5大峠何一つ越えられず!テントで夜明かし - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
さて


今回は初めて目的も完走もならない一部始終


日本の2000m級峠は5つあります。

大弛峠(2360m)
麦草峠(2127m)
大河原峠(2093m)
コマクサ峠(2040m)
渋峠(2172m)
です

峠

スケジュール設計では出力100W

コレが達成できればと思ってたけれど、大誤算持っていった荷物が増えた為、1割の出力不足となりました。

マジックナンバーと言いますが
ブルベだと平均速度(〆時間がある為)
ヒルクライムだと体重比出力(1kg辺りどれだけの出力があるか)
俺の今回のマジックナンバーはW(出力)

重量が増えたらそりゃ不足になりますね。

その荷物がこれ

DSC_5326.jpg DSC_5327.jpg

ザック8kg
自転車10kg
キャリア500g
テント寝袋3kg

とんでもなく重たいです。

スタート地点は毎度おなじみ坂戸駅です。
やっぱり坂戸市民だし出発地はここでしょ。

ちなみにキャットアイのバックライトを3つ使用してます。

IMG_9450_2015092119460116e.jpg

GSRの出展「ろんぐらいだぁす」で作者さんがPBPでこの

OMNI-5


を3つフィブラに付けててかっこいいな~と思ったのが付けるきっかけでした。

IMG_8338_1_R_201509211950295bf.jpg


出発(4:44)

脈拍150安定

出発から20分で飯能方向に向かうにつれ高度が上がっていく。

飯能を抜けると東京都青梅市

あっさり411号に出ました

日が明けて2時間

えっちらおっちら山を登り

奥多摩湖

IMG_9453_2015092120022539e.jpg IMG_9454.jpg

予定時間7時30分

現時刻7時40分
10%の遅れ
それを挽回するにはテントの自重に抗い山を登らなくてはならない。

まず無理だろうけど、遅れないようがんばろう。

東京都と山梨の県境は411号 柳沢峠標高1472m

奥多摩湖は500m程なので1000m登らなくてはならない。

気が遠くなる。

とりあえず登り始める。

おじさんから「今日はどこへ行くのー」と声

大弛峠まで行こうと思ってると伝えると 私も同じだよーと。

休み休みでも柳沢峠を越えるとなるとやはり体力が必要だ。

考えると凄い体力だと思う。

DSC_5328.jpg

山梨県甲州市へ県境!

県境は山頂ではなく、頂上のかなり手前でこれはかなり珍しいと思う。



登ってる最中ザックの重さで背筋が凄く痛い。

考えた末ザックを荷台へ無理やりくくりつけた。

意外と何とかなる。

そして箱根学園(弱虫ペダル)のコスプレイヤーに抜かされる

大音量でアニソンを流しているw

そして速いっ

もしかしてGSRに居た人かな??

ちぎられた後、トンネルでアニソンが響いてるww



やっとこさっとこ山頂ゴーーール!

って50m下った所が峠の茶屋みたいな場所で開けてる場所だったのでそこで記念撮影

IMG_9458.jpg

いい青空

よく考えたら東京はずっとどんよりだった気がする。

紫外線対策をしなくてはいけないのだけれど、七分ズボンの一部分スタイルは北海道へ行った時のスタイル。

そして標高は1500mを過ぎた頃から停止すると寒い!

強烈な紫外線は暑く、トンネルの中は寒く

忙しいせわしない中を下っていく。

バイク事故でオイルが車輪についたときどうしたらいいのでしょう。


山梨へ降りると甲州市の郊外から一切補給無く次の山は大弛峠を登り始める。

出力が一気に落ちる。

喉が渇いた。

登り始めのところに自販機があるのでそこで補給

ボトルに水を入れアタックを開始する。

やれそれ重たい重たい

なかなか前に進まない。

琴川ダムへ後何kmという文字とそれが標高後1000mで頂上まで+1000m

気が遠くなる。

琴川ダムへ到着した頃には真っ黒な雲と登って降りるだけでもう真っ暗だろう。

部分DNF

琴川ダムを廻れ左

キャンプ候補地みずがき湖

そこへ達するにも日が暮れVOLT1200が力を発揮する。

峠の悪い道の下り坂を登っては下り


日帰り温泉の増富の湯(温泉)に浸かった後にキャンプを設営する。


素敵なおじ様の隣に設営

ライトの話

装備の話

自転車の話

色々な事を語ってから寝た。


翌朝


だいぶ体が軽いのだけれど、この先へ行くか行かないかは天気と体次第。

ここだけだいぶ天気が悪い。

予報でも山の山頂は軒並み雨


んー


設計不良のスケジュール引っ提げて行っても仕方ないよね。

山梨へリターン

大弛峠は暗ったい。

DSC_5333.jpg

麓の町は晴れている。

来年リベンジするからなー。

ヤマト営業所へ荷物を持って行き、猫ダンボールを購入して中に必要ないものを詰め込む。

DSC_5334.jpg

食器
着替え
飯盒
律儀にゴミ
テント
寝袋

意外と収まった。

ここで2つの気づき

営業所留めで途中荷物を受け取っとけばよかったじゃん!

荷台に箱を載せて中に入れりゃ荷崩れしないじゃん!

コンチクショウ

やってみなきゃわからない凡人です。

また一つ知識を得て帰宅をするのでした。

皮肉な事に麓は本当の快晴

山だけ曇り

特急あずさと八高線を越えて高麗川駅

そこから自走という地上最も最速の方法で帰る。

10時に山梨を出発したのに12時には家で風呂

あっという間でした。



反省会

まずはスケジュール設計不良
これは荷物の詰め込みすぎで1割遅くなってしまった事。
難しい事を言うと
数学的に出力計算して時間を算出はしていたけれど、根底にある臨界出力限界値が超長時間まで対応しきれず、1割程の遅れとなっていた。
でも裏返せばキャノンボールは達成可能だという出力は出たので、いいベンチマークになったと思います。

10月10日まで残り2週間半

準備を開始してます。

↓よかったらこのボタンポチッっと押してやってください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








関連記事
2015/09/21(月) 21:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画