購買 - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
こんにちは あかかめらです。

今回は、おたふく手袋さんの靴下についての話です。

自転車乗りの中では安価で高品質なインナーで有名だったりします。

創業は大正15年の9月1日
設立が1951年の10月19日
だそうです!

おたふく手袋さんのホームページ

よくホームセンターやワークマンなんかで売ってる作業用として本来開発された物が多いのです。

そこに目を付けたのが自転車乗り達で、アウトドアブランドの高級品と遜色ないスペックを持ちつつホームセンター等でも調達可能なブランドとして皆重宝してます。

そんなおたふく手袋さんでよくインナーを購入する私(ロングライダー)ですが、仕事は製造業をやっておりまして、安全靴の中がムレたりして困る(ロングライドも同じでシューズ内が匂う)のでどうにかならないかと、おたふく手袋さんに相談してみました。

すると、夏に向けてオススメされた物が「絹のちから」です。



ちなみにこっちは五本指です。

絹=シルクを利用するメリットってなんだと調べたのですが、吸湿性・放湿性・通気性に優れた特徴があるので非常に蒸れづらい
なので、夏でも快適という事でした。

しかし、使ってみて実際はそれ以上でした。

実はBRM5001の奥の細道1000km

東京は28度あったのにも関わらず、山形では気温3度まで下がり、当然事前に足先が冷えるだろうと予測し予備のウールの靴下を用意していました。

3度まで耐えられるとは思ってませんでした。(厚み的に考えていいとこ8度とかかなと)

0E0A9375_1_R.jpg
0E0A9378_R.jpg
0E0A9380_R.jpg
0E0A9382_R.jpg

絹はいいぞぉー


はい。 そんな良い靴下でしたが、現在秋に入る頃

そろそろ、冬用靴下の調達しなきゃなぁと思って、再びamazonをポチポチ

インナー良し 靴下よしのおたふく手袋さんの製品を再びポチッ



届いてからパッケージを見てそのスペックを見ました。

中空糸を使用し、空気で断熱が可能。 そして、各部分に適切な素地を配置している模様。

細かい所まで作り込んでて、この安さは相変わらず凄いなぁと思いました。

0E0A4551_R.jpg
0E0A4554_R.jpg
61MsqkBGEfLSL1000_.jpg

今後も種類と数を試してみようと思います

今日はそんな感じです。

でわっ







style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-8886610849669714"
data-ad-slot="5821458072">

2019/10/12(土) 13:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
アピデュラの、レギュラーサイズ(17L)

sea_wolf0074-img500x500-1481458588a39vxh24486.jpg



これを買うまでの経緯を説明する。

現状
パンク修理キットだけ小さいサドルバッグに収納する
という必要最低限の装備を常備バッグとして、今まで利用してきた。

ただ、例えば1000kmライドや、真冬ライドや、一眼レフ運用※要するに1泊以上や、寒いシーズンや、重量担いだツーリングライド
リュックサック運用になってしまい
結果、反射ベストの阻害にもつながってしまう。

ただ、この点に関しては、反射タスキ・反射布・反射防水カバーなどで対策できるが、楽に安全な方がヨロシイ



サドルバッグ自体を大きくすると、ホイールとのクリアランスが確保できない
小人なので、大きいサドルバッグを買う事自体が億劫だった

俺の場合
手の親指の指先と、小指を伸ばした時の指先 これをフルで伸ばした時に20cm
サドルと、ホイールは指がギリギリ届くので20cmくらいだ。

09.jpg


調査
アピデュラ レギュラーサイズのサドルバッグの場合、設計値上では20cmのクリアランスがあれば入るらしい。
20cmで指が届くのでどうやらギリギリ
収まるかな?


ちなみに、レギュラーサイズ以下の14L 11L 9Lの物だと、随時このクリアランス必要寸法が、短くなるらしい。


あくまでも欲しいのは、少量輸送のサドルバッグではないので、ここら辺は割愛する。




購入


というわけで、日本アマゾンでは購入ができないときは、何を使うかというと、結構利用するのがヤフオク

17000円で即決できる物があったので迷いなく購入

割高でもなんでも良かった。



箱だと大人しい感じの大きさだったのだが・・・・・

IMG_0030.jpg





サドルに乗せると改めてその大きさに驚愕する。


いやぁ・・・・これちゃんとサドル下に収まるのん??



IMG_0031.jpg








そして収まって尚且つ、17L中14Lくらい入った状態がこちら



IMG_0156_201701122259398d8.jpg



9Lくらい入ったら下側にクルクル巻いて横に飛び出てる留め具でカチッっと泊めてあげると少しカッコイイ

IMG_0080.jpg

とりあえずの所、元旦ゆるぽた豪雪三国峠越えの時にも使用したのだけれど、浸水被害はなかった。

泥除けとして利用価値もあるのだけれど、このサドルバッグカッコイイし長持ちさせたいので、当面の所、泥除けの上にアピデュラという事になるだろうと思う。

今後は、空気入れを丸ごと入れたり、輪行袋や着替えや防寒着入れ場に困る事は少なくなるだろうと思う



2016/12/30(金) 15:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
最近仕事も忙しい中、月1200kmという目標に対し3月度はクリアした!

って事で金も力もパワフルな中 

結構重大な買い物

1点目
反射ベスト


本気で目立つ一点

IMG_9048_R.jpgIMG_9049_R.jpg

ポケットの数も多い。

ちなみにリュックを背負うのでXLサイズで覆う形





2つ目 携帯工具

今更なのですが、前回の400kmブルベでトレーラーにひかれかけて、キャリパーの修理に工具が必要だったので購入

これは結構安め

これを買ったおかげで次の記事 軽井沢編で助かる事になります。








3つ目 ブルベ最強の装備eTrex30



ヤフオクで既に色々スタンバイされた状態の物を購入

日本語化とか地図とか。

で、29999円

IMG_9054_R.jpg

eTrex30の初期設定として、データ項目の選択で使う項目の選択をしておくといいと思います。
EDGE500と大体同じ項目が選べるのでそんな考える必要はありませんでした。

地図の方はGPXをルートラボより作り、ウェイプポイント(中間地点のメモ)を、カシミールというソフトで付与してeTrex30へアップロードするという流れです。

詳細は別記事にまとめます。




4つ目・・・・・・・・

アルテグラ実装しました!!!!!





IMG_9057.jpgIMG_9065.jpgIMG_9066.jpgIMG_9067.jpg


走ってみた感想

滑らかに動いて
ブレーキが軽くて

ティアグラがもぎたての梅なら
アルテグラはカリカリ梅

くらいカリカリ動きます。

変速のクリック感は至高です。



そんな遊んでたら平均速度が24kmと普段の+2kmの速度

そんな違うものかねぇ・・・・


↓よかったらこのボタンポチッっと押してやってください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016/04/10(日) 22:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画