おたふく手袋さんの靴下 - ゆるぽた赤カメラ
FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
長距離耐久型自転車乗りをテーマにカメラマンしています。
2018AH2400
2019PBP達成
ブルベR10000達成
Photographer an endurance cyclist

#24時間zwiftチャレンジ
#日本縦貫五大峠
#7dayZwiftChallenge

FTP302w/57kg

ゆるぽたは1000kmから

 
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
 
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
こんにちは あかかめらです。

今回は、おたふく手袋さんの靴下についての話です。

自転車乗りの中では安価で高品質なインナーで有名だったりします。

創業は大正15年の9月1日
設立が1951年の10月19日
だそうです!

おたふく手袋さんのホームページ

よくホームセンターやワークマンなんかで売ってる作業用として本来開発された物が多いのです。

そこに目を付けたのが自転車乗り達で、アウトドアブランドの高級品と遜色ないスペックを持ちつつホームセンター等でも調達可能なブランドとして皆重宝してます。

そんなおたふく手袋さんでよくインナーを購入する私(ロングライダー)ですが、仕事は製造業をやっておりまして、安全靴の中がムレたりして困る(ロングライドも同じでシューズ内が匂う)のでどうにかならないかと、おたふく手袋さんに相談してみました。

すると、夏に向けてオススメされた物が「絹のちから」です。



ちなみにこっちは五本指です。

絹=シルクを利用するメリットってなんだと調べたのですが、吸湿性・放湿性・通気性に優れた特徴があるので非常に蒸れづらい
なので、夏でも快適という事でした。

しかし、使ってみて実際はそれ以上でした。

実はBRM5001の奥の細道1000km

東京は28度あったのにも関わらず、山形では気温3度まで下がり、当然事前に足先が冷えるだろうと予測し予備のウールの靴下を用意していました。

3度まで耐えられるとは思ってませんでした。(厚み的に考えていいとこ8度とかかなと)

0E0A9375_1_R.jpg
0E0A9378_R.jpg
0E0A9380_R.jpg
0E0A9382_R.jpg

絹はいいぞぉー


はい。 そんな良い靴下でしたが、現在秋に入る頃

そろそろ、冬用靴下の調達しなきゃなぁと思って、再びamazonをポチポチ

インナー良し 靴下よしのおたふく手袋さんの製品を再びポチッ



届いてからパッケージを見てそのスペックを見ました。

中空糸を使用し、空気で断熱が可能。 そして、各部分に適切な素地を配置している模様。

細かい所まで作り込んでて、この安さは相変わらず凄いなぁと思いました。

0E0A4551_R.jpg
0E0A4554_R.jpg
61MsqkBGEfLSL1000_.jpg

今後も種類と数を試してみようと思います

今日はそんな感じです。

でわっ







style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-8886610849669714"
data-ad-slot="5821458072">

関連記事
2019/10/12(土) 13:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

総回診
人気記事をまとめました
 
Strava
Strava
 
動画