白根山の渋峠を朝からロードバイクで大爆走 風に煽られるがままに - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
へい

今回の目的地は前回は夕方ギリギリに来たグンマーでおなじみ渋峠・白根山です

めぼしい物と言えば活火山で大高原のパノラマが雄大に迎えてくれる そういう場所であるという事です。

注意する点と言えば、硫化水素だらけなので道で駐停車あんまりよくない 止まるなら専用駐車場や展望台等です。

今回は高校の友達3人と旅という事で自分が土曜日の23時出発です。

皆を集めてとっとと出発です!

IMG_0547_R.jpg

ところが彼ら土曜日から元気で何より まだ東上線川越に居たり アニメを見て出遅れたり 下痢していたり 本当に個性派揃いで役不足は無いのですがいかんせんスケジュールに対し1時間も遅れましたw

まぁロスタイムを込み込みで11時出発なんですけどね

1時間余裕持ったのに1時間遅れてパツパツのスケジュールです。

関越道路を時速100kmで巡航

本当に誰も居ないんですよね。

後ろで友人が巨人や中日の話をガンガンして眠るそぶりなく おいそんなんで大丈夫かよと俺は思いつつ運転してましたw

午前2時30分 伊香保渋川IC 夜間料金なのかわからないのですが高速は2000円もしなかったです。

意外と安いなぁーと思いつつ先を進みます。

高速を離れると一変田舎道でいかんせんさびしい道路です。

時速は40kmと50kmの変則的な道路で走りにくいったらありゃしない

定速で走ってたら警察が立ってました

少しビビったー

何やら単独事故が起こってたみたいで

レッカーされてる車から煙が上がっていました

そんな状態でレッカーして大丈夫なのかよ・・・・・・・

ここまで来ると月がかなり綺麗です。

ipodからはラスボス感あふれるBGMが流れ始める中朝の薄明かりと同期した感じで見えて来たのがハゲ山の白根山

最高のロケーション

草津を相変わらずスルーして国道292号へ突入です。

一気に景色が開け硫黄の匂い

いきなりなんですよね この切り替わりが

友人一同大興奮

そのまま展望台へ・・・・・・・

朝がもうすぐやってきます 時間はこの時4時20分くらい

IMG_0564_R.jpg

しかし気温が0度に対し風速が20m/sくらいあって寒い寒い

皆一気に撮影したら車へ駆け込みました。

4時40分

日の出時刻

太陽が出る方向には雲があったためまぁ日の出を10分遅らせる事ができたため目的地到着の時は未日の出でした!

白根山道は相変わらず硫化水素が噴出しているため立ち入り禁止に

残念です。

IMG_0566_R.jpg

さぁ日の出よ来い!

ちなみにここは白根山お釜で有名な山道入口 まぁ1kmの道のりですが自分が知ってる中では1年以上硫化水素が噴出してる関係上入山禁止になってる場所です。

IMG_0573_R.jpg
IMG_0572_R.jpg

いい感じの観光スポットでまぁ入山できなくても高山で何かお土産買いながら食べ物食べるのもありでしょうね。

風邪が強いなら山で隠れた湖へ降りるのもいいのですがまだ5月も半ばでまだ湖に雪や氷が・・・・

IMG_0575_R.jpg

遠くにはアルプスが見えます!

IMG_0598_R.jpg

そんな事をしていたら日の出です。

ここ数か月で一番空気が綺麗な日の朝日です。

高山植物
IMG_0610_R.jpg


白根山のお釜(離れて)
IMG_0594_R.jpg


それにしても寒いなぁー(5月18日午前5時)
IMG_0613_R.jpg

なんかかわいい感じの草花がいいですね。
月もいっしょに取ろうとしたけどボケちゃいましたw
IMG_0615_R.jpg

反対側の山を登ります。
上り途中の階段の霜に注意です
しかも横から風速15m以上の風が吹き付けてきますw
IMG_0621_R.jpg

正直怖いですw

でも、景色はすごくいいんですw
IMG_0623_R.jpg


さて次のチェックポイントは国道最高標高地点
 
実は自分の予想外だったのはそのほかにあって途中の雪の回廊がまだまだ5月中旬だというのに健在だった事

駐停車できないので撮影は諦めですが結構朝日に照らされて綺麗でした。

とりあえず最高標高地点到着!

IMG_0631_R.jpg

相変わらず雲ってます。

でも晴れ間の時は最高に景色が見えるのですね。

10分間で天気が5回以上変わります。

本当にすごい場所です

ここからはロードバイクの出番です!

登ってきた振りをして降りていく それを友人がサポートカーで追走する感じです。

まずはこの石碑の前で登ってきた感じに記念撮影!

そして下山というw

しかし想像以上に風が強く1km走り降りて撮影スポットで撮影して断念です。

仕方ない。

IMG_0646.jpg
IMG_0645.jpg
IMG_0647.jpg

でも、雪の回廊を自転車で下るのは爽快でした。

気温0度の風速16mをこんな服装でOKというのはちょっと意外でした。

ウィンドブレーカーは偉大です。

撮影スポットで自分の計画では赤カメラをモデル用カメラにするつもりが実は忘れてきてしまって写真をスマホカメラで撮るという失態をw

携帯カメラに苦戦する友人をフォローしつつ撮っていただく事に

20140518_055215.jpg

こんな感じ

ありがとう 綺麗に取れてます!

詳細はすべてオーダーしたのですけどここまでいい感じに取れるとは思わなかったです。

プロフィール写真等大切に使わさせていただきます。

たぶんこれならロードバイク乗りつつ一眼レフやってる人なんだなぁーってわかりますよね??

次の目的地は無毛峠 ご存じグンマーネタの元凶である県境です。

行き方はわかりにくい場所なのですが

覚えた道を進む事に・・・・・・・

本当旅って100%上手くいくとつまらないですよね ハハハハハ

こういう事もあるんですね。

IMG_0655_R.jpg
まだ開通まで5日早かったです

無毛峠冬季閉鎖中でした!!!!!!

5月24日オープン

延期もあるよ との事

2回目も入れないグンマー やはりグンマーは陸上からの侵入を許さずです。恐ろしいグンマーです。

さて飯を食べる場所を失ったわれわれはとりあえず長野市側へ降りていく事に

長野の西側に聳えるアルプスという壁が白い壁を形成してました。

IMG_0658_R.jpg
IMG_0657_R.jpg

雲もあんな低い

正直怖い程高い場所に居たことを思い出します。

ここら辺ではまだまだ山桜が見れました。

IMG_0660_R.jpg

そして麓まで降りてきて深く考えさせられる看板に遭遇

40kmで80歳まで生きるか
80kmで40歳まで生きるか という物

ちょっと考えさせられますね。

長野市では手を挙げると車が止まってくれてわたるという光景をよく目にしました。

大人も子供も手を上げて車を停めるスタイルです。

非常に危険な光景だなーと私は感じました。

それは埼玉県民の考えなんでしょうね。

だって手を上げれば信号で言う赤になるのと同じ事って解釈で彼らは居る。

しかし、手を上げる事は赤色に発光するわけでもないし 第一横断歩道が無いのにそのように渡ろうとする

見逃したり隠れた場所で手を挙げて信号で言う赤になったから安全と勘違いして渡り出しそう。

それが非常に部外の私にとっては怖い光景でした。

これについては賛否両論になりそうなので個人の評論は控えておきます。

国道18号を高崎方向に進む事しばし

本当いい天気です。

俺の起きてる時間から換算ではそろそろ深夜の時間帯なのに明るい 非常に脳がトンチンカンになっていたと思います。
今日は空気の透明度が数か月に1度レベルで綺麗な日でした。

IMG_0664_R.jpg


友人達は大爆睡 自分は運転手のため生活リズム事態を改造してきたので大丈夫ですが少し休憩はさみつつ帰宅をする事に。

日曜日午後12時 皆を送り届け帰宅

午後3時には就寝 午後8時に起床でまた夜寝る

月曜には後遺症は残らないように頑張ります。


日本ブログ村やってます よかったらクリック↓してやってください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
2014/05/19(月) 01:03 | コメント:0 | トラックバック:1 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/19 09:23)

長野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
最新記事
総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画