FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
自転車
キャノンデールCAAD8 2013
カレラ フィブラevo 2017

カメラ
Canon Eos60D
EOS40D
18-35mmF1.8HSM
70-200mmF4L IS USM

SONY AS100V
SONY AS50

twitterID @akacame
旅に出る際は休憩中に一眼レフの画像をアップしたりしてます。

大阪東京23時間59分48秒
ブルベSR取得(22歳)
大間埼玉1000km73時間
北海道1周2000km 7日18時間
SR600

 
Strava
Strava
 
動画
 
ニコ生トレーニング生放送
 
北海道終盤4日目

今回の旅のメイーン日を飾る事となる初山別より北のオロロンライン

まず目指すはオトンルイ風力発電所

俺が北海道旅行を目指す事となったきっかけの場所





初山別の宿を出る。

初山別天文台の展望を見たい

天文台周辺はキャンプ場になっていて、キャンプバイカーがたくさん居る。

日本1周をしているバイクのライダーさんは、後ろの荷物に「日本一周48日目」の文字が。

たぶん、この北の大地まで来ると経験豊かな人が沢山居るんだろうなーと思います。

しかし、ここまで20代も前半の人も居ない。

寂しい

今度来るときはドリトミーとキャンプをメインにしようと思いました。



天気は快晴

青い青い中を駆け抜けれる

 IMG_9945_R.jpg

風は南から風速2m

今日は次の宿までは100km程度

日暮までの11時間で100kmは近い

逆に最北端を狙ってサロベツ原野を省略して160km

この風なら北上メインだし11時間で160km

いける

遠別町(えんべつ町)を抜けオロロンラインは右折だけれど間違ってまっすぐ進んでしまい迷子になる。

とりあえず飲み物の補給をしていると自販機の土地の家に住んでる人とばたりと出会う。

道を尋ね元の道が分かった。

埼玉から来て今日は稚内まで行く事を聞き後100kmの原野を越える事を凄く応援された。

北の大地だから感覚がおかしいかもしれないけれど、地元埼玉県は坂戸市から100km走れば

・群馬の北側の渋市
・直線距離では長野県の諏訪湖
・直線距離で箱根を静岡側に越えたキャノンボールDNFした三島市
・江ノ島までの道のり
・宇都宮への道のり

そこまで行けるレベルに相当する。

要するに注意していけという事だと思う。

天塩町

ここから北の稚内まではお店もなければガソスタも無い。それを

天塩町から先は稚内までお店も無ければガソスタも無い

もし、この記事を読まれてるライダーさんが居たら、それだけは絶対心がけて欲しい。


という事で俺もセイコマで夕張ソフトクリームを食べる。

旨い!

北の北らしい北国の町 天塩町をライダーが駆け抜けて行くのを見ながら補給終了!

出発

海沿いへ道が分かれる為 道道106号と名前が変更となる。

ライダーとのヤエーを楽しむ。

天塩橋を渡る手前に奴が見えてきた

一列に並ぶ風車が。

奴が俺の北海道へ行きたいと思わせた原点

オトンルイ風力発電所

 IMG_9948_R.jpg

そして広大な大地

木が生育できない潮風と風と気温の土地にこれは本当に反則だと思う

実は俺は回転マニアなので、こういうのを見るとたまらなく興奮する。

IMG_9953_R.jpg

ここを車ではなく自転車で自走して走る。

夢を達する事ができた。

IMG_9956_R.jpg

一直線を漕ぐ。

近づいて来た風力発電所は轟音を立てまわってる。

本当にカッコイイ

IMG_9965_R.jpg  

IMG_9962_R.jpg

2km以上に及ぶ直線の風車を並走して抜けると

今度広がるのは

左手は海 右手は大地 そしてまっすぐな道

左手の海の先に利尻富士が見える。

IMG_9967_R.jpg


追い抜くライダーにヤエーをしては道の先の蜃気楼に消えていく。

IMG_9980_R.jpg


蜃気楼の先からライダーが現れるのも然り

IMG_9987_R.jpg

本当に不思議な場所だと思う。

そして時に車 バイク 何者も居ない無の状態になる事がある。

走ってるのは俺だけ。

給水をしながら全力疾走する

利尻富士を越えた当たりで気温が下がってくるのが分かった。

それでも27度と台風一過でとても暖かい

1日前は14度と寒かったらしい

長袖と手袋の隙間から日差しがじりじりと皮膚を焼いていく。

海岸は流れ着いた流木と荒い岩ばかり

時々草原を刈ってロール状にされた牧草の塊を見かける。

抜海を過ぎノシャップ岬の丘陵を越え到着した。

北の大地稚内






ここから30kmを往復すれば

今回の旅の北上終点日本最北端宗谷岬

時間は13時半

もちろんそのつもりでサロベツ原野を切って来たわけだから行かないわけが無い。

横風を切りながら空港わきを抜ける。

干潟は潮風が強い。

宗谷丘陵が見える。

その上には宗谷岬ウィンドファーム(風力発電所)が見える。

57基の風力発電所で国内最大の風力発電所で

wikiを引用するならば 稚内市の年間消費電力の約6割に相当する電力を発電しているそうだ。

丘陵と海に挟まれた道を北上していくととうとう到着した

日本最北端 宗谷岬

IMG_9996_R.jpg

撮ってくださったのは中国人の方で流暢な日本語だった。

彼はバスと電車で旅をしているそうだ。

この方とは後に会う事になる。



最北端にもチャリダーさんが居て話しかけられた。

重量物を運搬しているキャンプする本物のチャリダーさん

話をすると札幌空港から同じルート沿いをフル自走で来たそうだ。

東京から来たようで、なんと同じ年!

俺より一回りも凄い同じ年の人。

運が良かったのかある意味悪かったのか、天気が良かったみたいで凄く日焼けをしていた。

写真を撮らさせてもらった。

丁度その写真が俺の写真歴で記念すべき2万枚目となった。

最北端証明書を売店で100円で購入

DSC_5260.jpg

15年7月20日 15時15分

最北端で飯

元祖ホタテラーメンを食べる。

その後宗谷丘陵を登っていく。

宗谷丘陵は牧場になっていて牛と出会う。

IMG_0004_R.jpg

そしてウィンドファームの発電所を遠目に見る。

IMG_0019_R.jpg


ここは日本じゃ無いみたいだ。

ここから稚内市へ帰還

夕暮れが海に写り光のラインとなりつつある。

海鮮ばっかり食べてるのでたまにはいつもの味が食べたくなる。

マクドナルド最北端店へ行く。

IMG_0021_R.jpg

ここは特別仕様の店でドナルドがベンチに座ってる。

ここで最北端で記念撮影してもらった中国人の方と会った。

ここで再び出会えるとは思ってなかったので驚いた。

お互いに記念撮影をしてマックを後にノシャップ岬を目指す。



ノシャップ岬といえば日没

日暮が7時15分

7時ギリギリにノシャップ岬に到着をして夕暮れを撮影しようとしたが風が強い

自転車が自立できなく倒れてしまう。

エンドの金具がここで曲がってしまったのだろう。

結局自分が抑えになって撮影

IMG_0032_R.jpg

まあこれはこれで結果オーライな写真になった。

IMG_0046_R.jpg

日没を見送り一緒に居たおじさんと今までの旅をしゃべくり明かした。

そして宿は稚内駅前のドーミンイン稚内

自前の温泉があり、お湯に日焼けがとても浸みた。







最終日5日目

今日は1日暇だ。

生活習慣が超早起きに強制された旅スケジュールの為早くにおきて支度して出発

空港をだらだら目指す

本当にフリーな日

稚内駅・防波堤ドームを巡り

平均速度7kmとゆったりノンビリ
IMG_0055_R.jpg

IMG_0052_R.jpg

空港近い丘陵を登る

そこでエンドで異変が起こった。

カラカラカラガンッ

エンドがついに逝かれた。

たぶんノシャップ岬で自転車が倒れて逝っちゃったのだろう。

これはここでは対処ができない

プーリーも割れてる

DSC_5265.jpg

空輪の為にキツく自転車を縛る。

空港まで自転車を担いで行ける距離だけれど翌日仕事の為タクシーで空港まで行く

旅は本当に何があるか分からない。

それが楽しくて旅をするのが好き

空港で再び最北端で出会ったチャリダーの人と出会う。

空港のレストランで飯を食べ同じ瓶のビールを2人で分け合う。

旅であった事を色々しゃべり彼は先の飛行機で羽田に戻った。

俺も次の飛行機で飛び立った。

飛行機から稚内空港と宗谷丘陵が見える。

IMG_0307_R.jpg

IMG_0308_R.jpg



こうして俺の旅は終了した。













後日談
自転車が入院して1週間
ようやく自転車が帰ってきた。

スプロケ ディレイラー ブレーキシューの交換チェーン交換で1万3千円で済んだ。

ホイールは修正だけで済んだので良かった

さすがR500通称鉄下駄

こういう長距離でR500は重たくても心強いのかも知れない。



自転車も体もボロボロで帰宅した。

面白い経験と思い出を引き換えにまた行けるように現実に戻った。


↓よかったらこのボタンポチッっと押してやってください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
2015/08/02(日) 17:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック