ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
奥の細道



17世紀、「松尾芭蕉」が弟子の「河合曾良(kawai sora)」と共に北陸の旅へ行き書いた。
日本古典の紀行作品としては有名なのが「奥の細道」だ。

また、Audax日本橋がサブタイトルとして
BRM愛称 : (象潟へ行って)ミチノク・去りまショー  - ベイベサイコー ー
としている。

逝去10年にあたり忌野清志郎氏を偲んで開催する旨をAudax日本橋のクラブサイトでも書かれている
Audax日本橋 BRM502日本橋1000_2019
2002年10月に行われた、忌野氏によるツール・ド・奥の細道をできるだけ辿るルートとしました。
との事


1000kmも走っていれば、色々出会いがあるだろうし、面白そうだから私はエントリーしました

強いて言うと、ブルベではR10000という称号
200 300 400 600 1000を各2回
Flecheを1回
SR600(獲得1万m以上のパーマネントコース)1回
RM(1200km以上)1回
PBP1回
尚、それ以外に1万km以上の認定が特定期間内に必要

残りのピースが1000kmとPBPだけだから1000はクリアしておきたいなというのが本音でした。




コースプロフィール

D5xSl5zUEAAiWC1.jpg
作戦はこうだ
1日目はスタートが正午12:00
PC1 PC2まで進み、仮眠レベルで睡魔をコントロール
そのあと、PC3仙台476kmクローズ2日目19:44 まで貯金を稼ぎ、そのあとお風呂等でゆっくり休みを入れる
一番つらいのが制限時間が緩まないPC3迄 それ以降ならお風呂でも大丈夫だと思った。

ちょうど、この時間帯にお風呂となると仙台ー石巻が好ましいので重点的に地図からピックアップしていく。


それ以降もPC4 PC5が固まってるので、PC5の足切り対策を意識して走る様プランを立てた。

ゴールは70時間当たりだと、その日中にお風呂に入った後、特急で帰れるのでそこを狙ったペースプランを立ててみた。

装備
関東勢はかなり油断しがちだけれど、行先は東北地方だ。
北海道をGWで行った際なんかは気温-2~+30度を経験した者として、最高の防寒着に比重を置いた
なんか、真冬の行軍でもするのかというレベルで

防寒重視(東北用)
着衣類
上(耐−7度)
・おたふくインナー
・モンベルメリノウール
・CRAFT側面メッシュ排湿
・コロンビアオムニヒート
下(耐2度)
・おたふくインナー
・ズボン
・おたふく靴下
予備(帰宅用)
・モンベル防水スノボ(−10度)
・モンベルインナー
D5dTQUVW4AAkZdz.jpg

予備装備兼・帰宅用装備軍
アピデュラ奥に入るもの
・輪行袋
・軽量予備タイヤ
・修理キットvittoria内部
・ポンプ
・−5度対応靴下

フレーム上部に
・ブルベカード
・電池etrex30用
・サイコン給電バッテリ
・予備ケーブル

ウエア内
・財布
・iphone


D5dMZAWW0AAiqJu.jpg


5/2行動開始
まずはスタート地点に立つのが第一だ。

Audax日本橋のスタート地点は木場公園なので、そこまでは輪行で行く

2時間も前に現地に付くが、残念な事にゲリラ豪雨がこっちにまっすぐ向かってくる

IMG_4939.png

なので、輪行袋から出さず、マックでもぐもぐして宿の見直し等をかけていた。

IMG_4940_R.jpg

自宅に郵送されてきていた日本橋のブルベカードを広げ、制限時間を再度睨めっこ

そんな作業を1時間強もやっていた ポテトはLサイズを2個も食べていた

脂っこいけど、この後の消費を考えるとこれくらい誤差だろうと言い訳をする。






外に出ると、生ぬるい風と、雨雲と、雷の音で凄い事になっていた。

この都心の一部分だけこんなんだ。

木場公園の近くまで行ってみるだけ行ってみる事にした。






スタート地点には橋げたがあり、その下に皆集まっていた。

IMG_4947_R.jpg

12時からなので待機

AH2400でも一緒に走ったメンバーがちらほら

顔なじみなので、会話が弾んだ

ここから奥の細道の始まりだ


スタート地点ーPC1 (68.9km)古河

道中よく出てくるのが、芭蕉像だ。

こんな奴

0E0A9911.jpg

続きを読む »
関連記事
2019/05/12(日) 23:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画