UberEATS - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
こんにちは 赤カメラです。

私は、趣味でUberEatsの配達をしています。

6月から始め、477配達携わり、売り上げは31万円程度となっております。



今日はその477配達中のトラブルについて語ろうかと思います。

この配送の中で、顧客クレームは1件 レストランクレームが2件となっています。

顧客クレームの内容
お釣りを渡す際、小銭ボックスから引き出すのですが、その際にお客様が「めんどくさいって言っただろ!」と絡まれました・・・・ そのあと確認すると初のバッド評価を受けました。

お釣りに対して復唱する事をしているのですが、それを「めんどくさい!」と言ったという事らしいです。

お釣りはUber配達員が用意するのは確かにめんどくさいかもしれないです。

しかしUber配達員は現金注文を拒否する設定ができるんですよね

現金注文の依頼を受ける支度で、お客様の所へ訪れているという事で、それをわざわざめんどくさいと言うというのは考えにくいのではないかと思うのです・・・・

高評を持続したい場合、現金注文をOFFにする事もアリなのかもしれないです。

お店のクレームの内容
お店のクレームの2件の内容は「取りに来るのに時間かかりすぎで料理が冷めちゃった!もう一度作り直して売り上げ2倍♪」という物(お店も悪意がある場合があります)

配達員は、配送中に次の注文を受ける事があります。

1件目の配送で、お客様の住所がきちんと書かれていなかったり、お客様がマンション内で行方不明だったりする事もあります。

1件目の時間が掛かりそうな時は、評価を考えて注文のキャンセルをする必要があるのかなと思います。

じゃないと評価がマイナスになる等、理不尽を受ける事があります。





善処しても評価システムによりマイナスされるシステムで配達員は働いております。

普通のお客さんから「ありがとう」と言われる事が多いですが、中にはそういう事もあるなぁという感じです。



本題の汁をこぼしてしまった事についてはクレームに上がってません 何故でしょう?

私がある配達案件の際、マンションのエレベーターで上がってる最中料理をカバンから出しておりました。

そしたら、ビニールが湿っている事に気が付き、確認しました。

なんと、料理のパックの蓋が浮いており、そこから汁がこぼれてる(スパゲッティーのタレ)

かなりショッキングでした。

まったく配送を考慮していない容器で、セロテープで蓋を抑えてもたぶん厳しいでしょう。

特にUber配達圏に入ったばかりの小さいイタリアンカフェの案件だったので、梱包材の選定がまだ甘かったのだと思います。

マックのジュースの場合、蓋が2重にかぶされていたりします。

お店側の問題点をUber配達員がどうにかしなきゃいけない状況です。

ふと、頭をよぎるのが受け取り拒否とマンション内廃棄事件(twitterで以前上がっていた)

既にインターホンで開錠してエレベーターで上がって来ているのはお客様も知ってる状況

私が決断した内容は

「お客様に汁をこぼしてしまった事を謝罪し、お店へ取りに戻る提案をする事」


これくらいしか私にできる事は無い様です。

手順を頭の中で組み立てます。

お客様に謝罪し、取りに戻る許しを得る→Uberサポートへ連絡・レストランへ料理再調理の依頼→再配達

この場合、Uberからは走行距離代は負担されます。(件数として上がらない為、件数によるボーナス(クエスト)消化できず苦しいのは配達員です)

それでも、悪い評価や、良心の呵責に苛まれる事を考えると、やらなければいけない事だと思います

お客様に実際にこの件を謝罪した所

「どれくらいこぼれたか見せて欲しい」と言われ見せたところ

「これくらいなら大丈夫👍」と言って受け取って頂けました。

こんな出来事があり、バット評価を受けずに済んだのだと思います。


さて、しかし配達員としてやるべき事はまだもう一点あります。

料理のパックについてお店へフィードバックを行う事です

googleMAPから、先ほどのお店を探し出し今回の件を報告し、パックの選定を依頼しました。

蓋が空き放題空くパックを使ってるとはお店も想定していなかった様で、かなり謝罪されました。




私は工場勤務で、あまりサービス業の事はUberをやるまでわかりませんでした。

誠実に対応しても評価システムの都合でマイナスを受けたりして、心が強くないとやっていけないのがサービス業だなと思います。

色々言われる事が多いUberですが、一人のこういうUber配達員がふらふらと走っているんだなぁと思って見て頂けるとありがたいです。


2019/11/24(日) 06:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
私は普段、ロングライドをメインに活動している。

例えば、北海道1周2400kmを210時間で走ったり
大阪から東京までを24時間以内で走ったり
バーチャル(Zwift)で24時間走り続け740.5km/24時間走ったり

そんな趣味を持って体力には自信がある。
そして、一眼レフを背負って走るカメラマンでもある。
創造的で健康的な一方、いつも困るのがお金である。
一般的な25歳の中では埼玉という土地柄だと貰っている方だとは思うけれども、もっとお金が欲しい
何しろ、今年はフランスまでPBP(1200km)走りに行く

そこで、その体力と時間を売る為、UberEATSを始めてみようと思った。

労働条件
私の場合、前述のとおり、埼玉県は毛呂山町に現在は在住している。 超田舎だ。
東京まで出稼ぎする都合、休日の土日がUberEATSの主な活動曜日
東京でレンタルサイクルをするにしても月間4000円の赤チャリは高くつく
東武東上線でロードバイクを輪行で持っていく事にした。
通勤には2時間と往復で約1000円という出費で、UberEATSは個人事業主なので自己負担となる。

UberEatsの登録までの流れ
UberEatsドライバーの登録までは下記の流れとなる
web登録→ショートメール案内→パートナーセンターで本登録→稼働開始

ちょっと詳しく書いていく

web登録
先にUberEatsのDriverアプリを入れておく事を推奨する。

紹介コード
私は、そこら辺のサイトから紹介キャンペーンを受けず、twitterの親切そうな人から紹介コードを頂く事にした。
理由は、UberEatsの分からない事を相談できるからだ。
実際、UberEatsのアプリ自体の使い方が解らず、仕事をしながら相談に乗って頂いた。
配布されているパートナーマニュアルでは探しきれなかったりする事がある。
もし紹介コードが欲しい方が居れば、twitterのDMで送って頂きたい。
ここに紹介コードを書くと、「あなた誰?」となってしまうので。

web登録では、自分の場合は
・パスポートをUberEatsの書類用として送った
・UberEatsのアプリで自分の顔を自撮りした。
・銀行口座の登録を行った。

銀行口座は海外送金なので、特定の金融機関しか対応が無い。
個人事業主という事もあるので、お金の管理がしやすいように新規口座の新設を個人的にはオススメする。
私の場合は三井住友銀行にした。

後は一般的なID取得の流れに沿った物だった。

web登録2日後くらいに携帯電話番号にショートメールでの案内が来た。

本登録できますよとの事なので合間を見てパートナーセンターへ行くことにした。

パートナーセンターで本登録
まだUberEatsのアカウントは有効になってないので、これを有効にする作業
UberEatsの職員の人と顔を合わせる場でもある。
服装は皆結構ラフだった。
むしろUberEatsの受付の方はTシャツ 説明員の方は女性でカジュアルな恰好だった。
UberEatsのシステムの説明を受け、マニュアルが渡され、UberEatsのカバンが渡される。
UberEatsを始めようと思った人が一通り目を通す事項を再確認した感じだった。
ちょっとわかりにくい点がUberEatsの現金取り扱いについて。

自分のクレジットカードを登録し、お客さんが現金払いをし、自分側が釣銭を用意して
授受をすると、お店分とUberEats手数料分がクレジットカードから引かれるというややこしいシステムだった。
現金での受け取りなので即換金性の高い反面、釣銭の用意が必要だとの事。
これについては注文のオフオンが切り替えできるらしいのだけれど、クレジットカードを登録したばかりの時はそのボタンが無く
クレジットカードが承認されると、勝手にオンになってしまうソフトの仕様(UI)の為、皆かなり焦ったりしている様だった。

実稼働
IMG_5506.jpg


1日目
実際初稼働するにあたり、カバン内で品物が動くのを防止する為にティッシュボックス2個を使用した。
これは2日目になると紙なので角が剥げてきたので、オススメできないのだけれど百均で買った小箱で仕分けると、熱い物と冷たい物で分ける事ができる様にした。
IMG_5559.jpg

1軒目の案件は某ファストフード店
お店まで行く(1分)
お店の人に商品コードを言うと商品が受け渡される。混雑していたので結構待った(2分)
走行(3分)
住所やマンション名やお名前を確認して受け渡す(2分)

その間に次の依頼が来れば行く 来なければ都道などの幹線道路沿いに出て待機する。

本当は待機中に読書とか余裕があるかと思ったけれど、新宿と豊島区の近くだとほぼ鳴りっぱなしで依頼をこなした。

初日なので、様子を見ながら配送した。

売上は14041円 
配達で1万円 
クエストや初配送のボーナス等で4000円 
配達量に対し、規定の額に達してない場合は保証金が1000円付いた。
実際にはここから電車賃や箱内の固定備品等が経費として引く事になる。
Uberのリュックに関しては今4000円でデポジット制になってるのでそこも近くこの収入から引かれる事になる。
IMG_5518.png


ちょっとわからなかったこと1
新規お店からのリクエストを停止したい場合(休憩したい時)
注文を受けてる状態だとマップが慌ただしく動いていて売り上げ等の見方が解らなかった。

そういう場合は、上スワイプor下スワイプをすると最初の画面が表示される
上下に格納されている。

↓ちなみに下に収納されていたのが新規リクエスト停止ボタン 停止の仕方が解らずリクエスト2回拒否 履歴が付く。
F-75wpFa_20190624053902ecd.jpg

現金取り扱いについて
現金は商品の料金やUberEats手数料(東京35%)が含まれる。
その返金はクレジットカード決算になる。(クレジットカード登録後即現金依頼は来ない。UberEatsが承認するまで時間がかかる)
さっきの上の画像の「オフラインボタン」の右側にの横線2本を押すと、現金依頼の受付スイッチが出てくるので釣銭が無い様ならオフにする。

ただ、暇だったらオンにするのもありだし、1店舗で2案件を受けれる場合があり、2件捌く時間節約になる
(クエストというのがあり、4件で600円プラス8件で1600円プラス等ボーナスは配達件数に依存する)



統計的に場所にもよると思うけれど
1件を捌く時間の平均が14分36秒
1件の距離は1.9km
1件の売り上げは505円
慣れてないとそんな感じだった。

2019/06/19(水) 07:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画