コラム(独り言) - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
こんばんは 赤カメラです。

今日は、心房細動についてです。

この症状は何かというと、心拍数が爆上がりする現象です。

具体的に私の症状で言うと、心拍数が200bpmを越え、254bpm以上を記録した事があります。




さてこの症状ですが中学の頃からの長い付き合い
まぁ長く付き合っていくしかない持病です※複数の医者も承知してますが後で書きます。

発症原因
緊張(初めてのブルベとか)
ストレス(特に長期間のストレス)
高強度トレ(180bpmを越える作業閾値)
ロング中の唾の飲み込み(振動等も)
等で起こります。

症状
通常の心拍から心房細動が起こり、一気に心臓が2倍に動きます。
仲間内ではこれをブーストと呼んだりしてます。
ポンプ機能として1拍の出量は40%くらいに落ちる代わりに、心拍数で稼ぐ様な感じです。
運動中であれば強度を下げれば大丈夫なレベル
安静時でも苦しいとかではなく十分な酸素は供給できています。



意識レベルが低下するという事は決してない事は強く言います。(ふらつく等)
↑どうも噂とガセが入り混じってあることない事言われているらしい

また、癖になるという事もなく、今までの統計上エビデンスは無いです

心房細動から心停止するという話もある様です。それは全否定はしません
現に1万人規模の大会でAED稼働実績があるそうなので。
対策は、緩やかな負荷上昇の長期トレーニングプランを構築し、自己管理する事で抑制してます。(あと準備運動は大事)

あまりハイケイデンスは心臓の負荷が大きくなるので低ケイデンスで対応してます。
※どうもローラーとの相性が良く、実走やヒルクライムには相性が悪いみたいです


医者の見解と判断と治療の検討
お医者さんに最初に相談したのは6年くらい前(登山やってた頃)
この時にお医者さんに相談した際は、総論「コントロールできるなら大丈夫」

そこから1年後に自転車に乗り出し、心拍数のブーストが何拍なのかを把握し調べるとなんかヤバイ感じだったので医者へGO
そこで心房細動というのを知り、激しい運動は向いてない事を踏まえロングライドばかりする選択肢を選ぶ様に。

しばらくすると高負荷もできるようになりたく、別の医者を回る様になる。
結果としては「うまく付き合っていくしかない」という結果に落ち着く。

どうも手術をするよりも、今のままうまく付き合った方が良いらしい(手術はメリットばかりでは無いという事)

一応、循環器系のロードバイク乗りの医者を探し、茨城の方に1名専門医が居るのは知ってはいるけど、通院ができないのもあって断念したのがここ2年くらいの話。




家族の心臓の弱さ
小学5年生の私は、朝起きて階段を降りると一族全員が我が家に集まっていた事に驚きました。
そして、和室に父の遺体がそこにありました。手が冷たかったのは今でも覚えております。
心臓が原因で37歳で亡くなりました。

祖父は起床してしばらくすると倒れました。心臓が弱く、血液が脳へ行かずに脳梗塞で倒れました。
その後、祖母の通院が続き数十日で亡くなりました。

祖父の兄弟も全員心臓が原因で亡くなってます。





心臓が弱いのはたぶん遺伝だと思います。
そして、残される家族側であった事もあり、その苦労は私は知ってます。
体をスポーツに使い、追い込む事は利己的な事で、エゴです。
やりたいことができず、仕事だけで身を亡ぼすより、そのエゴは遥かにマシな選択肢かなと個人的には思います。
やりたいことに挑戦する事は大事な事です。
こんな統計があります。
アスリート達の寿命は統計上10歳若く死亡するそうです。
だから、アスリートを辞めろとアスリートに言いますか?

ボクシングで脳震盪を起こすからボクシングでは殴るなと言いますか?
我々は法の許す限りで自己決定権において選択をしている筈です。
アスリートであればそこにスポーツマンシップとして格好悪い事はしないという制限を己に課してる筈です。

かれこれ弱い心臓とは10年以上付き合ってきて、今は自転車に乗っているので心臓と交渉しながらトレーニングをしてます。
色んな葛藤があり覚悟が必要です。

いつの間にかガセを発信していませんか?
あなたは医者ですか?
人を心配して勝手に診断して周囲にまき散らかしていませんか?
そもそも心配=心を配る事で相手とのコミュニケーションを取ろうとしてますか?
心配をしたという大義名分を振りかざして相手を晒上げ(肖像権の侵害などの法律のラインを越えたり)してませんか?
※訴えるつもりはありません。

ここ最近のSNSで相手へ攻撃的な言動が多く感じます。
かく言う私も、競技者に対して不信感がありました。↓詳細
Zwiftを退会しました
その不信感をまき散らかしたのは私の悪いところだったのかなと思います。

私にとってtwitter自体は実際に起こった事実を正確に書いているだけの道具でした。
ただ、多くの人の想像力を越えて目立ってしまっていた事は反省しないといけないと思います。

近くZwiftも再開してまんべんなく色々とチャレンジして自分のエゴに挑戦していこうかなと思ってます。
2020/04/01(水) 00:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは 赤カメラです。

今日は自転車に乗り始めてからの7年間について話そうかなと思います。

その後はメインテーマの離脱と継続について話します。

↓私の事が知りたくない人は下の破線まで飛んでください
--------------------------------------------
私の名前は「赤カメラ」と言います。

この名前は自転車を始める前にカメラを買いました。

Canon EOS X50というビギナー用カメラです。
hi_eos01.jpg

このカメラを買い、色々と車で旅に出ました。

カメラを買ったのは19歳最後の1週間 つまり、1週間後20代になる頃です。

色々と車で出かけていると、絶景ポイントで写真を撮る事ができませんでした。

駐停車がしにくく小回りが利かないのです。

そこで二輪車に目をつけ、当時「弱虫ペダル」が地上波で流れていた為、自転車いいなと思い約1年間の貯金の末購入しました。


のんびりと自転車で走っては写真に収めていくスタイルです。


まったくもって荒波に揉まれる事無く、走れる距離が伸びていきました。

そこで、輪行という手段を見つけ実践しました。

これが便利で新幹線で行く様な距離を走る様になっていました。

体力も付き、2015年に北海道へオトンルイ風力発電所を見に行く事にしました。


IMG_9966.jpg

埼玉から新潟へ新幹線で行き、1日新日本海フェリーに揺られ小樽に上陸

小樽-富良野
富良野-初山別
初山別-最北端

1日150kmを3日間連続で走り、流れる大地と絶景をカメラと脳裏に収めながら最北端へとたどり着きました。

IMG_9976.jpg

埼玉に戻り、この調子でキャンプツーリングしようと思ったのですが、こっちは山だらけで体力の無さを痛感しました。

この頃、ろんぐらいだぁす!の漫画も読む様になり、体力をつけて東京大阪キャノンボール達成を一つの体力の目標として決めました。

2015年10月10日 大阪発で200kmしか走ったことない小僧が400kmの箱根手前で雨に降られDNF
この時フォロワーさんになったのがキャノンボールの伝道師「ばるさん」です。

非常にキャノンボールについてノウハウを教えてくださり、2015年キャノンボールワークショップで初めて対面
その数日後大晦日にキャノンボール

この時も大阪発で箱根の寒さにやられDNFしました。

食事量も足りず、喉が通らず、カロリー不足等の要因がありました。

「もっと強くなりたい」 そう思う様になりトレーニングとして2016年2月にブルベに参加する事になりました。

初めてはオダックス埼玉の200km アタック小田原 一夜城へ往復するコースでした。

ゴールした時は200kmで満身創痍でした。

300kmは3月に
400kmは4月に2回達成

そして、諸先輩方の走り方をまねしたり、中にはついて行ってそのまま250kmご一緒してくださった方もいました。

きたる5月 キャノンボールを行い、達成する事ができました。

その勢いで6月にはAJ西東京さんの諏訪湖600kmにてSRを達成しました。

実はこの頃、初彼女ができて後にフラれ、一気にブルベやロングライドでDNFが目立つ様になりました。

何を思ったかその時エントリーしたのが オダックス埼玉 アタック東北1000km

大間を出て、長野経由で埼玉へ戻るというコースでした。

この時は72時間中50時間も雨に降られ無我になりました。

走り終えた頃には魂が抜け、体中が泥だらけになっていました。

翌年にSR600Fujiにエントリーし、無事達成

獲得標高1万mが前年度からの長い目標でした。

しかし、この獲得標高1万mの呟きがどうしても気に食わないブルベスタッフの人が居りました。

もともと約2年以上粘着していた方なのは承知していましたが、この時の侮辱的な態度はあまりにも腹が立ち、それ以来一気に赤カメラは弱体化しました。

なんとなく、ロングを離れ年越し宗谷岬へ出かけてボケーっと炎を見ておりました。

この年末時に出会ったのが「サイクリングマン」というyoutuberです。

彼と一緒に行動しながら、一緒に苦悩して一緒に解決していって正直楽しかったです。

他にも、ブルベで出会った仲間たちが私にはいました。

その仲間達の間で話題になっていたのが2018 AroundHokkaido2400という存在でした。

私にとってブルベはなんか他人事の存在になっていました。

でも、仲間達はそれに向けて頑張っていました。

一緒に走る仲間がいるなら出てみようかと思いエントリーをする事にしました。

実際に走ってみて、久しぶりに魂が抜け、達成感は計り知れませんでした。

正直少し天狗になってたと思います。

しかし、何を言われても自分として芯を持ち、信がある様になり始めました。

2019年には一軒家とパワメを手に入れ24時間Zwiftを行い、PBPに出場し、7DaysZwiftで4000kmを走破するなどしました。

そして2020年~未来にかけて、色々な仕込みをしております。

----------------------------------------------

で本題です

自転車を辞めてしまう離脱率についての話です。

自転車を購入するきっかけは色々あると思います。

・レースを走りたい
・通勤に使いたい
・お散歩道具として使いたい
・旅に出たい
・なんかカッコイイから

買うきっかけがある以上は、その楽しみ方は千差万別になるのではないかな?というのが私の本音です。

しかし、ある程度経験していくと仲間内ができる人も居ますし、あまり仲間ができずソロでやる人も居ます。

私の居住周辺に気の知れた自転車仲間は居ません。(札幌とか仙台とか東京辺りに住んでます)

特に仲間が居る人達では、楽しみ方がシェアされて何か新しいチャレンジを思いつきます。

それにチャレンジをして、成功したりしなかったりするんですが、基本は一歩ずつ前進していく事になります。


行動を引き起こす意識的・無意識的原因⇒動機と日本語で言います。

好的な動機づけの中では(私の場合)
・達成
・承認
・走る事そのもの
・ランクアップ
・成長
・出会い
等があると思います。

これが人間の継続的なやる気になります。

目標に近づく事
行動や成果が見える事
良いライバルがいる事
楽しい事

これが満足度になります。

でも、それを無意識的かもしれないですが暴言でぶち壊そうとする人も居ます。

そこで散々悩みました。

初心者ほどこれは委縮すると思います。

私は我が強いので最終的にはそこに信念を持ちぶつかり続けてみる事もできました。

今では笑われる事を笑い返す余裕があります。



でも、ずいぶん凹んだ時、やっぱり仲間に引きずられてでも次のレベルへ進みました。

仲間は本当に大事です。

今では仲間へ私は2つ意識しています。
・信じる事
・助ける事

中には意見が真っ向から反発する事もあります。

絶対に譲れない部分もあるので、そういう時は仕方がないので無理をして同調しません。

芯が強いとそういう事もあります。

私の場合だと、身内贔屓の為に優しさを身内だけに使う事はできないです。

それを許さない身内だったらこれは仲間でも何でもないと思っています。



仲間という括りもなかなか難しい事はありますが、基本的には仲間が離脱率を下げる大きい要因になるのかなと思います。

なので、離脱しそうな仲間が居た時は「心配してあげる」のでもいいと思います。

私の様に引きずる(引きずられる)関係でもいいのではないかなと思います。

精神的苦痛より、峠で肉体的苦痛の方がその時ははるかに勝りますし、その時ムカついて大声で山を登るでもいいのではないかなって思います。

悔しさはすべて筋肉に乗せてカロリーと一緒に消化する事を私はオススメします。
2020/02/14(金) 23:01 | コメント:1 | トラックバック:0 |
走ってれば、時期にぶつかる山

そしてトンネル

日本はトンネル大国だ。

記憶に残るトンネルをご紹介します。

1.群馬-新潟三国峠 三国トンネル



実はこのトンネルの西から抜ける道は渋峠 東も50km以上離れた所から行かなければいけない

自転車乗りにとってはここを通るしか新潟へ行くルートが確保しにくい難所中の難所だ。

国道17号で、トラック等はここを相互通行が困難 ルーフは天井に越すって多くの傷が多い

路面は酷い状態

本当に誉めるべき言葉が見当たらないトンネルですw

長さも1218mあり、ここを境に雪国に景色が様変わりするなど凄い場所にあります。

元旦ゆるぽた豪雪三国峠(新潟・群馬)越えの記事でも峠自体は紹介している。

偉い人が等記事をご覧になっていたら、関越トンネルの補助トンネルを自転車用に開放を検討くださいm(__)m

2.奥入瀬-日光 日立トンネル



割と広いトンネルの部類ではあり、その全長は2765mある。

ただ、斜度がある感じで、自転車にはちょっと辛い。

奥入瀬渓谷は走りごたえがあり、午前中に上ると後ろからSLが追いかけて来る事があったりする。

なかなか面白い場所の最奥地。

三国峠と比べ良心的なのは、旧国道122号が使え、この峠を回避できることだけど、初見でその入口を発見できなかった・・・

今度は上から行ってみたい。


3.国道254 平畠隧道



埼玉側からあまり北上する事無く佐久へ抜けたい時に使いたい道が国道254だ。

しかし、その道中にトンネル内で180度とまでは言わないけど、急カーブがトンネルにあり、その真ん中をポールが立っている。

ポールが立ってる事は別に良いとは思うけど、自転車と自動車双方でお互い良い気分ではないトンネルだと思う。

路肩の段上も、よく走れるという訳でも無い(道路側に傾いていて、落とされるw)

しかもこんな感じのトンネルが何回かある。

軽井沢から眼鏡橋を見ながら登る方が楽しいのかもしれない。

4.えりも黄金トンネル(北海道)

自分史上最長のトンネルで4941mもある(けどあまり距離感は無いのは北海道が広すぎるのが原因)



そもそも、車が走ってこない

走って来る車は大概軽トラにクレーンがついたワカメ取りのおじちゃんcarが多い。

ただ、比較的暗めなトンネルなので、反射ベストなど安全対策はしっかりしておいた方がいいかも。

5.静岡県 国道1号新宇津之谷隧道



よくキャノボで使用

平成のトンネルで、この山の上を昭和トンネル 大正トンネル さらには明治トンネルとある。

東海道のトンネルとしては歴史が色々詰まった中では最近のトンネル

太平洋側の歩道を利用可能

6.にゅうやまトンネル(乗鞍の近く)



トンネル内で分岐がある珍しいトンネル

ドラ●エっぽい

入口も90度カーブだったり、奥へ抜けるとダムの上だったり

情報量が多い道だったりするのでオススメ

7.笹子トンネル

東京から山梨へ国道20号で行く為のトンネル

峠を利用し回避は可能

東京側からだと下り道で楽

2953mと約3kmある




8.新和田トンネル(諏訪湖北東)

長さは1922mあり、手前の料金所で自転車料金を請求される

標高も高く、11月中旬には積雪していた。

東側からトンネルを下るのが吉

このトンネルの上がビーナスラインだ。




ロングライドしているとどうしてもトンネルを潜る時もある。

色んなトンネルがあるので、テールライトや反射ベストの用意をよろしくお願いします。m(__)m

2019/10/08(火) 20:42 | コメント:2 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画