ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
こんばんは 赤カメラです。

最近は白石峠へ連日連夜通い続けております。

クライマーになりたいなぁと思い、自分の機材を眺めてみました。

自転車歴6年 ずっとSPDで来たよなぁ・・・・と気が付きました。

SPD-SLってどんな感じなんだろうなという疑問

レースする人は絶対SPD-SLをはいている事実

たぶん凄く良いものなんだろうなぁという期待が湧いてきました。

そこでフォロワーさんたちからオススメを受けたTIMEのペダルを購入する事にしました!

そして、ポチッ



私「SPD-SLを買いたい」
皆「TIMEのペダルがいいよ!」
私「TIMEのペダルにする クリートはシマノ買う!」
皆「TIMEのペダルにshimanoクリートは入らないよ!」
私「マジか!TIMEのクリート買う!」
皆「TIMEのペダルに付属してるよ!」
私「マジか!TIMEのペダルだけ買う!」

ペダル1つを変えるだけなのにこんなに大騒ぎになってしまいましたw



そして、実はSPD-SLの語源
shimano pedaling dynamics super-light

TIIMEはshimanoじゃないので厳密にはSPD-SLではないそうですw

そして、話によるとTIMEのクリートは消耗しやすい為、気を付ける事

SPDは点を押すのに対して、SPS-SLは面で押せて回すのも軽いという事

TIMEはペダルと着脱しやすい話

色々聞く事ができました!






そして、その話をショップの店長に話したら

「私もTIMEは好きだよー30年使ってる。」

私の歳より長くTIME使ってらっしゃってましたw

写真 2020-03-19 19 20 47_R

この時代のTIMEが凄く良いそうです。

関連記事
2020/03/22(日) 23:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは 赤カメラです

今日は、久しぶりにブルベでDNFをしてしまいました

結論から先に言うと、リアのシフトワイヤーが断線してしまい、重い11tしか使えない状態となり、起伏のあるコースの序盤だったのもありDNFを決断したという感じです。




本編
今回の出発は6時グループと7時グループがあったので、7時グループを選びました。

理由は3月といえど朝は寒いのが嫌だという理由

起床はAM4:30

歯をみがき、すでに着替えてあるウエアのまま車で出発

5:00に牛丼屋で朝飯を済ませ、5:50には現地着 6時組を見送る。

写真 2020-03-21 5 43 09_R

いったん車に戻り、暖を取りつつ休憩。

ブルベカードを受け取りに受け付けを済ませたら再び車の中へひきこもる。

写真 2020-03-21 6 23 09_R


今回のコースは道志みちから篭坂峠経由で愛鷹山を一周して帰るコース

写真 2020-03-21 6 23 56_R

PC1の標高が高いので、ここをタイムオーバーしなければ大丈夫なコースだ。

静岡側へ下ると帰る鉄路がちょっと大変になる。

6:40にブリーフィングを行い、車検が終わり出走

いつもの南下ルートで朝日を浴びながら走る。

気温は意外と冷えて4度だった。

昼には24度とかになるらしく、ここ直近ではとても暖かい陽気だった。

天気のいいアタック愛鷹山は調べた中では珍しい。

私も4年前に雨に降られたコースだ。

信号峠を越え、ようやく道志みちに入る。

変速に違和感があり、重いギアに入らなくなる。(ここら辺でワイヤーが切れかかる)

まぁ、登りだけなら平気だろうと思っていた。

富士山が見えてきた。

写真 2020-03-21 10 11 28_R


変速をしようとすると、STIの中からガリガリ音がして重くならなかったギアが一気に重くなった。

ここから変速が利かなくなる。

おかしいと思い、ハンドル下のケーブルを引っ張ってみるとワイヤーが全然張ってなくなんか凄くだらしなくなた・・・・

写真 2020-03-21 10 54 55_R

ワイヤー切れたか・・・・と思いながら重い36t/11tという状態のまま道志みちを登り続ける。

道の駅道志を過ぎ、次第に斜度が上がる。

最後の最後はケイデンス30近くで走る。

これなんていう筋トレだろうかと思いながら重すぎるペダルを踏む。

ケイデンスが低すぎてパワメが全然反応していない。

そしてやっと山頂山伏トンネルへたどり着く。

写真 2020-03-21 11 34 47_R

ここで一回落ち着く為に腰を掛ける。

この先は、篭坂峠へ100mアップ 愛鷹山へキツイ登りが1発 三島から御殿場へ11tじゃキツイ長い登りが1発

その後も山沿いを走る為何度もアップダウン

たぶん経験上ここから進むと手に負えなくなる。

昔の私なら構わず突っ込んで痛い思いをしながら喜んでいただろうなと思った。

しかし、ブルベカードを取り出し本部へDNFを伝えた。

そこで今回のチャレンジは終了。

道の駅道志まで引き返し始める。

すれ違うランドヌール達に「え?」って表情をされる。

こんな最奥地までメカトラを患いながら登ったかいのある表情だった。

道の駅でのんびりと一人でお疲れ様会を開く。

写真 2020-03-21 11 37 56_R

DNFをしてもこれはこれで食べれた事は悪くは無い。

道志村の地味噌で作られた豚汁に豚串にコーラ

おいしかった。

DNFをしてDNFをした人のその後を知る出会いもあった。

自転車へ戻ると、6時組の方がブルベカードを取り出し携帯で電話をかけている姿を目撃した。

お互いDNF同士だと知り、話が弾んだ。

実はここでタイムアウトをすると、行先は色々ある。

道の駅から100m/6km登ると山中湖と富士山の絶景が見れる

ホウトウがおいしい(食べたら動けなくなるとおっしゃってたw)

帰り道
1.河口湖経由で大月まで標高を下げ国道20号は混むので中央本線を使い輪行で帰る
2.三国峠からパノラマを見つつ御殿場へ下る
3.山中湖を見て、再び道志みちを下る

いずれでも下りが待ってますよ!という魅惑の言葉を掛け、3を選び道志みちを再び登って行かれた。

たぶん、DNFしても帰るまではみんな色々あるんだなぁという気づきがあった。




私はしばらく休憩を取り、絶対に下らないといけない道志みちの下り道を約30kmも下り続けた。

横浜線と八高線を使い、入間の河川敷に戻った。

誰も待ってる人は居なかった。

今日中に自転車は走れる状態に戻しておこうと思い自転車屋さんへ向かった。

そして、自転車屋さんでSTIの中身を見てアッチャーーーとなったのであった。(ローラーで錆らせてしまっていた。)

写真 2020-03-21 17 40 21_R


-----------------------------------------------
~自分の中の反省会~
私は出走さえすればほぼ完走をしています。

唯一、精神面でボロボロの中を麦草含む獲得7500mの宇都宮600をDNFした経験があります。

完走率が高い理由は
・機材への維持メンテナンスの投資は惜しまず徹底している
・雨風寒さなどの天候のほとんどに対応可能な装備を使い分けている
・ブルベの速度に対応した体の使い方を心得ている

みたいな感じでしょうか?

今回のDNFの部類はメカトラです。

もちろんメンテナンスはしている筈でした。が、直近のトレーニングが機材へ相当負担をかけてしまっていた様です。

ローラー台では汗水がSTIレバーを伝い、STIの腐食
峠練習では相当数の変速

この2つが重なり、STI側のワイヤーがすぐに切れて使えなくなっていた様です。(確かに半年前にメンテしたばかりなのに)

CAAD8とフィブラevoの2機のうまい使い分け方でなるべく負荷を分散させ、各自メンテナンスをしていくのが良いのか悩むなという感じでした。
関連記事
2020/03/21(土) 21:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは 赤カメラです。

今回はZwiftを退会したという報告です。

退会


手軽に簡単に自転車に乗る時間を提供してくださったZwift

全期間
15823+4024km←7DaysZwiftの記録が加算されなかったw
獲得標高15万3816m
レベル47

期間は2016年9月~2020年3月迄(3年6か月)

昔と比べてZwiftはたくさん人が入りましたしスマートローラーのラインナップも充実しています。

進化し続けるZwiftと共に進化していく遊び方
進化していくユーザー達

そんな光景がたくさん見れて本当に面白い期間でした。



しかし、直近絶望をしました。

いわゆる「ハッピーパワーメーター」という物を使用していい結果を出しているとういう論調が強まったという事です。

彼らは証拠として、ヒルクライムのタイムの成績がそこまで良くないとか、そういう実走における比較をしました。

「実走がそんなに強くない人がそんな出力を出せる訳がない」 という事らしいです。

実際、体重を軽くする操作をして不正する人は居ます。たぶん機械の誤差は多少あるでしょう。

しかし、真面目にプレイしている人は居ます

実走で本当に強い人がローラー台の上では踏み方が違うからという理由で実走FTP320W出せる人がバーチャル230Wしか出せなかったりする人も居ます。

アンハッピーメーターの存在があります。

この現象は現実として仕方ないという評論を評論家の競技者はします。





逆にZwiftが実走より強い人の場合、評論家を気取った評論家の競技者はどう評価するでしょうか?

簡単です
「実走でタイムを提出して我々に認めさせろ」
「彼らハッピーメーター達とは走りたくない」
「実走で結果を出せ」

と、楽しんで完走目指して一緒に頑張ってただけだったのに、一部の評論家の競技者が長らく楽しんでた事・存在自体を否定し始める始末。
パワハラがお好きなのでしょう。






実走でなぜ結果が残せないか?という疑問もあると思います。

現実として、320W/20minというZwift上の記録に対し、290W/24分14秒 というのが私の結果です。

Zwifterが実際に仕事終わりに夜の白石を花粉が降る中、防風の中、0.8度という気温の中走りに行ってきました。

写真 2020-03-05 19 17 12
写真 2020-03-05 20 43 24

自己評価を「実走下手くそ」という評価をしていましたが、あまりにお粗末なくらいフォームはボロボロ

ローラー台は自転車がまっすぐ立っているので踏めばよかったのですが、車体と上体をコントロールできる程、器用じゃありませんでしたw

自己評価以上に実走のダメさを感じました。(上記以外にも問題点は山積してます)

全てを直していくのは相当時間が掛かるでしょう。

今まで実走からその修正の時間を確保できなかった私にも問題があったというのが自責だと思います。






でも、そもそもZwiftを始めた理由って何だったかをよく思い出したいなと思います。

私はロングライダーで2016年の9月にZwiftを開始しました

8月に「SR600アルプスのDNF」「宇都宮600kmのDNF」「東京ー最北端DNF」と立て続けにDNFを続け、本当に脚力を鍛えないといけないと思いました
GSRカップにてZwiftの体験をしたのが馴れ初めです。

安いローラー台を買ってスピードセンサーでzPowerを使い、zPowerでFTP210Wでしたw
まあ、強度がわかればいいやくらいな感覚でしばらく続けましたが、スマートトレーナーTacxNEOをZwiftカフェで経験

そこでFTP272Wという記録が出て、スマートトレーナーを本当に羨みました。(距離が稼げると思いましたw)

ローラーを9月に導入
10月に1000kmブルベ完走 
翌年北海道2072km完走 
翌年AroundHokkaido2400完走
翌年パワメを導入し24時間Zwift完走 PBP完走

脚力の下支えをしてくれたのは間違いなくZwiftのあったおかげです。

ちなみに2018年秋のJapanCUPの後にZwiftのオフイベで優勝をしています。


こっちはFTP走をし終わった後になぜかフルームチャレンジをさせられる赤カメラの図



こんなイベント事があり、Zwiftに惹かれていきました。

次第にこのZwiftが好きというのが仲間をたくさん作るきっかけになりました

仲間とたくさん走るきっかけが私自身を自然と強くしていったのだと思います。

一時期250W/20min以下まで下がった時期もありました。

それがこの間320W/20min という記録が出て、FTP換算305Wという自分でも驚くような記録が出ました。

自分自身の自己記録を5か月ぶりに達成した事が本当に嬉しかったので、それを仲間と共有したかった。。。。。。









それから、TL上で流れてくる言葉

「ハッピーメーター」

追っていくと、仲間でそういう事を言われていました。







最初に戻りますが絶望しました。






~今後~

Zwiftを退会して実走メインで練習をしようと思います。
関わりのあった人達から色んなメッセージがありました。

しかし、本当にごめんなさい。

実走で強くなければいけないという話に私は乗ります。

後ろ向きな理由から私は己を鍛え上げ、その「実走で強い」を実現していこうかと思います。

たぶん色々捨てる事になると思います。

時間が掛かるとは思いますが、スタート地点として現在の白石290W/24:14 (バーチャル320W/20min)

どこまでいけるか前向きに頑張りたいと思います。
関連記事
2020/03/06(金) 23:55 | コメント:4 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画