうではないか!
久しぶりの外出にアタフタと
ロード歴で言えば、4回目の春を迎える事になるので
季節感に合わせた着衣選択が出来る様になってきたかなぁと(今更!?)
等と準備を整え出発
4月の頭はまだ朝の空気が冷えてしっとりしており、昼間になると日差しと汗対策に追われる
その為、大事なのは携行サイズの防風対策
ポッケに入る大きさのウエアをフレームバッグに仕込んで走り始める。
越生線と桜
IMG_5499.jpg
今回、初となる表の定峰登りを経験しようと思う。
地元なんですよ
地元なのに行ったことないのおかしくない?
奥武蔵の山々は、そんな甘くない。
魅力的な美味しいもので溢れてるっ
特に定峰はどうしてももう一つの彩の国ふれあい牧場及び、天空ポピー方向へ足が向いてしまう。
普段は超長距離で県外遠征
せっかくの秩父攻略だ
使ってない道をどんどん攻略しようじゃないか!
定峰入り口に差し掛かる
人慣れした猫さんが道路でたむろしていた。
IMG_5508.jpg
花粉が酷く飛び交ってる中、猫に花粉症は無いのだろうか・・・・・
定峰から上りは車載量的にもコース全体像的にも心拍を上げられない
160bpmをMAXに設定してじっくり登って行く。
下界を見ると、一部の森林から花粉の粒子が目視できる
目が痛いわ鼻水出るは酷いっ(´・ω・`)
フレームの黒い部分にもびっしりと粒子が見える。
そんな状況でもやっぱり山に入って行ってしまうのはライダーの性だから仕方ない
朝一で山頂はライダー達が多い
この日はどこかのブルベが定峰峠を目指すらしく、twitterで定峰ナウをしたらブルベと勘違いされたw
IMG_5516.jpg
激下り坂を下ると秩父だけど、直ぐ美の山公園へ向かってヒルクライム開始っ
平地なんか今回無いっ!
桜が両サイド満開の中を只管ヒルクライムしていくと、向こう側に武甲山が見えた。
IMG_5520.jpg
さすがに秩父側の山の上の桜はまだ少し早いみたいだけど
だがそれが良い
IMG_5525.jpg
桜と空に向かって只管ヒルクライム  登れ登れと進む。
美の山公園の裏手から再び下り、新緑間近を感じながら町に降りた。
長瀞の少し先から秩父を外周する形で周遊
目指すチェックポイントは「秩父華厳の滝」
また、なだらか?な登り道を進んで行く。
廃校かな?
IMG_5539.jpg
橋で渡された所に学校がある不思議な印象の学校だ
秩父華厳の滝入り口から少し崖を徒歩で行く。
想像以上に華厳だった
IMG_5552.jpg
IMG_5550.jpg
4月で水量が増してるらしいけど、それでこの水の澄み方
滝つぼは石で構成されているので夏に泳ぎたいっ(遊泳禁止かどうかは解らないけど)
その後秩父市街地まで南下する。
IMG_5557.jpg
一回秩父神社の春の景色を拝みたく行ってみる事にした。
大正解!
IMG_5566.jpg
IMG_5571.jpg
IMG_5575.jpg
IMG_5570.jpg
ゆったりと時間が流れる場所だっ
うーんこのまま輪行で帰ろうか
(とは思ったけど時間的には余裕)
そのまま正丸峠及び、刈場坂峠正面を走り、奥武蔵グリーンラインを走るコースで帰ろうっってなった(どんだけ上下するねん)
いつものR299から飯能へ抜ける山伏峠方向へ走り
そのまま正丸峠に入る
ちょっと登ると正丸峠山頂っ!
IMG_5576.jpg
IMG_5577.jpg
一回激坂下った後、刈場坂峠
IMG_5584.jpg
山頂の出店で腹減り過ぎて補給!
IMG_5585.jpg
キツネの油揚げの塩っけが良い良い良い!!!!!
このまま奥武蔵グリーンラインを下るだけで鎌北湖
ここで今年の桜の異常性を改めて思い知る。
鎌北湖の桜は例年4/15とか4月半ば
それが今年は4/1にはこの有様\(^o^)/
IMG_5586.jpg
IMG_5588.jpg
ヤバイ 今年の夏は暑さにやられるぞっ 対策を練らなければ
ってな感じで帰宅したのでした。
2018/04/02(月) 23:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
朝8時から輪行で1時間半
坂戸駅からいつもの様に東上線の先頭車両に乗り込み、窓の前を陣取らない様に、輪行袋の紐を手摺にくくりつける。

古本を片手に持つ綺麗なご婦人が、「これは自転車?」と尋ねて来る。

良くある会話だ。

「はい。これから皇居の前を走りに行きます。」

そう今日はパレサイの行われる日曜日

あいにく以前はサミットがあった都合で警備が手薄になるから、との理由でパレサイを逃した俺だった。

キャノボの話なんかをすると、昭和40年代の東名が全線開通した時の事なんかを話してくださって大変面白かった。




池袋駅では久しぶりに迷子になった。

何しろ、丸の内線に乗った事が無い。

10kmばかりの巨大な袋を引っ提げて、構内を看板頼りに歩くのだが、一向に改札口らしき場所が無いじゃないかと憤慨する。

ターミナル駅は苦手だ。

あたふたしてるうちにようやく、運よく現れた改札を通り地下の深くに居た電車に乗り込む

山手線をいつも使ってたのに変わった事をするものじゃぁない。




東京駅から一直線に皇居へ向かうと

日曜の10時~15時まで自転車解放区となっている。

尚、レンタルサイクルもあるので、手ぶらの家族なんかも一緒に楽しんでいたりする。


親と子は手を繋いで歩くというプロセスから、自転車で自由にさせるわけだから当然フラフラ走ってしまい高速巡行している自転車とぶつかれば大事故であるので、ローディー達は留意して走る事になる

尚、東京のど真ん中なので観光客が沢山皇居へ訪れる

コース(ステージとこの記事では呼称する)では、横断歩道に対し信号順守しなくてはならない。

要するに景色を楽しめっって事

コースは3車線3車線の両6車線を大々的に貸し切って走れる片道1.5km 往復では3kmのコースとなっている。




日本一整理されたビル群と、左手にある日本文化の象徴である陛下の居られる皇居を颯爽と走るのはさぞ気持ちいい

自転車乗りとしての社会的アイディンティティを物凄く満たしてくれる

何十往復して流石に休憩を取りに溜まり場のベンチに着席をする。



すると、一気に自転車乗り達に囲まれた

正確に言えばお久しぶりな人々が沢山雪崩れてきた

GSRカップでは何百人も撮ってきたので、ここでは撮られて無い人の方が珍しいのかもしれないです。

俺の自転車の試乗とかもしてもらって、回りが良いとの事

そういう物かなぁ??と思いつつ、やっぱり自転車屋店長には毎度毎度感謝感謝です。





自転車屋さんの選び方は俺の場合簡潔で、チーム育成と結果が並外れな事です。(もう、お付き合いから3年経ちますね)

自分が感じた事や回りと比較した時の感じや、立ち止まった部分を重点的にアウトプットすると、それを自転車という形で店長がチューニングしてくれるという

DSC_9947_201609262219593d0.jpg

残念なのは、一眼レフを持って行ったのに、SDカードを忘れてしまった事です。

カレンダープロジェクトも色々難があります

フォロワーさんで湾岸さんという現役メッセンジャー方と一緒に上野まで一走りして本日の走行は終了!

日中に家を出て行き、日中に帰って来る健全なライドは本当に久しぶりです。

それが本来普通なのにね。




2016/09/26(月) 22:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画