ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
神奈川県座間にある、中華屋:双龍へ北海道1周ブルベAroundHokkaido2400をクリアした報告をしながら仲間を集めた

さぁ次の案件でも何かアイディアを出そうじゃないか!

って事でろんつくの人招集!!!!



双龍でべちゃべちゃ喋って結局話が進まない!

日が暮れそうになっているもので、一旦話を打ち切って

「夏は食材が傷みやすいから夏野菜で!それならパスタを作ろう!」

って一文で皆おっけーが出たw





そんな経緯で、夏野菜パスタなのに担当は小田原の伊勢海老という事に(もうどういう事か解らないよw)

ついでに折り畳み自転車でも乗っていく?

って感じで、今回は妹の折り畳み自転車 DAHON(ダホン) Route 7段を借りていざ出陣



0E0A7724_1_R.jpg


折り畳み自転車の中でもコイツは14kgとロードバイクのフル車載の時レベルの重さでしかない

輪行でも比較的取り回しが良かった。

袋の中身も小さくなる

富士山方向へ緩い勾配をスイスイ登って行く。

0E0A7726_1_R.jpg

そこらへんのローディーレベルまで速度があげられるが、平地となるとギアがちょっと足りなくなり、高速域に入るとケイデンスを思い切り上げた。

山中湖へ抜ける道は緩い上り道

自衛隊の甲殻車両と並走しながら登って行く。

0E0A7732_1_R.jpg

山中湖湖畔に入る。

木製の遊歩道(サイクリングロード)はタイヤのボリュームがあり幅もあるからか、全然引っかかりを感じない

まぁ、ロードバイクと比較してしまうとそう感じてしまうというだけだとは思うけどw

スタンドがあると、こういう所で記念撮影するときとか楽でいいなぁとか思ったりした。

どうしよう、どうせ一眼レフより軽いのなら、ロードバイクにスタンド付けてもいいよねぇ・・・・



湖畔を走る爆速白鳥号を追いかけながら一旦補給を取り山を下る事にした。

0E0A7733_1_R.jpg

籠坂峠から折り畳み自転車が下りて来る光景を見た人はなんと思うだろうか・・・・・

でも、ゆるキャン△のキャラ達は本栖道を下ってそう。

しかし、私の意見では、「これブレーキシューの減り早すぎでしょおおおおおおおおおおおお」

本当に一気に削られ過ぎてちょっとビビる。

ただ、向かい風をモロに受ける為、そこまでブレーキの頻度が高くなかった。

それもあったのだけれど、天気もそろそろ心配になって来た。

なんか嫌な雨雲が目の前に居るのですよね・・・・

IMG_2356.png

んー

富士あざみラインはまた今度で良いよネッ!

と雨宿りしに、「道の駅すばしり」で軽く食べる。

蜂蜜アイスをコーヒーで流し込むグルメモードでゆったりまったりしていた(*´ω`)

0E0A7757_1_R.jpg

贅沢にも虹が見えた。

なんて運が良いのかしら♡

と思いつつ雲の合間を見て御殿場まで下って行く。

どばあああああああああああああああ

前線が縦に静岡を直撃しているらしく、局地的に長い大雨がいっぱい襲ってきた。

0E0A7765_R.jpg

ワタシの人権を返して!

しばらくマックで雨宿りを強いられる事に

このマック運が悪い

裏にはスーパー銭湯が全力で待機している!

なにコレ入りたい けど、私は朝の小田原に用事があるの!

ここで脚を止めさせないで!

そう自分を言い聞かせ、小康状態の内に乙女峠へ一目散で逃げた。

この時点で既に日が暮れていた。

乙女峠を登るにつれ雨もどんどん増していく。

乙女峠のトンネルを潜る。

IMG_2379.jpg

そろそろ雨雲の本体が私と合体する頃合。

休憩所に避難する。

IMG_2381.png

30分後、本気の土砂降りがきたあああああああああああああああああ

0E0A7770_1_R.jpg

こんな状況、悠々とベンチでスマホを弄ってる私。

ただ、さすがに気温が20度と肌寒かった。

地元の走り屋も天気を呆然と見ながら仲間と合流して、峠について語ってる

私の方が峠の知識はあるみたいでスマホを弄りながらニヤニヤしていた。

そんな状況が約4時間続いた。

私の頭上で雨雲が発達し過ぎて本気で人権を失いかけた。

IMG_2384.png

路面状況は悪いのだけれど、折り畳み自転車にはピッタリとした泥除けなる存在がある為、非常に走りやすく峠を下る事ができた。

小田原から少し東のコインランドリーで服を乾かした。

乾燥機でも2時間以上乾かすのにかかるブーツ式のSPDシューズは冬用かなぁ・・・等と思ったりした。

日が昇る前にはコインランドリーを出て、朝飯をしっかり食べ、海に出てみる事にした。

前日の悪天が嘘のように空が染まっていた。

0E0A7774_1_R.jpg

0E0A7788_1_R.jpg

日の出えええええええええええええええ

箱根の方はジメジメしているのか、虹がかかった。

0E0A7793_1_R.jpg


小田原の漁港まで出て来る。

提灯の様な搭があった。

0E0A7800_1_R.jpg


朝が早すぎて市場もやってない

釣り屋の人に、「伊勢海老を買いたい」と言うと、今日は日曜という事もあり市場はやっていないと言われた。

んー

漁師の人から直接買う??

漁師の人に聞いてみると、「お魚センター」という店で、食べたり売ったりしているらしい。

開始は9時30分

それまで悠々と待つ事にした。

漁港なので、猫が沢山居る(*´ω`*)

0E0A7812_1_R.jpg

0E0A7826_1_R.jpg

0E0A7836_1_R.jpg

0E0A7842_1_R.jpg

そんなこんなで待っていると、一応入り口だけオープン

お店の人と話をしていたり

「どっからきたのーーー?」

「山梨から籠坂峠と乙女峠を越えて小田原に来ましたー」

「どこへ行くのー?」

「東京で食材を持ち寄ってみんなで料理するんですー」

「なんか楽しそうだねー 私も実業団は言ってたんだっ!」

なんという世間の狭さw

そして、伊勢海老ゲット

0E0A7846_1_R.jpg



ここからは快速で走る

国道1号を全力で走る

大磯から大きい道走って、県道30号から1号経由で戸塚

間違えない様にミスドの交差点でアンダーパスを迂回

後は1号一直線っ!

多摩川を越え

東京タワーを拝む

このストーリーは何度も走り、体が自然と動いた。

懐かしいな 大阪東京キャノボ

0E0A7853_1_R.jpg


皇居外周へ辿り着き、パレサイに突撃

0E0A7856_1_R.jpg

0E0A7857_1_R.jpg

伊勢海老は、漁港の人が新聞紙に水をしみこませて、少しの冷却

これで生き輸送できた

\あかかめらは、生き輸送の技術を手に入れた/





-都内某所 湾岸氏宅-

銭湯で汗を流し、皆集まり始めいよいよ料理開始

料理長がまだ来てないのでカットしていく

辛くない唐辛子とは驚いた。

0E0A7882_1_R.jpg
0E0A7883_1_R.jpg
0E0A7866_1_R.jpg
0E0A7869_1_R.jpg
0E0A7897_1_R.jpg


うちの伊勢海老は料理長が捌く

0E0A7903_1_R.jpg

0E0A7908_1_R.jpg

0E0A7909_1_R.jpg

0E0A7912_1_R.jpg

伊勢海老は料理長の思い付きで白みそで頂く事に

0E0A7918_1_R.jpg

パスタは各一人ずつ作るっ

0E0A7928_1_R.jpg



完成!!!!!!!!!!!!!

0E0A7941_1_R.jpg

そしてイガ林檎さんが買ってくださったお土産 林檎パン!

0E0A7943_1_R.jpg


ごちそうさまでしたああああああああああああああああああああ

関連記事
2018/09/15(土) 22:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画