第2回富士山の山頂登頂記録。剣ヶ峰制覇1億2千万人の頂点へ - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
今回はマイカー帰省中の富士山ですが吉田ICを出てすぐの所に駐車場があります。

入りにくいので気をつけるべしです。

http://www.pref.yamanashi.jp/kankou-sgn/hokurokuchuusyajou.html
山梨県のサイトをご覧下さい。

ちなみに駐車料金は1000円でシャトルバスは往復で1860円でした。

行きに半分 帰りに半分チケットを渡します。

IMG_2062.jpg


結構重要なことなので冒頭から物語を最初から語らう事なく書きました。

参考にしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さて、今回は2回目の富士登山

若干装備は揃えつつ撮影機材が一眼レフ ウェアブルカメラ バッテリー等々カバンの大半が機材で登山必需品を最低限揃えて上ってきました。

今回サイコンの500Jを剣ヶ峰にて高度校正を行います

世界最強のサイコンを作ります。

今回も弾丸登山を強行します。(後談ですが、弾丸登山とは午後9時から午前0時に入山してご来光を見ようとする無茶な人達の事だそうです。この意味を俺は知らなかったですw)

今回は筋肉質な大学生で夏休みで暇だという友だちと一緒に登山です。

前回女の子が居たのですが、今回は体力が落ちたとパスを頂いたので俺は自由に代休休日を取得しつつ今回の登頂アタックです。

晴れるポイントを狙ったのですがこれが上手くいきました。

今回は日の出時刻午前4時50分に富士山手前に行くという目標を立てました。

朝焼けの富士山を見たいがためにそんなスケジュールを立てましたがその光景がこちら

IMG_2049_R.jpg

中央道から豪快な景色を頂き最初から腹いっぱいな感じです。

10分ずれるとこの景色がこうなります。

IMG_2056.jpg

という事で山梨県立富士北麓駐車場に到着です!

霜が降りている車が多かったので多分朝から来る人は少ないのかな?

1400台停められるそうです。

IMG_2057.jpg
先ほどのチケットを売店で買いシャトルバスはすぐ乗る事にします。

理由は補助席に座りたくないからです。

そんだけ平日なのに人が居ます。

休日だとちょっとやばいのでは??

IMG_2060_R.jpg

5合目までは約40分

バスは静まり返っていて登頂に集中している感じです。

その割りに剣ヶ峰まで行く人はごく少数ですね。

ざっくり剣ヶ峰まで行く人は10%未満なのではなかろうか。

周回にある神社を頂上と思うのはよくある話。頂上で間違いではないのかもしれないですが・・・・

うんこれ以上掘り返すのやめよう

お鉢は1周1時間程度を見積もってます。

例のごとく5合目到着です。

IMG_2070.jpg

相変わらずお土産屋がおしゃれですね。

山頂付近はどんより

IMG_2071_R.jpg


これで大丈夫かよとか思っていましたが

大丈夫そうです。

IMG_2066.jpg


虹が出てました。

登山はポジティブが大切だと俺は思うんですよ。

うん

友人もやる気マンマンですし。

IMG_2067.jpg

公衆トイレは無料なのでそちらを利用して出発です。

行ってきます!

IMG_2080.jpg

馬前にて入山金をお願いされたので1000円のところ俺はなんとなく2000円はらってみたら2つもバッチを頂きました。


なんかよくわからないですけど俺は付ける事はないと思います。

親友に放り投げ先を進みます。

スタート午前6時

5号~6号の間は車も走るので注意が必要です。

なんと救急車が走る事もあります。

IMG_2095_R.jpg
IMG_2108.jpg

そんな危険を行く方向に太陽があるからまぶしい

雲海がそれに反射して綺麗

朝の河口湖もいいですね。

IMG_2111_R.jpg

おれもこんな所に住めば早起きできるのかなぁー?

無理だな

・・・・

森林浴のつもりがここは雲が吹き付け機材が濡れるので避難

ネックウォーマーを持ってきてるのですがそれを一眼レフに巻きつけます。

機材保護と防寒として2つの効果があっていいね。


IMG_2118_R.jpg


早歩きで見えてきたのがここ 富士山ジムニー置き場
IMG_2127.jpg


6合目までは俺達の脚で30分で到着!少しは登るので一旦休憩を取る事に。
IMG_2126.jpg

雄大な景色を鑑賞しつつチョコを何個かほお張る おいしい

多分チョコは登山で一番ベストな食べ物なんじゃないでしょうか

ホワイトチョコが俺は好きです。



登山道入り口まで移動します。

DSC00554.jpg
ここは登山道入り口

友人曰く見える先の宿がゴールだと思ってたみたい。残念ながら見える先が中間地点です。

IMG_2130.jpg

山頂はその倍あります。

1回目その事実に絶望しかけた記憶があります。




この入り口では朝にしか撮れないベストポジションがあります。

逆行を使ったかっこよく撮影できます。

他の登山客が入ってしまって気がついたけど結構カッコイイ

IMG_2132.jpg

さっそく友人を撮ってあげる事に。

ポイントとしてあまり手前の地面が見えないように撮影すると背景を雲と少しの足元を残してやるとかっこいいです。




登山を開始。

休憩を2つに分解して考えます。

酸素補給用の小休憩 足を休める大休憩

これを交互にやります。



どっちも休憩中は必ず撮影してるのですが撮るのが足が止まってるせいか鎖ばかりなので鎖マニアにこの画像を送ります。

IMG_2149.jpg


一つ目の山小屋 花小屋です。

普通の人はここで休憩するので2~3番目の山小屋は座る人が居ない。

なのでそちらで休憩を取るためスルーしました。

IMG_2153_R.jpg



山小屋エリアは足元が岩ばかりで渋滞します。

カメラ片手に嫌だなーとか思いつつ上って行きます。

IMG_2154_R.jpg

ガチな格好を軽装系男子が抜かしていきます。

登るのだけは俺達は早いんです。

降るのがほんと遅い

人間得意不得意ありますもんね。

鳥居ドーン

IMG_2170_R.jpg

まじ晴れてて顔を上げると日差しが痛い。

日焼け止めやっておこうかなぁ。と思いました つけとくのが正解でした。後々ほてります。

登るとなんか撮るのが近場のほうがいいような気がしてきて

いつのまにか石を撮ってる事に気がつくのがかなり遅れます。

IMG_2172.jpg

登ってると石がかわいく見えてきますね。

富士演習場の景色がすばらしい

凄く大砲撃つ音が聞こえてきて・・・

IMG_2175.jpg
斜度はいくつあるのだろう

IMG_2181_R.jpg
IMG_2171_R.jpg
朝飯一杯食べたのにさらに食べたくなります。

お昼用潰れたサンドウィッチをバクバクと

IMG_2200.jpg

うまかぁー

食べていると山の斜面を猛スピードで雲が駆け下りていく。

天気崩れるかな??

DSC00556.jpg


休憩を終わって山の上を見ると・・・・・・

IMG_2207.jpg

ヴァー

やばい感じですね。しかも雪が見える。

そんな寒いのか

気温はこの時点で14度

埼玉県は坂戸市で猛暑の39度という事だから山も十分暖かいのかな?

3400m地点 山小屋区間終了です。

IMG_2222_R.jpg

6合目があんなに小さい・・・・・

でも上はまだまだ

IMG_2238.jpg

一応あの一番上がゴール

後200mちょい 頑張ろう。

この区間は天気も崩れるわ 砂利で足がとられるわ 最悪なんです。

なんだかよくわからない鳥居があったりして

相変わらず日本人の変な癖で小銭を差して遊ばれる始末。

IMG_2298.jpg
IMG_2299.jpg

外国人さん首をかしげてましたよww


天気がどんどん悪化する中・・・

「もう、ゴールしてもいいよね?」

IMG_2311.jpg


登頂!!!富士山頂上奥宮に!

DSC00563.jpg

また相変わらずの曇りですがしゃーない。

時間はちょうど正午です。

ちょうど良い 

会社の係長に電話をかけよう

うーん?繋がらない

まぁいいや 家に電話しよう

「ばあちゃん!富士山2度目の頂上着いたぞ!」

「んぉぁ?ああ・・ああ~おめでとー 無茶ばかりして!」

祝うのか説教するのかどっちかにしてくれぃ!

さて富士山山頂奥宮周辺には実は自動販売機があります。

それがこちら

IMG_2320.jpg

400円or500円!!
アイス多めのホット少量

どうやって補給しに来ているのだろう・・・・飲み物は重たいから大変なのではないだろうか?

電気もどうやって・・・・・・・

そもそも自販機どうやって持ってきたー

謎が謎を呼ぶ自動販売機でした。

頂上山口屋(支店) 本店がどこだか知らないのですが・・・

一回休憩します。

結構良心的な値段です。

DSC00564.jpg
DSC_0193.jpg

俺はラーメンをちょいす 900円でした。

1000円を渡すことを見越してお店の人は100円を持ってすたんばってましたwww

頂上で頂くラーメン うまい!

びしょびしょ機材を整備したり食べるだけでなく休憩もとっていたら・・・・・

外が晴れてる!空だけ!

思わず叫んで外に飛び出ました。

本当山の天気は変わりやすい。

IMG_2321.jpg

こんな天気です。

せっかくなのでお鉢めぐりでもしよう。

そこで、SONYアクションカムの出番ですよ先生



ハイビジョンの60FPSで風の臨場感を広角撮影で取りました

雲海が遥か下界に見えます。

これが登山って奴です。

風が右から叩きつけてきて怖いんです。

途中足が止まりました。

信じられない光景が広がってるんです。

空気の壁が横スクロールしていくんです。

富士山のなんだかんだでその後また曇ってしまって

剣ヶ峰に到着した頃は凄く風が静かで、当り一面真っ白

地球観測所があるくらいで火口も見えず石碑を記念撮影

DSC_0201.jpg

登山者の人がそんな中、手袋を落としてしまったとか聞こえたので あげますよーと気楽にプレゼント

外国人の人とか意外と軽装なので手袋をあげると喜ばれるんで持ってたんです。

そしたらハイチュウを頂きました。

そしてお互い記念撮影をして俺はまだここでうだうだ休んでいたかったので休憩

そしたら

風が一気に雲を掻っ攫っていきました。

そして・・・見えた景色がこちら

DSC00572_R.jpg
なんだ・・・この景色は・・・・

ここが標高3776m地点

日本一高いところ

それが目を見張るほど開けている。

まだ雪も残ってるんですね

最果てに相応しい

そんな場所でした。

観測所の人も2日居たけどこんな晴れたのは初めてだと息を呑んでいました。

いいことしたから晴れたなんて冗談交じりに親友と言い合ってましたが あながち間違いじゃないかもしれません。

ガーミン500Jの標高の校正をしておきます。

標高は間違いなく3776

OKミッション完了

DSC00572_R.jpg



ちなみに富士山頂とか言う場所は裏が崖ですので皆さん気をつけてください。

IMG_2358_R.jpg

名残惜しいけれど剣ヶ峰 じゃあね

IMG_2363_R.jpg

富士山頂へ戻ってくるとやはり晴れていました。

ラッキーと思い写真を

麓を見るとん???

なんか曇ってね?

IMG_2376_R.jpg

結構ヤバイ感じです。

急いで降りる事に。

駆け下りるー!

のぼりで俺達より早い人はいなかったのですが

くだりだと慣れの違いでしょうか?一杯俺達より早く降りる人が居ました。

そして俺の靴は穴が開いてしまいましたw

あちゃー

そんだけ靴の消費が降りは激しいです。

そして靴だけでなく足にもかなりの負担がかかり特に左足親指が痛い!

中を確認すると富士山の細かい砂が指に!

そして靴下は黄色く変色していました。

後で調べるとどうやら油だそうです。

そんな足を使ったかくらい黄色かったです。



そして下りはヤバイ

一回足を止めるともう歩きたくなくなる。



先生 俺一生ココで立ち止まっても悔いはないよ。。。

とは言っても降りなくちゃ

DSC_0207.jpg

2900m程度の景色がすばらしい事に気がつきました。

地面が見えやすいです。

雲と雲の境界線がこの当りだと思います。

朝焼けや夕焼けなんかは綺麗なんですよね。

DSC_0174.jpg

下りでダメージを負った足を気にせず歩くこと5合目

帰ってきた安心感がすばらしい。

DSC_0209.jpg

まぁ2度目の登山だし3度目もあるんだろうなぁーと予想しつつ富士に一時のお別れをします。

IMG_2385_R.jpg

あらちょうど月が 

登山の最初の虹は神の後光的存在だったかもしれないです。

なかなか見る事ができない最高の景色が見れたと思います。

今回の登山は100点です。

また来よう。

親友とそんな感じで笑いあいました。


追記
動画でまとめました



日本ブログ村やってます よかったらクリック↓してやってください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
2014/08/06(水) 23:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画