FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
自転車
キャノンデールCAAD8 2013
カレラ フィブラevo 2017

カメラ
Canon Eos60D
EOS40D
18-35mmF1.8HSM
70-200mmF4L IS USM

SONY AS100V
SONY AS50

twitterID @akacame
旅に出る際は休憩中に一眼レフの画像をアップしたりしてます。

大阪東京23時間59分48秒
ブルベSR取得(22歳)
大間埼玉1000km73時間
北海道1周2000km 7日18時間
SR600

 
Strava
Strava
 
動画
 
ニコ生トレーニング生放送
 
大晦日

2018年色々走った


今年は、年越し宗谷岬に始まり

7月に非公認SR600IHを走ったり

8月にはAroundHokkaido2400を走ったりした。

ろんつく食団は3月より始動し、総勢20人程の団体を形成して食材集めをした。

12月になると、ろんつくハウスの管理人にもなった。

まだ、落ち着いてはいない中、2018年も終わりを迎えようとしていた。





1日のスタートはゆっくりと。

朝飯はお餅

自分のお餅は、醤油に砂糖を入れる甘だれ系だ。

ゆっくり準備を済ませ、妻がボトルに水を入れてくれた。

ローディー同士だからわかり合える段取り。

ろんつくハウスは毛呂山町にある。

武蔵野霊園前でGPSをオンにして埼玉医大前から新バイパスを一気に下る。

北風もあり、平均速度44km/hという物凄い速さでここはセグメント1位を獲得。(まだ新設したてだし)

そこから、日高の武蔵台を抜け、山伏峠へ抜ける県道70号経由で根の権現へ行く。

ニトリでお手洗いを借り、市道に入る。

山に一本入ったのに、市の大型バスがギリギリを走る。

坂戸市や毛呂山町みたいにハイエースコミューターにすれば良いのにとおもってしまう。
( ´∀`)

RoadQuestから、どこがセグメント区間を探し出す。

https://www.road-quest.bike/

峠がどこにあるのか、どういう道なのかを皆がレビューするシステムだ。

自分も作成に参画しているけれど、遠くへの遠征や、細かく道を知る為には非常に便利だ。

セグメント入口までしばらく緩い斜度を登る。





しかし、測定セグメントに入る前から心拍数が160台を出している。

直前のコンビニでメロンパンとヨーグルトを食べた

多分、血中糖度が上がっているから、上がりやすいのだろう。

でも、ここまで露骨に変わる物なのかと思う。

高強度を出す為のプロセス研究に最近は手を出している。

いつもロングでは餓死寸前で走っている様な物だったと、今なら思う。

セグメント入口で脚を付く。

ここから大きく右に曲がるとGPSがセグメントに入る。

心拍140から一気に突撃する。

道は非常に狭め。

入口は特に狭いし住宅で見通しが悪いので安全に入る。

ここで脚を上げても奥手の悪魔に脚を殺されるだけだ。

横にも上にも変化する。

山頂の根の権現はお寺だ。

道路脇の道祖神がじっとこっちを見ている。

奥に入れば入るほど、斜度がキツく、激しく横に振れる。

路面がいよいよ横に深い切れ目が入って、生コンの様な質感になる。

こんな道路は、厳しい雪国でしか見たことがない。

そして、ラスト3カーブ

27%という異常な斜度を登ると根の権現入口にあるお店が見える。

多分、カーブの所で400W以上は連続で強いられていたはず。

満身創痍で最後の直線をダラダラと登るしか無かった。

そして、頂きでハンドルに肘を置きうなだれた。


根の権現(裏の激坂)の感想
「クレイジー┐(´д`)┌」


5分停滞した後、即降りに入った

「あまりに寒い!」

14時なのに日はすでに陰り始めていた。

上で汗をかいた状態で止まってればそりゃ寒い

降りでさらに冷える。

日向で一回休息し、再び下ると自販機があったのでそこで大きめの熱量を持っていそうなコーヒーを飲む。

なかなか体に効く。

国道299はあまり好きではないので、できれば奥武蔵グリーンラインへ移りたい。

顔振峠に登り、鎌北湖経由で帰る作戦

林道を登り、いつもの180度ターンする交差点に出たので、鎌北湖方向へ進む。

奥武蔵グリーンラインは下り基調だけど登りもあるので、鎌北湖までは脚を残したかった。

ある程度ゆっくりと奥武蔵グリーンラインを走破した。

道中、凍結痕があった。

この間走った時より道が非常に綺麗に清掃されていたので助かった。

鎌北湖まで降りて来た。

ここからろんつくハウスまでは10分くらいだ。

2018年走り納めの記念撮影をして、今年は終了。



家に帰ると、嫁が親子南蛮を作って待っていてくれた。

大晦日の夜は、湯の泉草加健康センターで過ごすことにした。

近場に24時間or夜間にやってる健康センターが欲しいなと思った2018年年末でした。

2018/12/31(月) 22:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
白石峠3発連続で登るのは正直しんどい

「何がしんどいのか?」と言うと、1人で白石峠に撃ち込む事が大変。

という事で、「役員会と称してみんなを集めれば良い!」

という事で赤い奴に招集された
・ハヤト社長
・湾岸の専務
・自分
・紅姫女将

と共に白石峠入口へ向かった。

今回アタックをするのは、社長と自分(部長)

湾岸の専務は車のドライバー役

紅姫さんはカメラマン

白石峠入口で補給のアンパンを頬張る。

湾岸氏は、白石峠に来るのは初なので、記念撮影。

私はいつも通り、Twitterに開式の言葉を述べ、位置につく。

何もアップしていない状態からいきなり峠に突っ込む。

1発目
私を先行に、後ろから社長が追いかけてくる。

入口の急な斜度をクリアすると、再び社長の荒い息つかいが聞こえる。

住宅がある辺りで緩い坂になるので、少し脚を休める。

まだ社長は詰めて来ない。

住宅地を過ぎるた頃に後ろも確認する事もできず社長の状況も見ずに、一気に急坂を登る。

両サイドが林道と化す

右側に湧き水が湧いている。

昔、この湧き水辺りで脚をついてしまった初心者時代を思い出しつつ軽快に登っていく。

急な地点を終えると、右にゆっくりと曲がっていく。

白い建物があり、そこらへんが平坦だ。

ここで脚を緩める

先週白石峠を使って秩父へ行った時に、この先のきついヘアピンカーブがある事に気がついた。

ハイペースで突っ込めば確実に心拍数が上がり過ぎてしまう。

この時、ハンドルに取り付けてあったサイコンを確認すると、心拍数が182bpmあった。

なんとか179bpm程度まで落としておかないと、踏み込んだ時に最大心拍にほぼ同じくらいまで上がってしまうなと踏んだ。

ここからキツイヘアピンが2回続く

インから入っていき、ここで速筋を使った。

それを2回

ヘアピンを抜ける時の心拍数が186bpmまで上がっていたので心臓を再び落ち着かせる。

戻り方が良かったので、だいぶ調子がいいらしい。

ここ最近あまり自転車に乗る事も出来なかったのに心臓を上げれるのが非常に助かる。

勝負平橋を越える。ここで勝負してしまうと、ゴールまで保たないので落ち着いて進む。

パラグライダーの滑走路が左手に見える。

後はストレート勝負。

手元のetrex30がゴール地点を教えてくれる。

そして湾岸氏と紅姫氏が待つ山頂にゴールする。

壁タッチして終了(stravaの区間をきっちり取るのが目的だったりする。)

0E0A7855.jpg

あまり離されずに社長もゴール

なんの為に後2回登らなければいけないんだ!と言わんばかりにすぐに峠を安全に降り始める。

1回目のアタックは自分のタイムが30分06秒

過去の最高が26分40秒なので、けして早い訳では無いけども後2発あるのだから遅すぎる事でも無い。

峠を降り終え、体が冷え切った中をすぐさま社長が先行して登り始める。

2発目
それをすぐ反応して私も登る。

心拍が113bpmから入口の激坂で160bpmまで跳ね上がる

社長の後ろ10秒を自分がついていく。

自分の荒い息遣いは、社長の耳にも聞こているはずだ。

そのプレッシャーを永遠と感じさせながら峠の半ばまで一緒に走った。

斜度が緩いところは社長が早く

キツイ場所ではパワーウェイシオの優位な自分が詰める。

しかも、距離感も近くなるから息遣いが聞こえやすくなる。

それでも社長は淡々と登る。

2発目は、社長の後ろ10秒をキープしてゴール

湾岸氏が望遠レンズで待ち構えてくれていた。

壁をタッチする。


突き当たりの白石峠の標識が無くなっている事に気がついた。

白石峠は、shiraisiと行政が看板を出していたが、住所は実はshiroisi

「しらいし」と「しろいし」で行政が間違えて看板を作ってしまったのだという仮説がTwitterで流れていたけれどそういう経緯があって取り外されたのかな?と思ってしまう。

2度目の降りに入る。

まだ午後2時なので、上がってくるローディー達に気合の応援を送る。

3度目アタック前に社長は補給食を食べる

3度目に本気を出すとの事

自分は少し脚を回し、冷え対策をした。


3度目
3度目のトライは、自分を先行に行った。

すぐさま社長に抜かされた。

社長は上げ過ぎてそのうち落ちてくるはず!など期待しながら自分は心臓が上がらず苦しむ

社長は残念ながら落ちてくる事も無く山頂まで見えずじまいだった。

ヘアピンカーブでやっと自分の心臓が180bpmを越える。

パラグライダーの滑走路が見えストレートに社長が居ないので既にゴールしているだろうと思い、自分は自分のタイムを出す事に専念した。

3度目の壁タッチ

社長も壁で終わった事に安堵していた。

車班は堂平山天文台へ先に行っている。

自分達も、最後のアフターライドで緩く堂平へ登る。

山頂につき、記念撮影

0E0A7936.jpg

今日も遠景が見える。

南はスカイツリーや千葉の低い山々

筑波山 雪を被った浅間山

群馬県庁まで肉眼で見えた。

ただ、気温が一桁なので早々に車の中で温まる。

紅姫さんがホットコーヒーをホットの状態でくれた。

どうやら、天文台下のキャンプ場で売っている様だ。

それを飲んだら再び寒い中、車に自転車を車載して峠を後に、ろんつくハウスへと向かう。

紅姫さんが3日煮こんだもつ煮鍋が待っている。

ろんつくハウスへ戻り、社長と自分がお風呂に入り、お米が炊け、食事をして団欒を楽しむ。

ここで本当の取締役会の会議が開く事ができ、方針や問題点の洗い出しなど行われた。

2018年 今年の走り納めはクリスマスイブに白石峠3発

全くもってなんかよくわからない物でした。


2018/12/24(月) 22:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 早朝から移動を開始し、車で料理会場へ移る。

そこから、四万温泉へ向かい温泉に入る。
その後、山道を突き進み「道の駅たくみの里」でお米を調達し、山を下って再び料理会場へ戻る作戦だ。



赤城山の裾野を利根川方向へ抜ける。

次第に空が明るくなっていく。

0E0A0873_R.jpg

そして赤く輝く

0E0A0879_R.jpg

ご年配の夫婦とこの朝日を見て、最高だねと少し談笑した。

これから四万温泉へ行く事を話すと、山を登るので少し驚かれた。

次第に中之条へ標高を上げていくと同時に、山の赤味が増していく。

0E0A0884_R.jpg

前日に雨が続いていたので、湿気に光がぶつかる色は好きだ。

湖面の反射する紅葉なんてそうそう撮れる機会は無い・・・・

0E0A0888_R.jpg

そういえば、18-35mmF1.8 DC HSMを持ち歩くのは久しぶりなのだけれど、光の取り扱い方がなんか難しい気がする。

特に紅葉は色を扱うので特に

0E0A0905_R.jpg


四万温泉は、千と千尋の神隠しの舞台として、湯屋の元となっている建物がある。

メロディーラインは、あのオープニングだ。

ロードバイクでは鳴らないけどね。

午前8時半

約70kmの道のりを走り、四万温泉に到着



0E0A0908_R.jpg

ここは入口

しばらく、温泉の宿が連なる道を走る。

0E0A0917_R.jpg

落ち葉が湿っている中を走るので、キャリパーブレーキに葉っぱが巻き込まれよく音が鳴る。


0E0A0924_R.jpg

満天のモミジ

0E0A0931_R.jpg

だんだん奥に入る。



0E0A0933_R.jpg

湯屋のモデルとなった旅館

0E0A0943_R.jpg


さて温泉♪温泉♪

共同浴場は9時から入れる

場所はココ



0E0A0936_R.jpg

川が増水したら沈みそうな場所だ

無料なのだけれども、募金箱があったので少し入れておく事にした。

一番風呂に入るが・・・・・



暑い!ナニコレ暑い!

源泉が53度

それに水道が付いていて、ガンガン水で薄める形で入る。

水道側に体を寄せて、身体をぐるぐる回して暑いのと冷たいのを繰り返す。



そんな感じで温泉から出たw


ここの温泉を出発したのが9時20分

計画より少し早いが、この先山道だし写真撮れる♪



0E0A0955_R.jpg

山の上を走るので、遠目に浅間山が見える。

田んぼの棚田も素敵だ

0E0A0962_R.jpg

到着!道の駅たくみの里

0E0A0967_R.jpg
0E0A0966_R.jpg

ここで調達するのが、利根川水源で作られたブランド米「水月夜」

2kg購入!


0E0A0968_R.jpg

後はここのバニラアイス

うまぁー



0E0A0969_R.jpg

このまま沼田へ降りるのだけれど、見かけたイノシシちゃん

0E0A0971_R.jpg

ここを下ると国道17号で、利根川に沿って下っていく。

0E0A0973_R.jpg

0E0A0978_R.jpg

そしてゴーーール!


料理する家にはすでに3人程度集まっていた(今回参加人数10人くらいいるけどね)

0E0A0988_R.jpg

前準備でカットしていくあかかめら。


0E0A0998_R.jpg

超巨大シイタケ

0E0A1002_R.jpg

0E0A1016_R.jpg

0E0A1041_R.jpg



0E0A1038_R.jpg

そしてメインの上州牛

0E0A1054_R.jpg

0E0A1037_R.jpg

完成!


0E0A1061_R.jpg

群馬すき焼き応援宣言のフラッグ等は、群馬県より頂いております。ありがとうございます。


ジーッ



0E0A1064_R.jpg

0E0A1071_R.jpg

0E0A1075_R.jpg

0E0A1081_R.jpg

ぐんまちゃんロールを切るシノン

0E0A1091_R.jpg


というわけで、これにてお開き

4回目となる今回も、皆無事に集まって本当に良かったです。

次回の計画がいっぱい乱立している状況ではあるのですが

まだまだやっていこうと思いますのでこれからもよろしくお願いします。

ろんつく食団公式twitter開設しました twitter.com/rontukusyokudan

ろんつく食団公式youtube開設しました www.youtube.com/channel/UCrlh1oPMg9poXJND5yvE-2A





2018/11/25(日) 00:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |