FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
自転車
キャノンデールCAAD8 2013
カレラ フィブラevo 2017

カメラ
Canon Eos60D
EOS40D
18-35mmF1.8HSM
70-200mmF4L IS USM

SONY AS100V
SONY AS50

twitterID @akacame
旅に出る際は休憩中に一眼レフの画像をアップしたりしてます。

大阪東京23時間59分48秒
ブルベSR取得(22歳)
大間埼玉1000km73時間
北海道1周2000km 7日18時間
SR600

 
Strava
Strava
 
動画
 
ニコ生トレーニング生放送
 
稚内駅から札幌までは、ishima氏の仲間のけーすけさんの車に乗っけて行ってもらう。

元旦からわざわざ往復約700kmも申し訳ない。

しかも、リクエストも実はワガママを聞いて貰おうと思っていた。

冬のオロロンラインをどうしても見たい!

稚内駅に近づいてる情報が入ったので、稚内駅へ我々も急ぐ


稚内駅12時合流!

けーすけさんに挨拶も終え、すぐに車載

IMG_1506_2018021800080961a.jpg

本題のオロロンラインも快くOKを頂き、一回セイコマで補給を買いだめして出発!

抜海のアザラシちゃんの所へっ!

雪の上を走ると、居た居たアザラシ!の禿げ頭!

DSC_0345.jpg
IMG_1513.jpg

アザラシは、こっちをガン見しては海へ潜り、再び浮上してずっとこっちを見てる

こっちが向こうに興味があるのではなく、あっちがこちらに興味がある様だ。

凄く・・・・未知との遭遇感がある。






オロロンラインを南下し、いつもの地平線をいつもと逆走で走る。

やはり、自転車と違って、速度が全然違う。

バイクの人達にとって、この直線はほんの一瞬の出来事なのではないのか?

そう考えてしまった。

IMG_1548.jpg
IMG_1566.jpg


そして、ただただ美しい直線と曲線と、海と雪

IMG_1579.jpg
IMG_1581.jpg
IMG_1588.jpg
IMG_1599.jpg
IMG_1612.jpg

そして、除雪車が道路をガリガリ引っ掻いて、道から火花が出ている。

非常にソレがキツイ匂いの原因で、後ろをあまり走るのはオススメできないw

IMG_1610.jpg

留萌から内陸側を走る。

昨日から仮眠程度しかしていなかったので、ここで一気に意識が遠のく。




札幌中心街

IMG_1641.jpg

1月1日にやってる焼き鳥店を探してもらって、そこで一杯頂き、その日はishima氏の家にお邪魔する

明日は、けーすけさん+パンダさん+ishima氏+自分で雪の無い地域(苫小牧のちょい西)を走る事に。

そこならロードでも大丈夫!との事





4台のロードバイクを大雪の札幌大爆走

学生達に凄く笑われてるのに気が付く我々

立ちはだかる除雪車の編隊

凍ったグラベルを車で滑り走る駐車場探し。



北海道スゲーってなっていたw

IMG_1646.jpg
IMG_1650.jpg


という訳で、社台駅付近からスタート!

ここから苫小牧方向へ走る。

IMG_1651.jpg

北海道の人達は、冬季保管していたロードバイクを出して来て、今日は泥だらけにして帰るというオチが付いている。

裏の農場では馬が居た。

ソーッっと近づく

んーーーーカワイイカワイイ!

IMG_1661.jpg
IMG_1662_20180218003219e38.jpg

と、赤カメラが近こうとすると

全力で逃げられる。

「ちょ・・・・イカナイデーーーーー」

IMG_1658.jpg

気温は0度を上回り、路面凍結もしていなかった。

その分、雪が解けて足回りが濡れる。

やっぱり、マイナス気温の方が装備的には楽

寧ろ1~3度辺りが一番厳しいのかもしれない。

IMG_1663.jpg
IMG_1669.jpg

完全防水の登山靴を履いてるお陰で足回りは勝利したっ

樽前山と、以前のFleche中に撮影した天の川の撮影ポイントを通り過ぎる。

IMG_1668_20180218003408883.jpg

けーすけさん「ちょっと行ってみよー♪」

とグラベルを突き進む

グラベルキング(26C)を履いていたけど、沈む沈む 関東と何がこんなに違うのか

うっ動かん!!!!!!!!

IMG_1690.jpg
IMG_1691.jpg
手慣れた様に走る北海道の人と、ふんぎゃあああああああああと走る赤カメラ

ジムニーが欲しい

IMG_1692.jpg


融雪剤の付いた車体を綺麗にした後、車載して、食事と温泉へ行く事に。



食事は「わかさいも本舗 登別東店」
ぷりっぷりの揚げ物なんて中々食べれない

IMG_1700_20180218004947286.jpg
IMG_1694.jpg
IMG_1696.jpg

下はお土産屋さんになっているので、上司向けに鹿肉をチョイス

わかさいもという芋の御菓子が有名



そして温泉!鈴木旅館さんにて!
IMG_1701.jpg
IMG_1704.jpg
IMG_1705.jpg
IMG_1706.jpg


お向かいでは温泉×卓球と、良い雰囲気の場所だった。

IMG_1707.jpg


文字が良い
IMG_1709.jpg


温泉は、熱さが3種類ある。
赤カメラ体温計だと、40度(ぬるめ) 43度(キツメ) 46度(入れぬ)

43度で身体を温め続ける。





相変わらず日暮れが早いもので、札幌に辿り着く頃に日が完全に落ちていた。

以前から興味惹かれていたファットバイクに乗らせていただく事に♪

雪に突っ込んでは笑顔溢れる。

そして、ギア的には全然オフロード高速巡行でも足りそうな感じがあり、折り畳みすれば輪行も出来る。

これ良いぞ・・・・・

DShmE-BUQAAU5Rb.jpg

そして謎のサークルを残す。



けーすけさんと、パンダさんにお別れをして一旦ロードバイクをishima氏の家に片づけた後、札幌を一緒に散歩

初詣は北海道神宮で!

※砂利に見えるけど氷なだけです。
IMG_1724.jpg
IMG_1741.jpg
IMG_1738.jpg


おみくじの結果はあああああああああああ

「中吉」

むふぅ・・・・・

IMG_1735.jpg





~~~~~~~北海道最終日~~~~~~~~

朝から市場へ赴き、お土産の鮭を入手する。

in札幌市中央卸売市場

札幌市街地側から入場したため、値段の安い店が手前になる形だ。

紅鮭を1万円 送料等等で1万4000円程度で調達。

お寿司をたらふく食べる。

そのあとはishima氏の家で箱根駅伝を見る。

二人で行った日本橋元標を選手たちが通り過ぎるのを見てた。

その後はラーメンを食べに行ったり、ゆったりと時間が過ぎた。

IMG_1747.jpg


帰る準備をしたはずだけれど、かなり忘れ物をして出発したw

DSC_0414_20180218011339a42.jpg

桑園駅から苫小牧駅まで行き、そこから船で仙台へ

その先は18切符旅で川越まで出て、坂戸へ。

さらば北海道

IMG_1782.jpg

2018/02/18(日) 01:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
むくり!

テントの中で睡眠を取っていた。

大体2時間くらいは普通に寝れた

足の上にはカイロを貼り、その上からテント内用の防寒靴下を履く



丁度20時 そろそろishima氏が来る頃だ。

twitterで追いかけると、近所のペンションを出発した所。

補給食のオニギリを一応お願いしておいた。

セイコーマート寄るのワスレテタw

待ってる間に、大学生勢の団欒の中にダイブしてみた。

薄い火を皆で取り囲み、まさにキャンピング!

心の中ではテンションが上がっていた。

IMG_1415.jpg

そして、先ほどと変わった所が無いか?徘徊

見よ!このアイスバーーーーン!

IMG_1414.jpg

スケートリンクの様だ。

お土産屋さんの気温表示だと-4度

予報だと、この後-2度まで気温が上昇する。

今が丁度寒い時間らしい。

そして、宗谷岬に溢れてる自転車の山!

IMG_1411.jpg
IMG_1410.jpg

控えめに言って頭おかC

ただ、全員スパイクを履いてる所を見ると、非常に場違い感が否めない。

まぁマウンテンなんか持ってないし仕方ないよねっ



少々待つ事ishima氏と合流

セイコマのホットシェフ産オニギリをすぐに胃袋に投入

冬の宗谷岬で記念撮影を終えて、二人でぶらぶら徘徊

ドローンを飛ばそうとしてる人を覗いたり、バイカー達の装備を観察したり。

23時になる頃、有志による建物内でのコーヒー屋が始まったので、そこで0時前まで待つ

こういうの凄くありがたい・・・・・・・とホッっとする。
DSC_0263_20180217230505dbc.jpg
IMG_1420.jpg
IMG_1423.jpg


ワンタンメンを2杯か3杯どんどんチャージしていく。

結露した窓から宗谷岬を眺める。

そして、結露は窓だけでなく、カメラのレンズもっ

すかさずストーブを探し、その前にカメラを置き、湿気を飛ばす作業に取り掛かる。

結構めんどくさいのよねこれ・・・・



23時50分

コーヒー屋を出て、宗谷岬前に集合!!!!!!!!

IMG_1429.jpg

ゾロゾロと取り囲む

カウントダウンの人「残り1分!!!!!!!!!!!!」

全然年越しという実感が無い

そういえば、ブルベの日付変更も正直いつ越えたのか解らん

日付変更や年越しってそういう感覚になったな・・・・・そういえば

「残り30秒」

カメラカメラ(ワチャワチャワチャ)

「残り10秒! 10!9!8!7!6!5!4!3!2!1!」

「あけましておめでとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおございまああああああああああああああああす!」
(ヒューーーーーーン パンッ)有志の花火の音

そして、皆拍手喝采

IMG_1432.jpg

そして、宗谷岬の集合写真と、テレビカメラマンによる撮影

カメラマン「宗谷岬~~~~」 
皆「最高!!!!!!!!!!!!!」
カメラマン「あざああああああああああああっす!」

皆「パチパチパチパチ」

寒い中、長居する人も少なく、直ぐ皆解散して行くのでした。

DTgQ9VAU0AAhIpK.jpg




~~~~~~~~~翌朝~~~~~~~~~

朝4:00頃、風がだいぶ強くなったので、テントを畳んだ後、記念品を受け取りに列に並んだ。

IMG_1440.jpg

そして、5:00頃、南極の曲と共に、稚内市主催の打ち上げ花火が次々と空を彩る。

すげええええええさむぃ花火だ


IMG_1449.jpg
IMG_1455.jpg

この後、稚内市長等挨拶が有り、やっと贈呈式

記念品は、木製の戌年のストラップだった。


日の出は7:16 それまで待機っ

再びコーヒー屋でコーヒーを飲みながら待機していると、表が段々と明るくなってきた。

7:00

再び表に出て、丘陵の上へ続く階段を大混雑の中歩く。

DSC_0318_20180217233836d44.jpg

そして、展望の先に見えたのは、雲の合間から微かにあふれる光

まぁ、来年来ればいいかっ等と気軽に考えていた。

IMG_1475.jpg

北の展望台からはロシアのサハリンが見えた。

IMG_1479.jpg

やっとこさっとこ、皆に挨拶をして

出発の準備を整え、アイスバーンの上を場違いなロードバイクが出発する。

スタートだけスッっとタイヤが空転してしまうが、後は大丈夫。

バイク達はスピードがある分、風に気を付けながら走ってた。

IMG_1484.jpg
IMG_1490.jpg
IMG_1496.jpg
IMG_1500.jpg
DSC_0330.jpg
DSC_0333.jpg


ペンション亜留芽利亜で、お風呂を頂く
500円で、極寒の中かいた?汗を流す。

足先が一気に温まって血管が浮き出る。





稚内市街地入りで思った。

「補給をしっかりとりたい。」

ishima氏と一緒に辿り着いたのは、最北のマクドナルド

道を訪ねる赤カメラ
DSC_0339.jpg








2018/02/17(土) 23:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2017年最後の日  大晦日

羽田空港

10時50分のフライトには十分時間がある。

飛行機待合所でスタバのコーヒーを飲みながら飛行機をのんびり鑑賞する。

IMG_1241-2.jpg





準備・計画

輪行


自転車側はディレイラーを取り外し、雑巾で養生を行った

現地に着いたらザックに括り付け移動

ザックの中にはテントを入れる

工具等は手荷物として持ち込む事が出来ないので、そういった物は全てアピデュラの中へボッシュートしてあげる。

キャンプは1泊のみで、一旦札幌へ辿り着いた時、マットとテントを関東の家へ送り返す。

重さ的にビニール袋に入れても1000円ちょいで家へ送れる。

着る物は特にインナーを中心に集めてきた。

そして、一番最強のジャケットが4諭吉もした。

レイヤリング研究然り、足先の冷えの研究に-4度の極寒の地をメッシュの靴で走ったり

ここまでやって成功しない筈が無い。

そんな思いで眼下の白銀の大地に降り立った。

IMG_1252-2.jpg



12:50稚内空港の小さい荷物受け渡し所の外れで、スタッフが輪行袋を抱えて持ってくる。

IMG_1257.jpg


それを手渡しで頂き、ロシア語も書かれている出口を出て、ロビーから正面出口へと出る。

「サブイッ」

日が出ていても、ここは一応白銀の氷の世界。

そして、昼だというのに太陽が低い

日の出は7時13分
日の入りは15時59分

3時には日の入り1時間前という事だ。

きっともっと北へ、北極圏では極夜(日中でも太陽が沈んだ状態)であろう。

太陽から既に違いを感じる所である最北の町 稚内

もう三度目だが、やっぱりテンションが上がる。

ディレイラーを再組し、雑巾等は現地のゴミ箱に捨てられる

一応空港職員に自転車の空気入れがあるか確認をとったが、無いらしいので携帯ポンプでタイヤへ空気を入れる。

別にそこまでの空気圧はいらない。

走るに支障が無い程度に入れる。

まぁ、それでパンクしたら寒さの中手が寒さに暴露して痛いだろうなぁ・・・・・

とは言え、路面を見るに水が見えるので0度以上はあるのだろう。


組み立て完了♪

IMG_1260-2.jpg

ここから宗谷岬まで只管地平線を走る訳だけれど心して掛かる。

融雪剤の撒かれた自転車に非常に悪い路面が露出しており、路肩が雪が積もって走行し難い

まぁ、車もそうそう通らないのが救い

IMG_1262-2.jpg

そして、この広大な大地が白に染められる中を淡々と進んでいく・・・・・

午後2時で既に日の高さがこれっぽっち

IMG_1266-2.jpg

海沿いの国道に出る。

稚内市はパスし、宗谷岬へ直行

IMG_1272.jpg
こんな筈では無かった路面をありがたく走る

同じ北を目指すライダー達と触れ合う。

IMG_1307.jpgIMG_1319.jpg IMG_1285.jpg IMG_1325.jpg

稚内市の方向もまた美しい

IMG_1277.jpg

宗谷丘陵際を何度か過ぎると、見えてきた宗谷岬

3度目の岬はとても賑やかで、それはお祭りだった。

IMG_1341.jpg

ここまで空港から20km

アイスバーンも程よくあったけれど滑る事無くここまで来れた。

宗谷の駐車場に入る時、ここまで来た事を祝福されて、拍手を頂いたw

とりあえず記念撮影だけれど疲れ切った表情だったw

これから夜越えがあるというのに

IMG_1349.jpg

少し散策しながらテントを張る場所を探す

奥のお土産売り場へ行くと、一足早く辿り着いたUHCC(弘前大学サイクリング部)が居た

赤カメラ「ロード出来ました」
UHCC「ギャッハッハッハハ」

ロードしか持ってないので仕方ない♪

UHCCのメンバーと再び宗谷岬を目指し走る。

マウンテンバイクは些細な段差を楽々乗り越える。

自分はやっとこさっとこその段差を乗り越える

機材差はデカイ・・・・・


再びUHCCのテント群に戻りテントを張って、暇なので宗谷岬に来てる人達探索

IMG_1363.jpg




大きい1200ccバイクが居たり、カブが居たり

楽し気な所だ。

気になったバイク陣の装備で、テールライトの補助として、誘導灯を差してるライダーが多く見られた。

多分地吹雪や夜間走行になったら絶対必要

自転車だって真似できそうな所ではあるので取り入れてみたい



宗谷丘陵の方へ登ると、キツネが居た

いつもと違った宗谷岬に頭を横に傾げてる。

カワイイw

IMG_1374.jpg


赤カメラハウス(クロノスドーム2型)


IMG_1385.jpg

IMG_1390.jpg




続く


2018/01/08(月) 23:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |