FC2ブログ
プロフィール

赤カメラ

Author:赤カメラ
自転車
キャノンデールCAAD8 2013
カレラ フィブラevo 2017

カメラ
Canon Eos60D
EOS40D
18-35mmF1.8HSM
70-200mmF4L IS USM

SONY AS100V
SONY AS50

twitterID @akacame
旅に出る際は休憩中に一眼レフの画像をアップしたりしてます。

大阪東京23時間59分48秒
ブルベSR取得(22歳)
大間埼玉1000km73時間
北海道1周2000km 7日18時間
SR600

 
Strava
Strava
 
動画
 
ニコ生トレーニング生放送
 
 Zwift! Zwift! Zwift!





ロングライダーでありながらZwiftには毎日ログインしている。



なぜ、ロングライダーがZwiftに乗るのか?

事は2016年の夏まで遡る

夏に600kmブルベDNF
翌週東京から仙台で胃を下しDNF
翌週SR600NAで獲得標高たった5000m(300km)でギブアップ

当時、知力でキャノボを制したが、肝心の脚力という観点で本当に不足していた。



そりゃ、週末になるとロングしかしない生活スタイル

そこで、固定ローラーLR340と、Zwiftを導入し、1か月 平日脚を使った。


その結果 2016BRM1007アタック東北1000km

初めての4桁をブルベで達成したのでした。



あれから、2年半 Zwiftでの走行距離は5000kmに達していた。

そういえば、Zwiftでロングは一切やったことが無い。

じゃあ、せっかく固定ローラーなので、24時間走ってみるかな?


そんな非常に軽いノリで24時間走る宣言を出したのでした。








~用意~

実は最大の問題は、固定ローラーの負荷に対し、速度からZpowerという仮想のパワーをZwiftが計算してくれてアバターが走るという仕組みだった。


各種ダイレクトドライブに試乗やFTPテスト等を行った結果、スプリント以外はおおよそ精度が取れているのは理解していたが、やはりここは正確なパワーで測定したい。

ダイレクトドライブは諦め、パワーメーターを調達した。

IMG_3883.jpg

今回このために新規購入をしたのがROTORのクランクタイプのパワメ

これを今の機材に取り付けようかと考えたけど








IMG_3898.jpg

この通り入らない。

shimanoのアルテグラやティアグラのシャフトの径が24mm

ROTORのシャフトの径が30mm

どうにもこのROTORを入れる為にはBBを交換する必要があるみたいだ。

CAAD8だと、BBを外しても穴が小さくカレラのPF30は大きい穴になっている為、入るらしい。

BBの寸法は

内径46mm 内径30mm シェル幅68mm これを妻に東京まで調達してもらい、いつもの自転車屋さんで組付け

フィブラのクランクが34-46だったのが35-52とだいぶ重く踏み込める様になった。


IMG_3907.jpg

パワメの電池はCR2477と特殊な為、これは当日の家電量販店開店で購入し、24時間耐久直前に取り付けて事なきを得た。




食料の用意

下記の写真通りに用意

他にも食パンに蜂蜜をつけたり、牛丼が出てきたりした。

IMG_3912.jpg

特にふ菓子は一長一短だった。

ローラーやりながらだと、かみ砕いた瞬間前方の扇風機の風で菓子のカスが顔に襲い掛かってくる。

しかし、炭水化物がしっかり取れるのが非常に魅力的で、エネルギー枯渇感はあまりなかった。


キレートレモンは5瓶は欲しかった。

コーラーは4Lがちょうどいい あまり飲みすぎると口の中が残念な事になる。

その他、補給食達は非常に食べやすかった。


#24時間耐久Zwift開始

IMG_3916.jpg

起きた早々電池を買って走りだしているので寝ぐせが酷いw

大至急補給もこの時点から食べ始める。

IMG_3918.jpgIMG_3917.jpg

この日、開始早々でZwiftのレベルが24LVから25LVに上がった

レベル上げはMMORPG出身なので大好き。

IMG_3919.jpg



コースはボルケーノCW周りを選択しているので1周大体7分10秒辺りでグルグル4.2kmを走る。

IMG_3924.jpg

開始1時間で34kmなので24時間で816km程度走れる計算だ。

800km以上は行きたいと思っていた。

下げたい出力と、出したい距離で葛藤する。

2時間で68.9km  ペース826.8km/24h程度

ちょっと貯金を作った分、足に来ている

もっと下げないとダメと思う。




IMG_3928.jpg



ここら辺で、妻が何か作って持ってきた

IMG_3932.jpg




メインはお野菜

粗い息だったので、水っ気のある食事がよく通る。





100kmを2時間54分で通過

ここまでは順調だけど、足がそれなりにパンパンになり始めて来た。


IMG_3933.jpg

残り21時間あるからテンポを落とすべきだ。

130Wで踏み込むという脳の命令と、140Wで踏んでしまう脚

このギャップに加え脚の疲労がちょっとずつ重なっていく。

アカウント名で応援して下さる人発見したので頑張る。

IMG_3935.jpg




104kmでボルケーノを25周した人となった。

IMG_3937.jpg




4時間走り続けると脚も胸もいっぱいになり始める。

全身で辛さをカバーし合う。

もっと出力を下げても良い



しかし、下げれない理由もあった。

順調に24時間走れば800kmペースで諦めても750km↑を行きたい

そして、体は辛さはあってもしっかりと動いてくれる。


妻に冷蔵庫から梅干しを取ってきてもらった。


夏に常備する、乾燥梅干し

これでベタつきを抑える事ができて携帯するのに便利だったりする。

世の中の外仕事の人にこの梅干しの良さ 伝われっ

IMG_3942.jpg






5時間経過 171km

IMG_3949.jpg

タイムはここら辺からボルケーノ1周7分半程度のペースまで落ちて来た。

脚が回ってしまう状態から回さないと回らない状態になっていた。

それでもって心臓の回数は高い



心拍=出力W となっていた。

Zwiftのチャットでは私の距離について言及してる人が居てちょっとうれしかった。(応援してもらった)


6時間辺りを過ぎ、外は夕暮れとなっていた。

AroundHokkaido2400で一緒に毎日旅をした相方のishimaさんが迎撃に来て下さった。

IMG_3958.jpg










なんか一緒に走っていると時間があっという間だった。

妻の料理は夜飯モードに突入

なんと今日は牛丼が出てきた!

味覚がだんだん下降していっている中でこのにおいは反則だ!

2Lのペットボトルに入っている水を飲みほしてから牛肉にありついた。

IMG_3967.jpg

しかし、喉を通らない・・・・・

ある程度料理が出てくるのを想定して食べずに置いたのに全然飲み込む力が沸かない

この牛丼を食べるのになんと3時間以上費やし深夜0時辺りまで食べ続けていた。



夜の11時に走り始めて12時間が経過した。

折り返し地点は実質ゴールのような物だ!

気持ちを切り替えて行く。

IMG_3977.jpg





12時間で400km

最初からここまで一切のペースを崩すこと無くここまでやってきた。

後少し

なんかラストスパート的な感じで走ってた気がする。

今朝レベルアップしたのに、さらにたった1日でレベルアップしてしまう。

IMG_3978.jpg



ボルケーノ100周突入

IMG_3980.jpg

15時間経過 午前2時
いよいよ消灯して走行

ストーブを消してしまったのでサイクルジャージだけだとさすがに寒かった。

だんだんと頭がハンドルの上に垂れ始める。

100W以下に落ちる

限界を迎え脚が止まる

IMG_3987.jpg

ちょっとの仮眠で良い ちょっとの仮眠だ

お布団の上で体を休める

zzzzzzzzzz

起きて漕ぐ

だめだ・・・・・

zzzzzzzzzz

これを朝まで続けた。。。。。

停止時間が累計30分を超えてしまった・・・・・・・

いよいよ心が折れ1時間以上 累計2時間以上の停止時間

DNF宣言を午前8時頃に行った・・・・・・

改めて24時間という壁の前に立ってみて、凄まじく高く厚い壁だと感じた。

ただ、今回走行は17時間15分で東京大阪間の距離  

1キャノボ分

どうしてもこの距離は走りたかった。

IMG_3993.jpg





IMG_4001.jpg

IMG_3998.jpg

IMG_3999.jpg

IMG_3997.jpg


走り終わって、しばらく寝て、地元の温泉に友人と入りに行った。

IMG_4002.pngIMG_4003.jpg

あまり平常時と変わってないので、補給作戦は吉だったみたいだ。

次回!再チャレンジ 2/9 21時~やります!

また、今回もyoutubeでLIVE配信をやっていました。
次回も配信しますので是非見に来てください。


https://www.youtube.com/c/赤カメラ/live




2019/01/31(木) 00:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Zwiftカフェ ホームページ→CITTEC Cafe Galibier

ちょっとZwiftカフェでオフ会でも開いてみようかな?と思った所

自分を含め3人のキャノンボーラーが集まってしまったw

IMG_1214.jpg
正午
一旦2Fにあるカフェで皆で合流し、ハンバーグやスムージーをガンガン食べる。

ちなみに、カフェのみの利用者も結構居たので、ミーティングするにはかなりオススメっ

居心地良いし
IMG_1218.jpg
IMG_1217.jpg
1時間程食後休めを取り、機材話で盛り上がった後1時になり、皆1FのZwiftコーナーへ

IMG_1219.jpg
自分はZwiftアカウントを持っていたのでiphoneにZwiftアプリが入っているならそちらからZwift起動

Zwift起動用iPhoneはレンタルする事も可能。

Zwiftアカウントをレンタルする事も可能。

ちなみにZwiftアカウントを持っていないお二方は、Stravaにログインして走行データのログをアカウントにアップロード可能

3人同じ条件がイイヨネっと、tax NEOをご指名(前日くらいに機種を予約できる)




今回、3人がご指名のTax Neoは固定ローラーのフラグシップと言っても過言ではない代物だ






静穏性を含め、非常に店内での会話が捗る。

CITTECの外国のお兄さんが、セッティングを全て行って下さり、TNIの軽量ホイールを「ナイス!」と驚きつつ褒めて下さったw

それ5諭吉程度で手組で買えるんですぜ と心の中で凄くニヤケた。



3人で今回挑むはFTPショートテスト

最初のアップをした後、20分間全力走を行う。

ちなみにゴールまで辿り付く前にヘタれてしまうので、こういう場所でやった方が自分向きだ(ドMでもないから)

最初のアップの出力は、過去のFTPテストから算出され実行される。

2人は自分のFTPを知らなかったので、とりあえず200Wとした

開幕、お二人は1km後方 しかも自分のアップ強度が強くてどんどん後ろに( ;∀;)

皆で集団走りするのも悪くないのだけれど、離れ離れになっても隣に居るZwiftカフェ

走力が違くても隣に仲間が居るって不思議な感覚だなぁと思った(結構ソロ歴長いので)

段々脚に血が回って来た感覚に、今回行けるかという不安感が現れる。

そして、FTPテストスタート

Zwiftの赤いゲートを潜り、「皆いくぞおおおおおおおお」と気合いを入れFTPスタート

最初は順調に320W辺りを爆走していた。

自分にしてはオーバーペースだってのは解ってた。

次第に出力を絞って行く作戦(普通は中半にMAXパワーを持ってくるのが良いのだけれど)

10分経過後には280W代まで落ちていた

過去20分で293W出している。 最近の測定ではもっぱら280Wを切ってるので妥当かなと思ったりした

でも、最近のtwitterの流れだとTaxがメートル原器みたいな風潮があるので、それと同機種を使えてるなら尚更手抜きなんかできない

少し上げては少し下げるを繰り返した ムラすぎるw

19分経過し、店長さんが追い込みの声を上げる。

隣のハヤト氏のavgを僅か7W上回ってる これならなんとか耐えられる

心拍は既に185bpmに上がってた。 ヤバイ

ゴール 結果20分272W  1h換算260Wだ


うおおおおおおおおおっと息が漏れる

軽く脚を回して、回復セットに入る。






すると、真ん中のハヤト氏の画面が切り替わる

店長(翻訳)「どこがいいかなー ここだ」

と、現れたのはスイスのアルプスの車載映像

FTPテスト終わった後アルプスに拉致られるハヤト氏

ひーひー言いながら登って行くw

ガンバレー


そのあとさらに別のチャレンジモードで、「フルームチャレンジ」に挑戦する事になったw

約1.5kmをフルームの後ろを付いて行くというチャレンジ

自分もやってみるw

結果「死亡」

1分8秒全力で420W出してた ハヤト氏が電子レンジ!電子レンジ!と連呼していたw

最初600W程度は出てたんだけど、最終的に300Wくらいまで落ちてたと思うw

クールダウンして再びカフェエリアへ行く

無性にコーヒーが飲みたくなって2杯飲んでしまった

そのあと、頭がさえてる間に、皆思い思いのライド計画を作りまくっていくのであった。



2018/06/25(月) 00:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |