フルクラム レーシングクアトロLGアルミ リム35mm(2016年モデル) - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
初のホイールお買い物

店長に相談したきっかけは北海道でディレイラーぶっ壊して空輪輪行で帰ってきた直後だった。
北海道縦走4・5日目 オロロンラインと最北端

かれこれロードバイクを初めて1年半となったこの頃、欲しくなるというのは若干遅いか?

店長はCAAD8に対して相性の良いホイールを予算も聞かずにズバットこれと指した

約6万円で、35mmリム アルミで2016年モデル 重さはR500(初期ホイール)の2kgを切る1725g




R500の24mmリムから35mmリムで写真映りが増しそう!

そして、現在ティアグラの10sから11sに変更になった時に、R500のままだとホイールを追加で買う必要が出て来る

フルクラム レーシンククアトロLGの場合、10sと11s 両方に対応している。

絶対今後の為を思い買っておくべきだ!











いざ実走!

乗り始めのラチェット音が心地よい
※1000km当たりからラチェット音が無くなり凄い静か。

なんだろう
R500が鉄柱を転がしてるなら
クアトロLGは中身がスカスカの丸太を転がしている感覚

ダンシングすると、スポークの違いか、バネの様に跳ね返る感覚
凄く軽快で真っ直ぐ走っていく感覚
空気を切って走る感覚 共に良い!

これは・・・・ R500に戻せる気がしない。



写真を撮る為だけに荒川CRへ赴く

IMG_9438.jpg IMG_9444.jpg



1725gは重たい部類ではあるけれど、きっと丈夫なんだよねっ

チューブはバルブ50mmにしないとバルブ出量が厳しくなるので注意が必要だ。

追記
この頃よりブルベやキャノボを始める様になって、このホイールで1万キロ走った
いよいよベアリングがボロボロとなりベアリング交換をした
16000円くらいしたので参考に

後、このホイールはかなり丈夫だった。
ブレーキシューでリムはだいぶ減ったけどまだ余裕そうだ。

↓よかったらこのボタンポチッっと押してやってください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事
2015/09/30(水) 21:45 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

ラチェット音なんですが、乗っていたら大きくなるものではないのでしょうか?
気になって気になってww
グリスを入れずに静かだったのでしょうか??

赤カメラ :

ラチェット音はグリスを入れずに静かでした。
ベアリングは1万km乗れば指で動かす事が出来ない程すり減った上に錆ていたので交換したらラチェット音復活しました。
交換した時にグリスを沢山塗るセッティングにしました。
それでも新しい物はラチェット音が大きいみたいです。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画