ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
私、食品を取り寄せる様な志向はありませんでした。

たんぱく質を取りたいならスーパーへ行って卵や鶏肉を買えばいい

良い料理を食べたいならレストランや料亭へ行けばいい




本当に良い食材は現地へ調達しに行けばいい、というちょっとした特殊技能は持っておりますが食材の取り寄せはちょっと・・・・・

っていう立場でしたが、最近コロナ渦の影響でウニというのが値崩れを起こしておりまして

本物のウニというのが大好きな私は今回お祝いとしてウニを取り寄せました。

お祝いというのは会社での昇格

本当はカメラのレンズを一本でも買ってやろうかと思ってましたが、最近の景気動向を見つつ食べ物にしました!

買ったのは築地のウニ↓


欲しかったレンズw




写真 2020-04-16 1 12 58

ウニって当たり外れがはっきりしているんですが、ここのウニは久しぶりに超大当たり引いたなーって思いました。
チリ産らしいです。


自転車乗り特有のタンパク質調べる癖でつい調べてしまったウニ100g辺りのタンパク質ですが、驚きの16g!
意外と高タンパクなんですね(*´▽`*)

ウニタンパク質
関連記事
2020/04/29(水) 20:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 こんばんは 赤カメラです。

コロナの影響で社会的にステイホームと言われまして、1か月白石峠に通ってたのを取りやめ4月頭に再びZwiftへ戻ってまいりました。

直近プロの選手達がバーチャルレースに参画したり、プロ選手がZwiftで様々なチャリティーチャレンジを行っていたりと凄く盛り上がりを見せている様で、1か月の変化が激しいなと感じております。

その人達から比べると凡人極まる私ですが、私は私で次のチャレンジを企画と実行。


そこで考えたのが1週間で獲得標高1万m!


自分自身に報酬として、達成したら好きな物を食べれる!

という自分が自分の為に用意したクエストでした。

1週目

一日目月曜 1689m
二日目火曜 2107m
三日目水曜 1502m
四日目木曜 1708m
五日目金曜 1402m
六日目土曜 1600m

計10008m



初日は様子見がてらワークアウトの試用

ワークアウトモードでL4を約1時間入れるという鬼仕様の結果、136TSSになってしまった

翌日はさらに2107mとalpe du Zwiftを2回登りTSSは156と上がった

3日目になると次第に体が重くなり、L4強度が十分に回せていなかった。

4日目に獲得標高をなるべく安全圏へ持っていく為に1708m登った。

5日目 疲れがたまってきて少し緩んで1402m

6日目 最終日はオフ日にしたいなーって思い、1600mで走り切り無事1万m越えクリア!

この6日で774TSSでクリアして日曜はモンハンをしながら回復

ここ最近落ち込んでいたCTLもこの週で一気に引き上げられた

報酬のラーメンは3パック麺づくり


写真 2020-04-12 13 02 22_R

写真 2020-04-12 13 12 56_R



さて次の週は何を食べようかなと考えている時点でこの企画、継続決定だった

2週目

月曜 2277m 80km 187TSS
火曜 2218m 67km 178TSS
水曜 53m 35km 41TSS
木曜 746m 22km 56TSS
金曜 2099m 57km 160TSS
土曜 1301m 36km 88TSS
日曜 1313m 36km 76TSS

計10007m 333km

1日目 2日目はかなーりガンバッタ
前1週間より体が軽い様な気がした。

水曜にはそれが気のせいだったんだと気が付く。

木曜も回復が遅れた。 完全にペースが乱れた。

金曜はそれでも2099m登り、多少土日に余力を残した。

土日は休日の中1300m均等に分けてクリアした。

牛肉はヤオコーで生活用品と共に購入

写真 2020-04-19 15 57 36_R
写真 2020-04-19 16 07 25_R

油の所がクライマーにとって罪じゃーーーーー!


ちなみに、獲得標高1万mの消費カロリーが大体8000kcal程度

脂質1kg分

で次のお目当てはアルコール類がいいかなーと思い志賀高原ビールをチョイス




3週目突入

月曜 2101m
火曜 完全レスト
水曜 3777m
木曜 完全レスト
金曜 1059m
土曜 1451m
日曜 1622m

計10010m

1日目は頑張り、2日目は用事があり完全レスト

3日目に「富士山と同じだけ登ろう」という基準で仕事帰りに富士山を登った

4日目もレスト
5日目にそこ迄入れず
6日目は土曜日 少し増やし
最終日は起床した後、すぐ乗ってクリアしましたとも!

そして報酬!報酬!ビール!

0E0A8520_1_R.jpg
0E0A8522_1_R.jpg

この日は3ビン空けました。



そして今週は少々レストを入れようかと思ってます。

今週末からGWに入り、連休になるのでZwiftでまた何かしらのチャレンジができたらなーと思ってます。

次は何をやろう?フフフ
関連記事
2020/04/27(月) 20:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは 赤カメラです。

今日は、ロングライドの企画力と発信方法について書いていこうかなーと思います。

結論から書くと何を走り、誰に見てもらうか? ってだけの話です。

例えばなのですが
・7DaysZwift 1週間で4000km走った記録
・東京ディズニーから大阪ユニバーサルスタジオへサイクリング

どっちが大変かというと、7daysZwiftの方がキツかったです。
じゃあどっちが集客(数)が見られるのか?って言うと

twitterは拡散力に優れている為
31万インプレッション
5万2000エンゲージメント
423RT
1935Fav

に対して
8万インプレッション
1万1600エンゲージメント
172RT
1576Fav



となります。

比較すると
比較
こんな感じになります。

まぁ、走行時間168時間 対 31時間で5.4倍7daysの方が大変でしたからディズニー→ユニバの方が割が良い様に思えます。


さてtwitterの場合は同じ趣味嗜好同士のRTによって情報が拡散する特性を持っています。
これをクラスター外の表向きに発信した場合どうなるでしょうか?

同じ趣味嗜好を持ってない人に私の存在が目に触れるテーブルが実は存在します。
それがTogetterです https://togetter.com/

自転車で、東京ディズニーランド➡️大阪ユニバーサルシティへ行ってみた
【worldrecord更新】バーチャルサイクリングZwiftで7日間で4026.4km(575km/1day)走ったチャレンジ #7DaysZwift

ディズニーユニバの回覧数が2万9462
7DaysZwiftの方が1万8118

差1万1344程7DaysZwiftが不人気になります。

簡単な話、ワールドレコードを更新しようが努力しようが、一般人からしたらナンノコッチャ って感じになるのです。
それより、東京から大阪までサイクリングしたって方が自転車を知らない初心者からすれば解りやすいのだと思います。

つまり誰のテーブルに何を置くのかが重要って事。





あと実は私が達成したキャノンボールは実は面白いバランスの上で成り立っていたりします。
一般の人にしろ、玄人さんにしろ、リスナーとして凄く面白い企画なのですが・・・・・
実は難易度的にはプレイヤーが流入しやすい条件が多い

その為、定期的に挑戦して達成率も30%~40%くらいで栄誉を手に入れられる。
このバランスが非常に優れているので、チャレンジそのものが大きくなったのかなぁと思います。



とまぁそんな感じで集客や誰に見られるかってのを色々考察していくと、自己顕示欲(注目されたい欲求)っての自体も誰に何を欲しているのかを考える様になり、数だけに拘りは無くなる様になります。
私の場合はどっちかっていうと外交的でも無いですし、「何か面白い事を見つける」 そのツールが自転車だったりカメラだったりトレーニングだったりするのかなーって感じです。
Twitterも一度フォロワー5800人まで行って、目まぐるしくなってアカウント消去して新しく作ったアカウントが現在の物になるのですが、アマチュアの私が毎日自転車漕いでデータ見てキャッキャウフフしてるだけなので、なんでまた6000人付近まで行ったのかが謎です。
もっとサイクリングを楽しんでる人は居るはず
誰かサイクリングを楽しんでそれをシェアしてください!(私には向いてないので代わりにw)
↑でもそれを実現している自転車youtuberってすげーなってここ数年思ってます。
ただ、youtuberや有名人に対し嫌がらせやネガティブな言葉を沢山見てるので、そういう言葉は辞めて欲しいなーっていうのが私の希望です!
ただ理想なので、私が出来る事としてyoutuberや有名人を応援してます!

関連記事
2020/04/10(金) 23:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは 赤カメラです。

今日は、心房細動についてです。

この症状は何かというと、心拍数が爆上がりする現象です。

具体的に私の症状で言うと、心拍数が200bpmを越え、254bpm以上を記録した事があります。




さてこの症状ですが中学の頃からの長い付き合い
まぁ長く付き合っていくしかない持病です※複数の医者も承知してますが後で書きます。

発症原因
緊張(初めてのブルベとか)
ストレス(特に長期間のストレス)
高強度トレ(180bpmを越える作業閾値)
ロング中の唾の飲み込み(振動等も)
等で起こります。

症状
通常の心拍から心房細動が起こり、一気に心臓が2倍に動きます。
仲間内ではこれをブーストと呼んだりしてます。
ポンプ機能として1拍の出量は40%くらいに落ちる代わりに、心拍数で稼ぐ様な感じです。
運動中であれば強度を下げれば大丈夫なレベル
安静時でも苦しいとかではなく十分な酸素は供給できています。



意識レベルが低下するという事は決してない事は強く言います。(ふらつく等)
↑どうも噂とガセが入り混じってあることない事言われているらしい

また、癖になるという事もなく、今までの統計上エビデンスは無いです

心房細動から心停止するという話もある様です。それは全否定はしません
現に1万人規模の大会でAED稼働実績があるそうなので。
対策は、緩やかな負荷上昇の長期トレーニングプランを構築し、自己管理する事で抑制してます。(あと準備運動は大事)

あまりハイケイデンスは心臓の負荷が大きくなるので低ケイデンスで対応してます。
※どうもローラーとの相性が良く、実走やヒルクライムには相性が悪いみたいです


医者の見解と判断と治療の検討
お医者さんに最初に相談したのは6年くらい前(登山やってた頃)
この時にお医者さんに相談した際は、総論「コントロールできるなら大丈夫」

そこから1年後に自転車に乗り出し、心拍数のブーストが何拍なのかを把握し調べるとなんかヤバイ感じだったので医者へGO
そこで心房細動というのを知り、激しい運動は向いてない事を踏まえロングライドばかりする選択肢を選ぶ様に。

しばらくすると高負荷もできるようになりたく、別の医者を回る様になる。
結果としては「うまく付き合っていくしかない」という結果に落ち着く。

どうも手術をするよりも、今のままうまく付き合った方が良いらしい(手術はメリットばかりでは無いという事)

一応、循環器系のロードバイク乗りの医者を探し、茨城の方に1名専門医が居るのは知ってはいるけど、通院ができないのもあって断念したのがここ2年くらいの話。




家族の心臓の弱さ
小学5年生の私は、朝起きて階段を降りると一族全員が我が家に集まっていた事に驚きました。
そして、和室に父の遺体がそこにありました。手が冷たかったのは今でも覚えております。
心臓が原因で37歳で亡くなりました。

祖父は起床してしばらくすると倒れました。心臓が弱く、血液が脳へ行かずに脳梗塞で倒れました。
その後、祖母の通院が続き数十日で亡くなりました。

祖父の兄弟も全員心臓が原因で亡くなってます。





心臓が弱いのはたぶん遺伝だと思います。
そして、残される家族側であった事もあり、その苦労は私は知ってます。
体をスポーツに使い、追い込む事は利己的な事で、エゴです。
やりたいことができず、仕事だけで身を亡ぼすより、そのエゴは遥かにマシな選択肢かなと個人的には思います。
やりたいことに挑戦する事は大事な事です。
こんな統計があります。
アスリート達の寿命は統計上10歳若く死亡するそうです。
だから、アスリートを辞めろとアスリートに言いますか?

ボクシングで脳震盪を起こすからボクシングでは殴るなと言いますか?
我々は法の許す限りで自己決定権において選択をしている筈です。
アスリートであればそこにスポーツマンシップとして格好悪い事はしないという制限を己に課してる筈です。

かれこれ弱い心臓とは10年以上付き合ってきて、今は自転車に乗っているので心臓と交渉しながらトレーニングをしてます。
色んな葛藤があり覚悟が必要です。

いつの間にかガセを発信していませんか?
あなたは医者ですか?
人を心配して勝手に診断して周囲にまき散らかしていませんか?
そもそも心配=心を配る事で相手とのコミュニケーションを取ろうとしてますか?
心配をしたという大義名分を振りかざして相手を晒上げ(肖像権の侵害などの法律のラインを越えたり)してませんか?
※訴えるつもりはありません。

ここ最近のSNSで相手へ攻撃的な言動が多く感じます。
かく言う私も、競技者に対して不信感がありました。↓詳細
Zwiftを退会しました
その不信感をまき散らかしたのは私の悪いところだったのかなと思います。

私にとってtwitter自体は実際に起こった事実を正確に書いているだけの道具でした。
ただ、多くの人の想像力を越えて目立ってしまっていた事は反省しないといけないと思います。

近くZwiftも再開してまんべんなく色々とチャレンジして自分のエゴに挑戦していこうかなと思ってます。
関連記事
2020/04/01(水) 00:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画