ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 5月29日 日曜日

twitterで前々からOFF会を開催しようと思い、色々プランを練ってました


そして集まったのが俺を含め3人

今回はのんびりツーリングって事で大体30kmの道のりを6時間もノビノビ走るプランでした



小川町駅(埼玉)より

彩の国ふれあい牧場のソフト(東秩父)

天空ポピー(牧場の裏)

秩父 あの花の聖地巡礼

秩父SL(カシオペア)並走



以上が計画の概要でした。

実はその後は解散のはずが自走で帰宅なので行先が同じ飯能まで行き、ヤマノススメの聖地の天覧山のコンビニで休憩したりしました。



朝9時 
我が家を出発した俺は地元が田舎なのに季節限定でしか見れないソバ畑で油を売ってしまいました。

だって凄く綺麗なんだもの

IMG_9321.jpg


IMG_9320.jpg



相変わらずそんなこんなで小川へ到着したのが集合10分前くらい



3名揃いました!

ブリーフィングを終え出発!

ブルベ脳が止まないです。



彩の国ヒルクライム 最大斜度は22%前後※R内側

しかし、予想外だったのは天空ポピーの渋滞です。

去年はそんなに渋滞してなかったのに今年は異様な込み具合です。

確かに去年はピーク後の6月辺りだったのですが、それでもこの混み方は凄い

坂の下から上までずーっと渋滞

こりゃ上るのに参っちゃいますな。

車を避け避け峠を上るのは意外と至難の業。

お二人は1000m/hくらいの勢いで登っていくので、今回ザックパックでの重量運用の俺もキツかったー



なんだかんだでボロボロになりながら山頂に到着!



IMG_9325.jpg



IMG_9335.jpg








俺はアイルー寄りの体格なのかもしれない

CjmCDlkUoAEg-oR.jpg20090823-10.jpg



牧場から下りはじめ 天空ポピーがかすかに見えて来た

IMG_9346.jpg



今年も綺麗

IMG_9363.jpg







本当は下った先に駐輪場があるのですが、許可をもらい、入り口の柵に立掛けて入場料(協力金)200円を払い入り口のベンチに座る。

しばらくそこで談笑をして秩父へ駆け下る。



予定より早かったので際にあの花聖地巡礼!

IMG_9368.jpgIMG_9374.jpg



そしてSLが14:33分 秩父駅に入るという事で14:00より駅入を狙い待つ事に





良い感じにアクションカムで撮影後駅で停車してるSLを自転車で先回り

SLは方向転換できないのでその先で待ってれば来るだろう と突貫で進路決定!


IMG_9375.jpg

お見事!

ここから山伏峠まで300m登り600m程下ると飯能市

飯能のヤマノススメ聖地巡礼しつつ東飯能で俺が離脱

そんな感じで今回はよろしいですか??

また企画を考えようと思います。





さて、1週間後、西東京主催 ブルベ諏訪湖600をクリアし、SR達成できるでしょうか???
関連記事
2016/05/30(月) 19:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 BRM521日本橋【夜にシクハック】

日本橋近くをスタートして、筑波山ー フルーツライン ビーフライン 日立 大洗 鹿島神社 阿見 日本橋と400kmある
どっちかっていうとナイトブルベに属するのかな? に参加しました!




参加キッカケは

オダ埼や群馬ではスタート時刻が朝方だったので参加しやすかったのですが、東京は公共交通使って行かなきゃならん。

そこで、お昼スタートのナイトブルベを東京でやってるみたい!ってな感じで参加したわけです。


400kmは2度目で、前回は群馬のふらっとだったので、より厳しい峠を含むブルベが良いよね!


そんで6月に600を3回こなそう。

そんな計画です。






日本橋さんは基本的にはルートラボからデータを落とせるのでその点は楽でした。

ただ、Qシートに「象限」なる聞きなれない単語があったので慎重に調べました。

進行方向に対し、交差点の

左奥 右奥
左手前 右手前

これに各番号が振り分けられているのが象限って事で良いでしょうか?

つまりPCではないですよ!って事

宇都宮さんでも「象限」ってのを使ってるそうです。




以上が他と違いに戸惑った事でした。

21日8時 起床

準備やら補給やらして10時には出発して日本橋に到着が12:30

電車のダイヤと埼玉からの距離から言えば結構ギリギリ

車検を終えスタンバーイ

DSC_0424.jpg


今回はガーミンeTrex30に関して脱落防止ストラップを導入しました

100均でストラップ2種を組み合わせグルグル巻きに

DSC_0425.jpg


他の人の自転車を観察

俺の様にチェーンが極端にハの字をしてる人が居ないっ

DSC_0426.jpg

そんなこんなで暇をつぶしてたら13:00出発組で出発!!!

都内を抜け越谷を抜けた辺りから走りやすくなるのだけれど、いかんせん北2mの風でどうにも前に進まない

筑波に入る頃に足が売り切れで少し頭が痛い

たった80kmでこの有様 大丈夫か?って感じでPC1筑波

ここに来て筑波山が見えるけれど、いかんせん天気が悪い

DSC_0428.jpg

嫌ーな予感は早々的中

補給中ポツポツ降ってきました。

天気予報じゃオール晴れのはずなのに!!!




筑波山へはここから一直線

ルート沿いで名無しラーメンという気になる店。

一緒に走ってた方はここでひと休憩


この先補給ポイントがあまりないので羨ましげに俺は流します。

筑波山で本格的な雨に降られて手元の防水防寒ウェアをフル装備

シューズカバーフル発揮です。

そして山の上から見る夕日が綺麗

DSC_0430.jpg

写真じゃ全然伝わらないっ

フルーツライン
ビーフライン

落とし物のテールライトを拾いPC2で持ち主見つかったのが凄く自慢


永遠と丘越えを繰り返し高鈴山を北から抜ける。

その時の標高は300m

でもこの時点で獲得標高は2000mを越えてヒーヒー

夜の12時に日立を山から下って来る。PC3ローソン

日本橋スタッフさんと補給運用についておしゃべり

俺はカロリーメイトをカバンに詰め込んで信号度食べるスタイル

胃が小さくて一気に入らない。

そして、PC毎ではおしんこを食べ体調を整える


DSC_0434.jpg

結構変わってるかも。

PC3は看板娘が。

DSC_0437.jpg

日立から大洗まではHITACHIの工場群や昼なら絶景オーシャンビューな海岸をずっと走る。

そして

大洗まで出るとここから阿見までは大体群馬400の時と同じ

群馬400のPC2はやってませんでした。

DSC_0438.jpg

DSC_0439.jpg

ここから霞ケ浦まで70kmくらいは真っ直ぐな平地を実直に

毎度夜間に歌いながら走る作戦

だって。4時間以上景色が変わらないのですもの!

PC4に到着する頃には補給も減ってきた感じ。

DSC_0440.jpg

夜明けは4時半くらい

後1時間で夜明け

それまでに霞ケ浦へ行かなきゃ


鹿嶋に夜明けの明るさが薄っすらと。


DSC_0441.jpg

そして新利根沿いで夜明けを迎え霞ケ浦で朝日!

DSC_0442.jpg

DSC_0445.jpg

DSC_0444.jpg

遠くに筑波山が見える。

あそこを越えて奥の日立からぐるっと夜間走行してきたと思うとなんか熱い。

ランドヌールの冥利に尽きるって奴

そして綺麗

DSC_0447.jpg

PC6辺りでお味噌汁を掻き込み最後の〆


DSC_0448.jpg

東京へ!

50kmの距離がどうしてもどうしても遠くに感じてしまう。

スカイツリーが見えた頃に帰ってきたーと感じる。

スカイツリーができる前はどういう感じだったんだろう・・・・

御膝元まで走りラストは日本橋へ


PICT_20160522_113840.jpg

ゴールしてからの別取りですが、またここに帰ってきたって感じです。

ただいま(笑)

そして最後のゴールPC!!!!!!

ナチュラルローソンです。

DSC_0450.jpg


21時間54分くらいかかっちゃいました。

ここからゴール申請しに指定された音楽室へ行きゴール手続き

バイクは大事 って事で居合わせた方と交代で自転車警備

そしてBRM521日本橋400が完了!!

オダ日本橋様 本当にありがとうございました!


そして埼玉の自宅に無事帰宅←別に因を踏んでるつもりは無い。

無事に帰れれば幸せ。


関連記事
2016/05/22(日) 23:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
AM3:30

日の出1時間前に自宅を出発

コンビニで朝食をこれでもかっってくらい食べ、川越を抜け伊佐沼で日の出

DSC_0362.jpg



最近思ってる事

田舎の人が早起きなのではなく、趣味がある人が早起きなのではないのか?と感じてる。

太陽次第で稼働時間が大きく変わるものねー

荒川CRを下っていき、水門

DSC_0370.jpg

この水門からようやく対岸に首都高が並走する区間になるという事に今日気が付いた。

少し走ると国道4号があるのでそこからCRを離脱し、日本橋へ向かう。



日本橋に到着したのは7時頃

東京大阪キャノンボールを行ったのは丁度半月前の事

静岡から箱根を越え、旧東海道の下り坂で関東平野の灯りが見えた時、帰ってきたんだという想いで涙しながら下ったものだ。




出発の地日本橋

ここで東海道をこれから「歩く」方とお会い

今日は保土ヶ谷まで歩くそうだ。

本人様ご快諾で写真をとらさせて頂いた。

DSC_0372.jpg

そして、出発していった。。。

昔の人は1日40kmは歩いたそうだ。

よく耳にする53次    あれは宿場町の数の事を言っているのだそうだ。

それにしても東海道を辿るという事の凄味というのを改めて思うキッカケになった。









今回、山手線のスタートの地は東京駅

DSC_0376.jpg

修学旅行生が多いのは日曜だから???

反時計回りにこれから回っていきますー



神田駅
放置自転車風になるのが神田駅の特徴

DSC_0377.jpg



秋葉原駅
オタクは朝に弱い!
DSC_0378.jpg



ルートを間違えてアメ横に迷い込む
DSC_0379.jpg

その目の前にあるのが

御徒町駅
居酒屋とか横丁辺りが定年前後の世界観
DSC_0380.jpg

上野駅
atrēや0101(丸井)がある文科系ビジネス街で、ビジネスホテルが点在
名前の読み方が意味不明な為、埼玉の俺から見ると結構滑ってる
DSC_0381.jpg

鶯谷駅
右側は崖でその下に路線
若者の出入りが激しい(アパートマンションが多くなる)
ここら辺から一戸建てとか見られるようになる
DSC_0382.jpg



日暮里駅
ここら辺でパチンコ屋も出現し始める
駅前が綺麗で40代辺りが主たる出入りをしてそう。
DSC_0383.jpg


西日暮里駅
出入り口に葬式の案内看板がある事から、ここら辺はお通夜が盛んな模様
DSC_0384.jpg

田端駅
崖の下にある。
斎場に反対し始めたのが田端

スカイツリーも見えて鉄道も高めから見えるから結構好きな場所かもしれない
DSC_0385.jpg


駒込駅
東京駅側の内側出入り口は目の前の商店街の名前はアザレア通り
ソープ パチンコ スナックの三種の神器が揃って、近くにクリーニング屋 ラーメン屋がある事から独身男性が多いイメージ

DSC_0386.jpg

巣鴨駅
駒込のロータリーから先は超高級住宅街に囲まれ、警備員の居る女子高とキリスト教会
そして国道17号(東京ー新潟)
いつか制覇したい
DSC_0387.jpg

大塚駅
路面電車と山手線がクロスした駅舎が凄く良い!
DSC_0388.jpg

上から眺めるとスカイツリーが一直線上にある。
DSC_0389.jpg

池袋駅
埼玉の門
駅前を歩いている8割は埼玉県民なんだとか
DSC_0390.jpg


目白駅
学習院の目の前
自転車は曲乗りのみ禁止という限定っぷり
DSC_0392.jpg

高田馬場駅
楽器を持った人の往路が激しいオシャレな町
右側側方のマックのカウンター席から熱い視線
DSC_0393.jpg


新大久保駅
山手線内側は巨大なマンション
外側は商店街
修行僧が駅前で立ってる。
DSC_0394.jpg


新宿駅

コクーンタワーって目の前にあるのね
隣駅では坊主が笠帽だったけど
こっちでは日本国旗のバスに黒スーツの坊主が居た
DSC_0395_20160515220315689.jpg

DSC_0396.jpg

DSC_0397.jpg

代々木駅
ビルが出入り口になってるので分かり難い
正門側はわかりやすいけど。。。。
駅前は外国人しか居ない
暖かい地方の言語だと思われる
南国代々木
DSC_0398_20160515220415e7e.jpg

原宿
警官厳戒態勢

ココ調が街頭インタビュー中
「大きいスマホケースの人探してます」
だそうだ

原宿は箱庭庭園な緑感が良い
DSC_0399.jpg

渋谷駅
有名な交差点がある
蛍光レッドのベストを着せられたアジア観光客が集団散歩してる
DSC_0400.jpg
DSC_0403.jpg

恵比寿駅

さっきの駅までの区間は警察オンパレード
マリオの恰好した人が職質を受けている
DSC_0404.jpg

目黒
やっとティッシュ配りと遭遇
さすが目黒
DSC_0405.jpg


五反田駅
駅前に豆腐建築のユニクロが置いてある
DSC_0406.jpg

大崎駅
超発展したタワーマンション群が特徴
人は居ない元気の無い町
SONY本社の御膝元
DSC_0407.jpg

品川駅
頭を覆うビルが無くてオシャレなカフェとか多い
国15号沿いはロードバイクが多い
DSC_0408.jpg

田町駅
美味しそうな香は店のパフェのにおい
品川よりビルが高くなってきた
DSC_0409.jpg

浜松町
東京タワーまで大門一直線
東京タワーと同じ色のアイフルの看板が同化してる
羽田空港へ通じるモノレールの入り口
DSC_0410.jpg

新橋駅
ゆりかもめと板挟み
アラブの石油王みたいな人に話かけられる
DSC_0412.jpg


有楽町駅

有楽町は変人の巣窟かと思ってたけど、よく考えたら近くに定刻ホテルがあるんだなぁと
変な人は居ませんでした!!!!
DSC_0413.jpg

東京駅(裏口:バスターミナル)
ってわけで1周!!!!!

DSC_0414.jpg

良い感じに走れた

都心だとストップアンドゴーが多いから体力の消耗が激しいったら

そして出発地にしてゴール地点でもある日本橋まで戻る事に

DSC_0415.jpg

4号を少しだけ辿り荒川から再び帰ろう。

それでも帰りの距離を含めて本日の走行距離は170kmちょっとでした。




おまけ


秋葉原ホコ天!
DSC_0416.jpg

関連記事
2016/05/15(日) 22:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
頭痛が酷い

体がだるい

GWをだらだら過ごしていたわけですが、さすがに48時間経過

いい加減走りに行かなきゃっ

って訳で行くべきは地元の峠

白石峠

アクションカムを持たない状態が一番の最軽量装備なのだけれど、そんなの知るかっ

純粋に走る事でだるい体をリセットしようとしている。





平日に仕事で疲れて自転車に乗らないとダルくなってしまう。

理由はわからないけれど、これも経験則から生まれた考え方だ。




走ってみること少し

んーーーーー北風強いっ

坂戸からだと向かい風になって体も冷える。

夏の陽気なのに風だけ冷たい



そんな強風でも30kmをキープできてる辺り出力自体は過去の自分を遙かに凌駕しているのだとわかる。

ただ、停止時に脈の戻り方が遅い。

これは多分・・・疲労のせいだろう。

一回軽く動けばリセットされる。





って事で白石峠スタート!

前半は1000m/hを中盤の水飲み場までキープ

その後は少し失速して800/h程度でゴーーール!

あくまでも回復走だけど心臓の暴走も無く無事脚付きなしでのゴール

白石峠破ったり!



ちなみにタイムは33分22秒

これを色々計算すると、出力は33分22秒を200W出てる計算

現在の体重が55kg程度なので3.6倍

体重に関しては食べても何しても微動だにしないのでなんだかなぁって感じです。


軽く漕いで3.6倍なら普段は大体4倍出せ、それを大体100km辺りまでなら維持できる(それ以上は速度落ちるのでペース配分するけど)


まあ
そういう感じでキャノボに必要能力の測定って感じでした。←ただ4時間程度は強風に助けられてたけど
関連記事
2016/05/07(土) 22:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
終わりました。 

大阪東京キャノンボール24時間

これに対し

23時間59分48秒

残り12秒で達成ができなかったのです。

------------------------------------------------------------

状況


風の予報は東京に向けて強い風

そのデータを元に前日にタイムテーブルを24時間24分割にして目標ポイントを選定

登り道に関しては600m/h程度で登る様に計画を立てました。

これは人により違うと思います。

ガーミンのサイコンでは何m/h 上っているか(VRM)がわかります。

ムラのある登り方はムラになり、結果タイムが悪くなります。


ChbrEEnUcAAngak.jpg 







装備
・ロードバイク
・750mlボトル2つ
・輪行袋
・eTrex30
・edge500
・Volt1200 300 リアライト
・首掛けポーチ※中身は裸のカロリーメイト


・チューブ2本
・モバイルバッテリー
・アクションカム
・指切り手袋
・微弱なパンク修理キット
・反射ベスト
・アイウェア

後はサイフとかスマホとかです。


750ml2本
は先々週にオーバーナイトのキャノボ下見へ出かけた時、ボトルがもう一本欲しい って事から用意しました。

2Lペットボトルを買い2タンクに入れ、余ったのは飲むなり自分に掛けるなり有効活用しました。

輪行袋は首掛けポーチに括り付けました。(体への加重による負荷で苦になりました)

ライトはvolt1200山道で少し明るくする程度で、後はオールナイトモードで使用

リアライトは電池余裕でした。


パンク修理キット
これが致命傷でした。
Coボンベを持って行ったのですが、1本は使い切り2本目で暴発
空気入れる手段が無くなってしまいました。
なんでもそうですが、ポンプを携行するのが一番安心安全だと思いました。



アイウェアは調光グラスなので、明るい時は暗く 夜間は明るくなります。



首掛けポーチの中に裸のカロリーメイトを入れる。
凄く画期的でした。
DSC_0311.jpg



補給の仕方ですが

登り・平地では食べない 息の邪魔になる。
信号待ちのみ口に入れ、飲み物で流し込む


------------------------------------------------------------------------
行動開始





4月30日午後8時 大阪入りし、たこ焼きを食べる。

カーボローディングはして+αで食べる。

宿は相変わらずの24時間サウナ
仮眠室

目覚ましを2時30分に設定して4時スタートに備えよう

そう思った。










5月1日 運命の日

目覚めたのは3時30分

どう考えても出発定刻に間に合わん。。。

色々準備して

元標へ到着したのが4時10分

10分スタンバイをして

4時20分ちょい スタート!

DSC_0312.jpg

大阪では信号のタイミングが良く平均20km前後で通過

伊賀ルートは大和街道を名古屋鈴鹿峠近くへ出る道だ。


1時間目  予定では300m程上った逢坂のはずだった。 しかし予定より平均速度が2km程早かった

学園奈良登美ヶ丘付近まで距離を刺せた



予定より早く木津に到着

クランクを抜け木津川を超え再び163号を

トンネルを2つばかり抜けると予定の2時間目 タイムは20分程早い。


よしよしと思った

しかし、裏切られた。

スローパンクでヤバイと感じた。

やってしまった。





手元のリペアツールでCo2が2本

1個目を消費して2本目を出す。

そこで、1個目のボンベで栓を開けっ放しにしていたので暴発してしまった。

手元にボンベがもう無い

時間は刻一刻と過ぎて行く

なんとか余分なガスで充填し、伊賀へたどり着く

午前7時 自転車屋はやっていない。

ガソリンスタンドの車用では入らず

地元の自転車屋は仏式が無く

ホームセンターでも仏式は無く

通りかかったサイクルリストも持ってなかった

それでも諦めず、人伝に、旧自転車屋の民家にたどり着いた


やっと空気が入った。

治った

お礼をして再び再スタート

ロスタイム 2時間20分

普通のキャノボでもキツイが、21時間40分レベルのキャノボをしなければ日本橋へたどり着けない

普通じゃない。

でも俺の名前 赤カメラ

赤は情熱の色

絶対諦めない


1時間近く走った

1時間区間を40分で走った 20分遅れを取り戻した

140分遅れなので10時間くらいで遅れを取り戻せるだろう。

鈴鹿から 桑名で補給を取り、ここから一気に走る。

桑名から北上して名古屋までは逆風で前に進めない

名古屋で斜め風に押される。

そして知立 ここで物凄い追い風に押される!

知立 本宿 豊橋 弁天島 天竜川

この区間を2~3時間で一気に走りぬく。



実はこの風は予報でわかっていた

計画通り

この区間で遅れの80%は取り戻した。



中間地点 磐田

バイパスを迂回し、掛川へ

静岡の友人と合流

別に引かれたわけでもなくただ俺の遠くを走る(というか見えない(#^ω^))

でも、私のメンタルがそいつの後ろ背中に引かれ、掛川 静岡 沼津

ここまであっという間だった。


一緒に走ってると時間を忘れていた。

予定より-10分まで縮める事ができた

そして問題の箱根峠

静岡の緩い箱根を800m程上る

計画では650m./hで登る事にしていた

実際630m/hで登っていたみたいだ。

山頂まで同じペースで確実に上っていく。

DSC_0318_2016050220290622d.jpg

山頂で静岡の友達とはお別れ

無事ゴールの報告をする事を約束した。

芦ノ湖のセブンに寄る暇はない

補給は静岡でいっぱい食べた

旧東海道箱根峠を下っていく

ヘアピンがどうしても速度を抑えてくる。

箱根を下り終えて大磯から海沿いを実直に走る

ここでeTrex30のルート案内8000点以上を迎えたみたいで、ルートが表示されなくなる。

もう知ってる道だ

しかし、戸塚で迷った

右折を誤った。

ロス10分

おなかが減ってきた

時間も無い

ヤバイ

保土ヶ谷から横浜へ

16号の信号地獄は知ってるので、1号のアップダウンを全力で走る。

都内に入るとハンガーノックで力が入らない。

それでも足に力をなんとか入れる。

最後の桜田門付近

間違いがなければ3分前くらいにゴールできるはずだ

しかし私は間違えた

国道1号起点ではなく、都道405

隣の橋にゴールしてしまったのだった。

あわてて日本橋へ

元標の裏から出てきた。


基幹であるeTrex30のTP時間を見ると23時間59分の文字が

「ゴールした」

あわててスマホを取り出し撮影

24時間00分の文字

12秒でシャッターは押せなかったけれど、12秒で変わったのはわかった。

DSC_0319_20160502204558ef1.jpg

距離538.6km(精度悪いので参考に)
時刻4時19分
TP時刻24時間
平均速度22.4km

ゴールは23時間59分48秒

そして汚い地面に倒れ込んだ

顔面がしびれる程酸素を欲してるのが分かる。

一切からだに力が入らない

そして通りかかった1名のサイクリストさんに撮ってもらう。

IMG_20160502_042309.jpg


撮影者さんはこれから東京から大阪へ行くそうな。

私のバトンを渡しスタートしていった。

俺は1時間以上は身動きが取れず日本橋にただ座っていた。

夜が明けた。

やっとヨロヨロと動き日本橋の写真を収めた頃には明るかった。

これじゃ24時間で来たと言って信じてもらえないだろうw

日の出は東京の方が大阪より15分早い

自転の15分分を24時間自転車で走った事になる

そう考えるとすごい。

IMG_20160502_043143.jpg

体から異臭がする。

帰って風呂入って寝よう

帰路につくのでした。



追記
同時期にキャノンボールをやっていた人は、伊賀で何人もパンクしたみたいです。
自分のタイヤは ツアーラー+
4500km消費という状況
後ろタイヤはボロボロだという事が判明しました。
ChiQhh2VEAEXsHE.jpg

チャレンジ前に新品にして一回走るくらいやっておくといいのかもしれません。


追記その2

東京大阪キャノボで
大阪発5月1日4時20分出発   日の出時刻は5:08
東京着5月2日4時20分到着   日の出時刻は4:48






関連記事
2016/05/02(月) 21:00 | コメント:1 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画