棒ノ嶺に登山!名栗湖から沢登り(白谷沢ルート) - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
トレッキングシューズが欲しい

そんな事で気兼ねなく普段履き用に買ってしまったわけです。トレッキングシューズを

登山靴 トレキングシューズのシェアが高いのはドイツやイタリアです。

あんまり日本人にはなじみの無い名前がずらーっと調べると出てきます。

こりゃいけない。

で、よくよく調べるとひときわ目を惹くブランド名が

【アディダス】

日本人なら誰でも知ってますよね。

ただ、日本人は間違えやすいのがアディダスは日本企業ではないという事。

アメリカ企業という事です。

つまり、トレッキングシューズはわらじ足の日本人に向くのか?

統計データでは日本人の足は横にだだ広い。

白人は縦長だそうです。

でも、アディダスは他のトレッキングシューズと比べてはるかにカッコイイ

amazonで即決で買ってしまいました。



約1万円

届いてはいた感想。

丁度いいね!ショックアブソーバーがちゃんと利いていて足首が楽!こりゃトレッキングしに行きたくなるわ!

ってなノリで翌日には名栗湖(有間ダム)に居るのでした。

IMG_8510_R.jpg


--------------------------------------------------------------------------


名栗湖(有間ダム)の南の沢を登る登山コース、関東ふれあいの道という山路があります。

ここは名栗湖(300m)から棒ノ嶺(969m)までの6kmの沢を遡上する切り立つ岩山のコース。

もちろん防水の靴が無ければ・・・・・ちょっと登れないかな??

しかし、なんとロードの人が登っていきました。

元気だなー

ここまでは坂戸からは約1時間20分、車でかかります。

IMG_8439_R.jpg

ここの入り口周囲に小さい駐車場があり、そこから山頂を目指します。

入り口には登山届けという仰々しいうたい文句があり、それだけ健脚者向きの山なのだという事です。

IMG_8446_R.jpg

どうやら熊さんも出るようです。

恐ろしい。

まぁ、入り口に居るコイツラがなんとかしてくれるだろう。

IMG_8450_R.jpg

山に入ります。

涼しい風と喧騒を忘れた沢の音が辺りを包み、燦然と輝く新緑の中を突き進みます。

少し湿った空気と辺りのコケが近くに沢がある証拠です。

IMG_8461_R_20150512001844489.jpg

1km程進むと沢と間近になり急斜面を登り行きます。

すると、巨大な岩肌が目の前をさえぎります。

どうやらここの合間に獣道のような道があります。

IMG_8497_R_20150512001915632.jpg

山道の目印の赤い紐がついています。

足元の野草を踏みつけないようにも気を配ります。

IMG_8501_R_201505120019414db.jpg


IMG_8503_R_20150512002007646.jpg

先ほどの岩山を突き進むと、なにやら光と闇で神々しい岩が。

こんな迫力ある道を1km

林道に出てベンチで補給を取る。

ここにきて後2km

IMG_8527_R_20150512002039ed1.jpg

この周辺の森林や休憩施設は「彩の国みどりの基金」を活用して整備しました。と。

なるほど。確かに自然を学ぶにはもってこいの場所ですね。

さてここからは一気に頂上へ。

何気に気に入ってる看板です


山草は採らないで、写真で採りましょう

せやね。

その写真を撮ろうと山草を踏みつけたら元も子もないと俺は思います。

IMG_8532_R_20150512002235a35.jpg

ここを歩いていると登山客の10%くらいは一眼レフを片手に山を歩いてるんですよね。

自分も一眼レフ片手なので不安定で不安定で。

ここまで登ってくるといよいよ尾根道を歩くだけとなるので楽っちゃ楽なんですけど。へばっちゃうと逆に危なかったりするんです。


IMG_8634_R.jpg
杉の倒木があったので撮ってみる事に。

IMG_8553_R.jpg


杉って浅く広くびっしりと根を張るので山が崩れないのにはいいのかも知れないですね。

ただし、花粉お前はダメだ。

なんか他に良い木無いのー?




いよいよ開けてきました 頂上です。

IMG_8554_R.jpg

そして、ゴーーーール!


IMG_8594.jpg

棒ノ嶺969m登頂!

棒ノ嶺は

2005年の丁度この時期には皇太子殿下がこの山を登頂されてらっしゃるそうです。

飯能は山登りをするアニメ、ヤマノススメの原作のほうでこの棒ノ嶺は登場しています。

聖地巡礼でオタクの方も登山をしに来ているそうです。

山頂の休憩所には登頂記念帳が。

IMG_8619_R_20150512002303a5c.jpg

こんな素朴な場所にひっそりと置いてありました。

ヤマノススメ関係の人2名発見

IMG_8620_R.jpg IMG_8621_R.jpg


地味に絵がうまい!

頂上ではアンパンを食べるもゆっくりしてられない。

登り始めたのが午前1時 頂上が午後3時

あんまり遅くならないうちに下山です。


IMG_8613_R_201505120023311a1.jpg

いい景色、いいベンチ。

IMG_8625_R_20150512002405c57.jpg

山の下りは経験上俺は富士山で嫌だと思うほど下りを経験してるので大変さを思い気を奮い立たせます。

目先にある湖に向かいまい進しなくてはいけません。

70-200mm F4Lの200mmで撮影時でこれだけの距離

IMG_8599_R_201505120024071da.jpg



この急な坂を下って。

IMG_8627_R_201505120024566ba.jpg

俺こんな道あるいてきたっけ????

IMG_8650_R_2015051200245833a.jpg

この山は中間が鬼のような場所です。

日が陰り、光が満ち溢れてた沢は

IMG_8662_R_20150512002614e35.jpg

静かになろうとしています。

そして、出口。

IMG_8669_R_20150512002645352.jpg

なんか千と千尋の神隠しを彷彿としますね。

まぁ疲れ具合的にはそんな感傷する暇が無いですw

ここからダムの下にある温泉、さわらびの湯へ直行です。

かなりのヤマノススメ推しの温泉で、売店の一角にはヤマノススメグッツで埋まっていました。

そういえばバスも声優さんが収録した案内になってるそうで。

IMG_8674_R.jpg
 IMG_8672_R.jpg



ここで汗を流し帰宅です。


後日 両足に水豆ができたので、片方をつぶし片方をキープしておく俺でした。





↓よかったらこのボタンポチッっと押してやってください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
2015年富士登山
棒ノ嶺2回目の登山!







関連記事
2015/05/12(火) 00:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画