FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
自転車
キャノンデールCAAD8 2013
カレラ フィブラevo 2017

カメラ
Canon Eos60D
EOS40D
18-35mmF1.8HSM
70-200mmF4L IS USM

SONY AS100V
SONY AS50

twitterID @akacame
旅に出る際は休憩中に一眼レフの画像をアップしたりしてます。

大阪東京23時間59分48秒
ブルベSR取得(22歳)
大間埼玉1000km73時間
北海道1周2000km 7日18時間
SR600

 
Strava
Strava
 
動画
 
ニコ生トレーニング生放送
 
 朝5時  既に輪行の準備を済ませた私は、坂戸駅のベンチで休んでいた。

始発を逃すと、朝7時発の越谷ブルベには間に合わない

乗り換えは、東上線は北朝霞からすぐJR武蔵野線へ乗り換え、東川口駅から自走で出羽公園を目指す




今回のオダックス埼玉の300kmのブルベは越谷発日光東照宮の往復コース

実はフルで復路が同じ道を使うというのは初めてだった。

多分、参加者全員とスライドが楽しめるだろうと、期待を込めて走る。




と言って東川口駅を出ると・・・・

まぁいつもの如く雨が酷い

出羽公園に着いたが、4月と言えど寒い。。。。

でも、良い!

ブルベは悪天候の方が達成感が強いというのは毎度毎度経験している。

むふふふふ

DSC_0191.jpg


そして、皆慣れた装備でこの雨を過ごす。


いざ!東照宮!

DSC_0192.jpg

越谷から利根川までひたすら東を向いて走る。

スマホの目覚ましが誤動作してうるさいけど気にせず走る。

放置しておけば、鳴りやむだろう・・・・

1分経過

2分経過

3分経過

4分経過

5分イラッ

信号で停止した瞬間即刻スマホの電源ごと落とした。

もう!ロングライド中に邪魔しないでっ!

やはり、街中の雑音一つ一つ

雨音の一つ一つが私にとって貴重なサウンドであるのだからほんっと邪魔しないで!!!!!

利根川河川敷まで出たら北上するが、ここから向かい風がシンドイ

カレラ乗りの剛脚の人に引いて貰ったけれど追いつけなかった。。。。。

速いなぁとマイペースに切り替えPC1が少し標高が小高い106.9kmの栗野だったので、その手前の宇都宮市街地で一回足休めに補給を捕る事にした。

雨がやんで路面が少し乾く前なので、コンビニの前が座り難い。

一気に食べ終えるが、コースを通り過ぎるランドヌールが一人も居ない。

なんか変だなぁと思ったけど先に進む。

宇都宮を抜け、相変わらずドンヨリした雲の中山間を抜ける。

PC1の手前5km

突然ウエアに当たる雨の音がカラカラと変わり出した。

最初は「みぞれじゃん!」とか思ってたらまたたくまに3mm弾の雹に変わった

サングラスと顔の隙間から打ち付ける雹が顔へアタックして凄く痛い

「痛い”」と連呼しながらすぐPC1へ入り込んだ。






北上して山に突入する。

標高は600mまで登る。

300kmという全体像から考えれば比較的平坦コースではある。

標高600mは山間であって、その両脇には1000m以上の山等がそびえる。

4月に入ったとしても、目立つ大きい山の山頂は薄っすら雪が積もってるのが見える。


DSC_0195.jpg

この川を遡上して行くルートなのが素晴らしい

ヒルクライムが苦手な人にとっては永遠と続く登りにうんざりするだろうけれど、最近山岳マンになろうと決心したので

心構え的に凄く余裕感があった。

冠雪と桜のコンボの光景が美しい。

青空だったらもっと素晴らしかっただろうなぁ


しかし、こう天気が悪いのも悪い事ばかりじゃない。

そろそろ日焼けする時期・・・・対策を考えなくてはならないが、今日はそれを考える事は無い。

素晴らしいじゃないか!とプラス思考で着々と登っていく。

一旦最高高度まで登りそこから少し下ると日光東照宮市街地

山に囲まれた観光地だ。

東照宮までの道は電柱が地中化されており、山が凄く綺麗に見える

そして、東照宮前は外国人観光客でにぎわっていた。

すぐ脇のファミリーマートがPC2

丁度150.1km往復地点だ

山を登ってきて汗をかいたせいかボトルの中も空になっていたのを補てんして山を下る。

しばらく下ると登って来るランドヌール達に手を振る

皆、雨に打たれてお疲れの模様

少しは昇るけれど、PC3まではずっと下り坂

50kmの全自動運転の最中の中、カレラ乗りの1番早い人を除く、全てのランドヌール達とスライドできた。

PC3のファミリーマートにサイクルラックがあったのでかけようとしたが、どうも高さが足りない。

「低いなぁ・・・」とため息交じりの苦笑いを噛みしめいつも通りコンビニの端に自転車を立掛ける。

低いなぁ

少しまったりしたが、後ろのランドヌール達との距離差が大きいらしく、全然現れないので早々に諦め先に行く事にした。

何しろ、帰りの電車が23時辺りで乗らないと自走で帰る羽目になる。

結構辛くない・・・・?

7時発で22時着ならば認定時間は15時間台だ

さらに山を下り宇都宮へ戻り国道4号沿いの脇を抜け日が暮れる。

PC4のセブンで自分にガンバと応援

甘いご褒美を胃へ放り込む

DSC_0199.jpg

後50kmなので、平均25で走れば2時間くらい

もしかして13時間台に乗れちゃう?と少し期待してライトを通常より明るくして路面の識別力を上げてみたりした。

でもまぁ、自然ってのは無慈悲で、行きも向かい風だったのに、帰りも向かい風だった。

酷い( ;∀;)

そんなクタクタの中ゴールの越谷に入る時、一人のランドヌールがいらっしゃった。

どうもDNFして自走で帰ってきたみたいだった。

ナイスガッツ!と心の中で応援した。

そして、再び越谷の出羽公園に到着した。

DSC_0202.jpg


認定時間は13時間50分/300kmだった。

DSC_0200.jpg

スタッフの人も「早くなったね~」と言ってもらえた。

いえ、違うんです

終電が”!来ちゃうんですーーーーーーーーーーーーーーー!


続きを読む »
2017/05/14(日) 22:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BRM218はオダックス埼玉による300kmブルベ
アタック那珂川(nakagawa)

この300kmを終了する事で、ブルベ1年生は終わりになります。

遡る事、BRM221 アタック小田原からブルベを始め、6月にはSRを達成し、10月には1000kmブルベを想定外で達成した

やっと一周したのだと感無量。

装備も1年間で揃え続けてやっと着地点が見えてきた。

まあ、重心が高いのは仕方ない様な気がしなくもない。

IMG_0156_20170226201445828.jpg
過去の写真より:1月3日の千葉県にて撮影




今回那珂川のルートは、埼玉600kmアタック磐梯山のPC2までのルートを往復するルート

いってきた

季節が2月と6月で違い過ぎるので、厳しさで言えば今回の方が厳しいだろうなぁと予想しつつ、いつもの丸々とした防寒装備を着こみ、車で入間川河川敷へと向かった。

今回は相棒と一緒に走る。
入間川でおちあい、レッツゴー

DSC_0035_201702270011233c1.jpg

~ST-PC1~
という事で、相方とゆるりゆるりと走っていく。

私「わーい!ここ凄い!榛名山 赤城さん 谷川岳 男体山 筑波山 秩父の山々 全部見れる場所!!!全部登ったーーーー わははははははは」と異様にテンションが上がってた。

相方はそれにドン引きしていた。

加速の取り方から等速の取り方、クライム耐久力までが一つ一つ性質がお互い違うので、ペースを合わせるのに四苦八苦

Freshとかでは、その点「ルール」の緩い言い方で「お約束」とかを作って
例)加速はゆっくり行う    とか
例)休憩はこのとき取ろう とか決めるらしい

そうする事で、他者とのギスギスしないライドにできるそうな

そういった一工夫を知るよしも無く四苦八苦してた

相方の体力の温存の為に前を走ると知らぬ間に離れてしまっていたりした

後ろに付くと相方のペースが上がるのが分かる

よく分からないけど、前走るより後ろ走った方がペースが上がって、DNFギリギリタイム(avg18.0km/h)50km地点なので、休憩をなるべく取らない様に促したりした。

今のペースが限界値であれば、ゴールした頃には2km程疲労係数で下がってたりするのは当然の事なのだ。

そこら辺は1年という短い期間、集中して分析してきた経験則で知ってる

PC1  91.5km ファミマに到着 到着した時点で貯金残高が丁度1時間 11:08

ここから休憩を取ると30分くらいかな?相方を見ると弁当を持ってる

どうもカロリー不足みたいだ。

一方の私はふざけた補給食(お菓子類やアイス)を買い込んでる

こりゃ30分で収まりそうにないな・・・・・




~PC1-PC2~
ってな感じで、下手な補給を取って早速貯金残高がわずか20分となっていた。

この先210kmあるので、正直不安が頭をよぎる

少し右手に筑波山を眺めつつ国道294号の広い路肩を走りつつ考えた。

まあ、俺が考えても辛いのは相方だ ガンバレ! と心の中で励ましてみる。

国道を逸れる頃、二人は辛い睡魔に襲われていた。

ただただ変わらない平野の景色に飽き飽きしていた。

眠くなるタイミングは皆一緒って事ですな。

思わずファミマに立ち寄りして少し食べ物を咥え、また走り出す

そうすると食べる欲求を満たし少し頭が回転し始める

そんな時、そろそろ山道に入る

非常に楽しい  楽しいのだが、相方に坂は一番辛い様だ。

相方は押して歩きはじめた。


私は歩くと3倍疲れるという計算式を知ってるので絶対に自転車から下りなで後ろをスタンディングギリギリで追走していた。

でも、私は知ってる
この先に絶景が広がってるのを

後少し!後少し!という励ましの詐欺言葉を投げかける

少し坂が緩い場所で再び乗車を促し登って登りのゴール!

そんな里山を幾度となく越えやっと

PC2  151.3km 那珂川のローソンに到着した 15:08

貯金は減らずに58分だった。

そしてまた食べてはその稼ぎの時間を浪費するのだった。

ランドヌール最速とよばれる主催側の人は、「疲れたというのは気のせいだよ!」と最もヤバイ言葉を送って励ましていた。


~PC2-PC3~

日が陰りを見せる頃に差し掛かる

ここからが300kmの勝負 夜間ライドだ

北風が若干あったのでその風が追い風になる

既に時間的貯金は20分程度になっていた。

後150kmあって疲弊した状態

想定内だけれどヤバイ

まあ、幸い半分来れば焦る必要はない。

理由は簡単追い風効果だけは期待できる。

と、思ったのだが・・・

あんまり風強くないね!

そういえば、行きで辛く無かったっけ

あはははははは

でも、標高200m分を下る

結構体力が回復する。

国道294を快調に進み結城市のコンビニで何故か皆休んでいる。

私達も同じく入っていった。

少し休憩を取りまた出発

真っ暗なわたらせ遊水地を走り利根川を越えれば

PC3セーブオン 248.7km大利根砂原店だ

クローズ22:36に対し、21:40着

1時間貯金があって残り50km

動く気力が相方と共に喪失しかけてる。

補給を済ませ、クローズ20分前にスタート

パンクさえしなければゴールできる

しかし、想定外というのはよくある話だ。

~PC3-G~
川越より手前

急に冷え込んできたと思った

そしてとうとう降って来た雨?

にしてはずいぶんと軽い雨粒だった

みぞれだ。

そしてその量!

関東にしては珍しい

吹雪だった。

DSC_0046.jpg

私はこの状況程度じゃ右往左往しない装備だったが、相方はどうだろうか・・・・

というか現在も走行中のランドヌール全般的に大丈夫か・・・・・

しかし、既に日付が変わった12時

電車でDNSも叶わないだろう。

そして相方も臓器がエネルギーを受け付けずに永久ハンガーノック状態になってる。

さぞ寒いだろう眠いだろう。

そんな時の対処方法はせいぜい応援だ。

足が止まっては後ゴールは2kmだ! 1kmだ! 500mだ!

と励まし続けた。

そしてゴール!

クローズが2時の所1:20分と40分程の貯金でゴールした。

そしてゴールのストーブで相方と一緒に当たり疲れを癒した。

オダ埼の恒例味噌汁をこんな時だからこそありがたく頂き睡魔に倒れるのだった。



2017/02/26(日) 21:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 愛鷹山は富士山の静岡側の目の前にある山の事です。

静岡県は自転車で最近は行き慣れてる←異常な感覚 のですが、自走で往復だと初めてだと思います。


今回の天気は1週前予報くらいで50%くらいでどんよりとしていました。



ただ、スタート地点は曇っててなんとかなるかなぁと

DSC_0203.jpg



そして恒例のブリーフィング



DSC_0204.jpg




スタッフの人「第1PCまでは厳しいので真剣に走ってください」

皆「は~い」

ってわけで今回の番号は「671」

相模までは2時間ちょっとで平均速度は20km程度

相模に入ったとたん雨に凄く振られて死にそうになりました。

ただ、上着は用意してあるのでそれを着こむ事に。。。

結果1週前に走った時より2km/h程度は速度が落ちてました

距離と時速ってのは道路事情に正直なのかもしれないです。






ここから道志道(1000m程度)

山中湖までずーっと登りです。

実直に上っていくのですが、いかんせん長い。

集団走行も山道で結構ばらけるんですね。



登りはずーっと一人旅



そしてPC1

DSC_0205_20160322000318a39.jpg


すこーっし多めに補給

何しろ上ると寒くて

IMG_9032.jpg

そして山中湖で撮影



ここから籠坂峠を下ります。


そして、下がったと思ったら今度は愛鷹山へ


富士山の裾野が開ける国道411はブルベのボーナスステージ

無あ題


子供の国入り口

DSC_0206.jpg

通過PCは誰もいないのでとりあえずレシートだけもらっておいて沼津へ向かう。

斜度10%をずーっと下っていき国道1号松

死ぬほどつらい大阪からだと400km地点で、今も昔もクタクタな道

沼津は晴れ

本当の第2PC

ここでオダ埼の人に写真を撮ってもらった



サイトアップ待ち中

ここから箱根迂回の246のさらに迂回路を使って超えて行く

ってすごく山が曇っているんですが・・・・



そしてこれ

ツライ・・・


DSC_0207_20160322002359390.jpg



山から下りるとブルベライダー総じて凍えて凍えて


俺はハーフカットの手袋だったので死にそうなのでコンビニで作業手袋を買いました。



足もぐちょぐちょ


後100kmやでええええええ



朝走ってきた道と合流


グダグダな中ゴール!



15時間50分(白目)


DSC_0214.jpg



色はシルバー

そしてツカレターーーって自走で入間から坂戸へ帰るのでした・・・・・・・




!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



Oh,,,,,入間のスタート地点に車忘れたー


DSC_0215.jpg


入間まで戻り追走で30kmという結果。。。。。
2016/03/22(火) 00:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |